ピクシブ百科事典

けいはんな線

けいはんなせん

近畿日本鉄道の一路線。大阪市営地下鉄中央線と相互乗り入れしている。
目次[非表示]

概要

長田(大阪府東大阪市)~学研奈良登美ヶ丘(奈良県奈良市)間18.8kmを結ぶ路線。元々は、近鉄奈良線のバイパス線として計画。「東大阪生駒電鉄」として設立したが、工事完成と同時に近鉄に吸収合併され、長田~生駒間の「近鉄東大阪線」として1986年に開業した。

大阪市営地下鉄中央線と相互直通運転する関係上、近鉄で唯一の第3軌条路線となっている。また、長田~新石切を過ぎて生駒トンネルの手前付近までは大阪市交各線同様『軌道(軌道法準拠)』だが、それ以降は『鉄道(鉄道事業法準拠)』の扱いとなっている変わった路線でもある。余談ではあるが、東大阪線の生駒トンネルの生駒側は、近鉄の前身・大阪電気軌道時代の旧生駒トンネルの一部を再利用した。

その後、生駒から奈良市北郊の学研奈良登美ヶ丘まで延伸されることになり、2006年に開業した。同時に、在来区間もあわせて「近鉄けいはんな線」に改称された。この延伸と同時にワンマン運転を開始して所要時間が延びたためスピードアップが必要となり、けいはんな線の最高速度は95km/hに上がった(今までは70km/h)。これにより、第3軌条式電車で日本最速となった。なおこの時に、乗り入れ先の大阪市営地下鉄の車両も高速化改造が行われた(改造費用は近鉄が負担した)。

現在では、大阪市営地下鉄中央線とあわせて「ゆめはんな」の愛称がつけられている。

駅一覧

駅番号駅名読み普通備考
大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア方面へ直通
C23長田ながた
C24荒本あらもと
C25吉田よした
C26新石切しんいしきり
この区間に鉄軌分界点
A17・C27・G17生駒いこま近鉄奈良線近鉄生駒線近鉄生駒鋼索線(鳥居前駅)乗り換え
A18東生駒けいはんな線は信号場奈良線は駅
C28白庭台しらにわだい
C29学研北生駒がっけんきたいこま
この区間に登美ヶ丘信号場
C30学研奈良登美ヶ丘がっけんならとみがおか


車両

いずれも6両編成。
近畿日本鉄道7000系7020系
大阪市営地下鉄20系新20系(24系0番台、24系50番台)

普通列車しか運行されていないため、他の近鉄の車両にある「通過標識灯」はない。

余談

荒本駅が東大阪市役所最寄り駅ということもあり、「東大阪線」から「けいはんな線」に改名することに抵抗があった。

また、生駒九条間で「阪神なんば線+近鉄奈良線」と「地下鉄中央線+近鉄けいはんな線」で他社乗り入れを通じて競合関係となる。運賃は前者が590円、後者が650円、所要時間は昼間は前者は約25分、後者は約30分と奈良線経由の方が安くて早いが。

関連タグ

鉄道 電車 近畿日本鉄道近鉄 近鉄奈良線 阪神なんば線 大阪市営地下鉄
北大阪急行電鉄 - 大阪市営地下鉄御堂筋線の乗り入れ路線。阪急系列。こちらも第3軌条で集電。

pixivに投稿された作品 pixivで「けいはんな線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1898

コメント