ピクシブ百科事典

新20系

しんにじゅっけい

「大阪市営地下鉄」時代に製造され、現在は「Osaka Metro」が保有・運用している通勤形車両。
目次[非表示]

概要

非冷房車の30系50系の置き換えを目的として、1990年~1998年に製造された。20系の増備車にあたる。アルミ車体の20系に対し、新20系はステンレス車体に変更されたほか、車両番号が20系の4ケタから5ケタに変更となった。制御方式は20系同様、VVVFインバータ制御を採用した。テールライト横と前面上部に「VVVF」のマークが入っている。

追加事項

  • 1990年製造分の車両は、前面上部の車両番号が大きいのが特徴。
  • 2011年以降は、各路線の車両ともリニューアル工事が行われ、VVVFの素子をGTOからIGBTに変更しているほか、ラインカラーの帯を追加している。


路線別

21系 御堂筋線

  • 10両編成18本を製造。第13編成までは9両編成で登場し、1996年に現在の4号車が追加されて10両編成になった。第14~18編成は登場時から10両編成で、このうち第18編成は10系リニューアル工事の補充用として製造された経緯を持つ。
  • 高密度運転のため、起動加速度が他の路線の2.5km/h/sに対して3.0km/h/sとなっている。


22系 谷町線

  • 0番台は6両編成19本が製造された。このうち第6編成は四つ橋線に転属・改番して23系50番台(第56編成)になっている。
  • 50番台は中央線から転属してきたもと24系である。6両編成9本。


23系 四つ橋線

  • 0番台は6両編成22本が製造された。第18編成までは5両編成で登場し、1996年・1997年に現在の4号車が追加されて6両編成になった。第19~22編成は登場時から6両編成。このうち第6編成は中央線に転属・改番して24系50番台(第56編成)になっている。
  • 50番台は先述の谷町線からの転属車両、23系第56編成。2800形で唯一のドアベルト付き単板ガラスドア。
  • 住之江公園駅での混雑時の乗降分離のために1号車・2号車にはドアカット機能がある(現在は中止。23656Fはドアカット実施時代は四つ橋線に在籍していなかった為非装備)。また、地上区間のない23系は日よけのカーテンを省略している(23656Fも撤去)。
  • 23613Fは試作インダイレクトマウント・ノースイングハンガー・モノリンク式空気ばね台車の実用試験を行ったことがある。


24系 中央線

  • 0番台は6両編成11本が製造された。第5編成以降は谷町線へ転属・改番となり、22系50番台になっている。
  • 50番台は2種類。①大阪港トランスポートシステム(OTS)から路線ごと編入によるもの、②先述の四つ橋線からの転属車両、24系第56編成。①の6両編成2本は、現在は谷町線へ転属・改番し、22系50番台の第62、63編成となっている。登場時から他の新20系と内装が異なっているのが特徴。谷町線転属前は、番号が3ケタ(24XXXの「24」がない)であった。
  • 中央線所属の24系は、抑速ブレーキ装備で、直通運転先の近鉄けいはんな線の95km/h運転に対応している。95km/h運転対応改造の時に起動加速度は3.0km/h/sに変更された。


25系 千日前線

  • 4両編成17本を製造。千日前線はCS-ATCが採用されている路線である。
  • リニューアル工事ではATO出発ボタンの追加と運転席のワンハンドル化が行われた。
  • 地上区間のない25系は日よけのカーテンを省略している。


現在の編成番号

先述の通り、転属と改番があって現在の編成は次の通り。

形式編成番号・0番台編成番号・50番台
21系(9両→10両)01~18
22系(6両)01~05,07~1955~63
23系(5両→6両)01~05,07~2256
24系(6両)01~0456
25系(4両)01~17

関連タグ

大阪市営地下鉄 大阪市交通局 OsakaMetro 大阪港トランスポートシステム 20系 24系
10系 30系 50系 66系 70系 80系 30000系

pixivに投稿された作品 pixivで「新20系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2551

コメント