ピクシブ百科事典

400系

よんひゃくけい

鉄道車両の系列の一つ。この記事では主に新幹線電車の400系について解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

鉄道車両の系列の1つ。本記事では、新幹線電車の400系について解説する。それ以外は下記リンク先を参照。


JR東日本 400系新幹線電車

かつてJR東日本が使用していた新幹線車両。1990年に試作車6両編成が登場し、1992年7月の山形新幹線開業と同時に同新幹線の「つばさ」に投入された日本初のミニ新幹線(新幹線直通特急)用電車である。

在来線の軌間(レール幅)を新幹線と同じ標準軌(1435mm)に変更し直通運転を可能とする工法であったため、それまでの在来線と同じ車両限界に納まるように設計されている。この関係で乗客用扉は新幹線区間ではホームとの間に隙間を生じることから格納式のステップが設けられた。在来線直通用のため他の新幹線に比べて小さい外観だが、試運転中の1991年には当時の日本国内最高速度である348,8km/hを記録するなど、非常に高性能な車両であった。

車体が在来線規格になったため、新幹線のグリーン車では初めて2+1列掛けを採用している。

  • 1992年の登場時は6両編成であったが、好評で利用が増えたため1995年より中間車両を1両増結して7両編成となった。
  • JR東日本の新幹線では最後まで幕式の行先表示を使用していた。
  • 試作車は当初LED式行先表示であったが、後に量産車と同じ幕式に変更された。
  • 途中で増結された車両を除き、「山形ジェイアール直行特急保有」という第三セクター会社が所有し、JR東日本が借りるという形で運行を行っていた(なお車籍はJR東日本になっている)。

運用

日本の新幹線で最初の2列車併結の営業運転(開始当初の相手は200系)を実施した系列で、初登場から引退まで200系やE4系と連結して最大17両編成の長大編成で東北新幹線東京福島間を駆け抜け、E2系E3系による「やまびこ」と「こまち」の併結列車の登場まで、JR東日本を走る新幹線の花形列車であった。ただし、一部の運行では400系単体の運行も見られた。

経年等により2008年から順次E3系2000番台への置換が進み、2010年4月に営業運転を終了した。JR東日本の新幹線電車としては先に登場した200系よりも3年早く、初めての系列としての引退を迎えた車両となる。
引退直前にはACのCMに起用された。

引退後、先頭車1両が鉄道博物館で静態保存。

関連イラスト

当初はシルバーメタリックの塗装であったが、1999年の新庄延伸の際、増備のため投入されたE3系1000番台に併せてイラストのような塗装に変更された。

スノーシェッドの駅
400系


左が旧塗装、右が新塗装。

関連動画

デビューCM

小泉今日子 出演CM


関連タグ

ミニ新幹線 山形新幹線 つばさ つばさ(列車) JR東日本
E3系1000番台 E3系2000番台 200系 E4系
奥羽本線 板谷峠

関連記事

親記事

山形新幹線 やまがたしんかんせん

兄弟記事

  • E3系 いーすりーけいまたはいーさんけい
  • E8系 いーえいとけいまたはいーはちけい
  • 山形新幹線20周年祭 やまがたしんかんせんにじゅっしゅうねんさい

pixivに投稿されたイラスト pixivで「400系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「400系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58590

コメント