ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「レッツ・マイトガイン!」

概要

1993年1月から1994年1月にかけて名古屋テレビ制作、テレビ朝日系列および、テレビ高知琉球放送(以上TBS系列)、北日本放送(日本テレビ系列)、テレビ愛媛(フジテレビ系列)で放送された。ABCで先行放送されたほか、フジテレビ系列からテレ朝系列にネットチェンジするため、山形テレビは1993年3月30日に午前中に第1話から第3話を、午後に第4話から第7話を分けて1~7話を連続放送し、FNN/FNS脱退日となる翌31日午前11時に第8話を放送、ネットチェンジ後の4月3日放送の第9話からメ〜テレと同時ネットとなった。山口県では1993年9月までTBS系列であるテレビ山口で放送され、10月に山口朝日放送に移行、大分県では同年10月に大分朝日放送での放送が始まった。(未放送分は後年再放送枠で放送)本放送後にはTBS系列である宮崎放送で放送された。全47話。

当初は「伝説の勇者ダ・ガーン」を以て勇者シリーズを終了させ、ガンダムシリーズを復活させる予定だった。処が、テレビ朝日が当時展開していたANNネットワーク拡大運動の一環として、「ゴールデンタイムの全国ネットで放送する」事を条件に企画と権利をテレ朝に売却した為、その補填として勇者シリーズ続行となり、本作が誕生した。
しかし、皮肉な事に「機動戦士Vガンダム」は93年秋にスタートするつもりがスポンサーの圧力で半年繰り上がった為全国ネットが確保出来ず、内容の拙さも重なりシリーズ毎にネットが減る羽目になった。

シリーズで初めて「超AI」という設定が導入され、勇者ロボを含め登場するロボットは基本的に人間の科学力で製造された存在とされている。また、主役の勇者ロボには人格が設定されているものの、合体状態では主人公が乗り込んで操縦する等、前三作とはかなり異なった形式となっている。超AIの設定は本作では詳しく語られることはなかったが、次作以降 はそれが深く掘り下げられることとなる。

キャラクターの名称やワンシーンなど往年の日活映画等のドラマパロディがみられる。
それらも含めて昭和時代の映画やロボットアニメ作品の気障でクサい作風を意図的に盛り込んでいる節があり、主役ロボの合体シーンの曲に熱いボーカル曲を用いたり決め台詞を用意するなど決めシーンにコテコテのテンプレ演出を徹底している。
勇者特急という題名通り、登場する勇者ロボは一部を除き列車をモチーフとした形態への変形が出来るようになっている。

敵組織に関しては前作『伝説の勇者ダ・ガーン』以上に複数の組織が存在する。基本的に手を組む事はなく、各回ごとに個別に事件を起こしていたが、中盤以降は更なる強大な悪の組織が登場し、各組織はそれぞれ崩壊・解散・傘下に吸収されるなどして消滅した。路線変更と思われる視聴者もいたがそうではなく、最初から予定していた路線であった。そしてその路線は最終的には意外な結末へと昇華していったのである。

メタフィクション要素もいくつかみられ、さらに本作からダグオンまでガンダムとのアイディア交換(ここでは忍ロボ→モビルファイター等)が行われた。

ストーリー

かつて東京湾と呼ばれた海上に建設された巨大都市「ヌーベルトキオシティ」
そこには、化石燃料枯渇という世界規模のエネルギー危機に対して、電気で走る鉄道を世界に向けて敷設する事で窮地を救い、財を成した「旋風寺コンツェルン」(旧 旋風寺鉄道)が存在した。

16歳という若さで旋風寺コンツェルンの総帥として手腕を振るう「旋風寺 舞人」は、謎の事故死を遂げた父の旭から、「世界を狙う巨大な悪」が迫ってきている事を知らされていた。

父の遺志を継ぎ、構想のまま止まっていた「勇者特急隊」計画を実現させた舞人は、相棒の300系新幹線型ロボット「ガイン」と共に、人々の自由と平和を脅かす悪に対して、颯爽と立ち向かってゆく。

今日もまた、ヌーベルトキオシティに勇者旋風が巻き起こるのだった!

