ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

三重県伊勢市吹上一丁目にあるJR東海参宮線近鉄山田線
伊勢志摩の中心都市・伊勢市の代表駅であるが、JRより近鉄の方が利便性が高い。

伊勢神宮外宮の最寄り駅である。
尚、外宮は駅南口から歩いていける距離に対し、内宮はバスで乗り継ぐか五十鈴川駅で降りた方が早い。
かつて甲特急は通過していたが、平成25年式年遷宮に合わせて全ての列車が停車するようになった。

駅管理は南口がJR東海、北口は近鉄が運営している。
南口駅舎が2011年3月、北口駅舎が2013年7月にそれぞれ改装された。

ICカードは対応しているものの、近鉄線で利用する(した)場合のみ利用が可能。

近鉄線とJR線との連絡跨線橋はJRの留置線(かつての伊勢車両区)を跨いでおり、そのためにやや距離が長い。また、両社間の連絡改札は存在しない。
今は留置線扱いであるが2016年3月まで構内にJRの車両基地が存在した。その経緯もあり、近鉄よりも運転本数が少ないにもかかわらずJR側の構内敷地が広い。
まだ車両基地が存続していた頃、地元の伊勢商工会議所から車両基地廃止と観光用駐車場整備の提言が出された事があり、実際に合理化により廃止されたものの、跡地利用は今のところ未定である。

駅構造

JR東海
単式・島式の複合2面3線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1参宮線上り松阪四日市名古屋方面
2参宮線下り鳥羽方面
3参宮線(上下兼用の待避線)当駅始発の一部。

近畿日本鉄道
相対式2面2線の地上駅。
駅番号はM73
乗り場路線方向方面備考
4近鉄山田線上り伊勢中川名古屋大阪京都方面
5近鉄山田線下り宇治山田五十鈴川(内宮前)鳥羽賢島方面

利用状況

近況

JR東海

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員は1,201人である。

近畿日本鉄道
  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は8,567人である。

名古屋.大阪方面へは伊勢鉄道を挟む運賃体系や運転本数、サービスに大きな差がある事などから、利用者数においてJRと近鉄では約6倍近い差がある。

利用状況比較表

事業者名JR東海近畿日本鉄道
年度乗車人員乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度993人1,986人7,280人
2009年(平成21年)度982人1,964人7,105人
2010年(平成22年)度993人1,986人7,190人
2011年(平成23年)度1,021人2,042人7,349人
2012年(平成24年)度1,098人2,197人7,830人
2013年(平成25年)度1,379人2,759人9,515人
2014年(平成26年)度1,158人2,317人8,165人
2015年(平成27年)度1,133人2,266人8,364人
2016年(平成28年)度1,208人2,416人8,426人
2017年(平成29年)度1,201人2,401人8,567人


隣の駅

JR東海
参宮線
種別前の駅当駅次の駅備考
快速『みえ多気駅(一部、山田上口駅)伊勢市駅(一部、五十鈴ケ丘駅)二見浦駅
普通山田上口駅伊勢市駅五十鈴ケ丘駅
近畿日本鉄道
山田線
種別前の駅当駅次の駅備考
甲特急鶴橋駅伊勢市駅宇治山田駅大阪方面のみ
甲特急津駅伊勢市駅宇治山田駅名古屋方面のみ
乙特急松阪駅伊勢市駅宇治山田駅名古屋・大阪方面共通
快速急行松阪駅伊勢市駅宇治山田駅
急行松阪駅(一部、宮町駅)伊勢市駅宇治山田駅
普通宮町駅伊勢市駅宇治山田駅


関連タグ

JR東海 近畿日本鉄道 三重県内の駅一覧 参宮線 近鉄山田線 伊勢神宮 宇治山田駅 五十鈴川駅

関連記事

親記事

三重県内の駅一覧 みえけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伊勢市駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89

コメント