キャラクター

メインキャラ

旋風寺舞人ガイン吉永サリー
CV:檜山修之CV:中村大樹CV:矢島晶子
舞人2
ガイン
サリーちゃん


旋風寺コンツェルン


勇者特急隊


ボンバーズ


ダイバーズ


メインキャラ関係者


ヌーベル・トキオの敵キャラ

メインキャラ



部下キャラ


殺し屋


ロボット


他キャラクター


名称のあるロボット

詳しくはこちら。
★は量産機

ロボット名登場話組織パイロット備考
★ガバメント・ドッグ1話~警察特機隊員警察のパトカーロボ
ギムレット1話~銀行強盗ハルオ3体中、紺色のロボ
ティーゲル56561話ウォルフガングウォルフガング雷神
★パオズー2話アジアマフィア遠隔操縦周囲の金属製品を吸収
パンツァーCR176話ウォルフガング雷張ジョーガンマン型ロボ
★訓練ロボ6話~ウォルフガングチェルネンコ轟龍の初陣相手
ヤッコー7話ショーグン・ミフネ日輪入道ビーム砲搭載空中要塞
トレインボム9話アジアマフィアマー・ボ・ジャンネオ山手線を乗っ取る
メガソニック882311話ウォルフガングウォルフガング飛龍の強化型
クールミント21話ウォルフガングウォルフガング暗視スコープ搭載
★ランラン号25話TR社ゼンジー広東3000号まで存在
★リンリン号25話TR社ゼンジー広東バイク型で合体可能
★標的ロボ32話~旋風寺コンツェルン半自律型ヴァーチャル訓練用
ドライツェン131332話TR社ウォルフガングスナイパーと連携
ライジン&ジンライ42話TR社ランツァイ合体阻止光線搭載
★ツェット43話TR社ブラックノワール-

補足

時代設定は昭和125年で西暦に直すと2050年となる。ロボットの元となった鉄道車両の関連タグを記載。


衝撃のスパロボ参戦

2017年発売の『スーパーロボット大戦V』に参戦。「ガオガイガー以外の勇者シリーズは権利関係※もあるのでスパロボ参戦が難しい」と言う噂が払拭された瞬間でもある(もっとも、「つい最近までそうだった」可能性もあるが)。 

引き続き翌2018年発売の『スーパーロボット大戦X』参戦。そして2019年で『スーパーロボット大戦T』では勇者王との共演、その後スマホゲーの『スーパーロボット大戦X-Ω』で期間限定参戦、初代勇者現タカラトミーの新幹線ロボの後輩の共演を果たす。

コンシューマーではVXTシリーズの常連になっているため今後の活躍が期待される。

※:実車も登場しており車種はロータス・エスプリでなく、日産マーチ

最終回エンディングについて

最終回は旋風寺舞人とサリー夫人のツーショットがカメラで引き、実はセル画だったと言うオチだったが、後年高松信司監督も「あれは悪趣味で、やり過ぎだった」と反省していた。

関連イラスト

嵐の勇者
マイトガイン20周年!!


勇者特急隊、只今到着!
グレートマイトガイン・パーフェクトモード



関連タグ

勇者シリーズ 旋風寺コンツェルン 勇者特急隊 サンライズの本気 
電車 列車 超AI

伝説の勇者ダ・ガーン:2012年、神龙拯救队之元气星魂という最良のパートナー作品を得た。

勇者王ガオガイガー主人公の声優が同じ檜山修之氏。
シンカリオン:2015年に企画開始、2018年1月にTVアニメ化された「鉄道車両が変形するロボットもの」。マイトガインと違い現代がベースになっている為、変形する車両は全て現役である。これはJR貨物を除いたJRグループ各社がかかわっている。

烈車戦隊トッキュウジャー列車つながり。
轟轟戦隊ボウケンジャー天装戦隊ゴセイジャー特捜ロボジャンパーソン:敵組織が複数いる作品繋がり。
仮面ライダーゼロワン:社長主人公繋がり。

高松信司:監督。劇中にも名前だけだが登場する。

伝説の勇者ダ・ガーン勇者特急マイトガイン勇者警察ジェイデッカー

関連記事

親記事

勇者シリーズ ゆうしゃしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者特急マイトガイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 903586

コメント