2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

EI-15

いーあいわんふぁいぶ

EI-15はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場するゾンダーロボの一体(画像左側)。
目次[非表示]

概要

 『機界四天王 ペンチノン』により『ゾンダー化』した元『GGG』職員『犬吠埼実』がライバル視した『猿頭寺』により『多次元諜報潜水艦』内のコンピューターに仕込まれた『侵入者破壊プログラム』で手傷を負い、『GGGベイタワー基地』内の『Cライン武器交換パーツ格納庫』へ逃げ込み『ガオーマシン』の予備パーツ等と融合した予備パーツ型『ゾンダーロボ』。『ゾンダーメタル』は、額に設置。

 『Gアイランドシティ』の海上で『ビッグボルフォッグ』と対決、更新データを消去されたものの、『ファイナルフュージョン・マニュアル』を行った『ガオガイガー』と互角の展開に持ち込むも、「勇者の証」を持たぬ偽者に勝利は無く撃破。黒幕の抹殺対象だった『』により『浄解』される。

 しかし、度重なる『ヘル・アンド・ヘヴン』の連発は『サイボーグ・ガイ』の肉体に深刻なダメージを蓄積させ機能停止寸前に陥らせた…

 

偽りの勇者王


 オリジンの技を使繰り出せるが、『ブロウクンマグナム』を使う際、右下腕と拳が互いに逆方向に高速回転する機構を再現出来ず、右腕部そのものを高速回転させつつ、足りない逆の回転力は右肩ごと高速回転させて補い本家の技を相殺。

 異なる部分として、右腕の推進部が外に露出しているのを利用し、推進力を活かした強烈な拳を撃てるほか、『ゾンダーロボ』特有の有機的ボディで肘を伸縮させた殴打技も披露。

 基本的に右手首のみで、『ビッグボルフォッグ』との戦闘は終始右腕の殴打のみ。左腕から手首が露出し『見様見真似ヘル・アンド・ヘブン』を繰り出す際は左手も現れたので、単に収納されていただけ。

 胸部に『ドリルガオー』の予備パーツが取り付けているが、特筆すべきものは無い。ゲーム作品では相手を掴み、ドリルで削る攻撃をするらしい。

 その他、『プロテクトシェード』や、応用した『プラズマホールド』も使えるが、防御として使用された事例も無い。

 設定資料では「ガオゾンダー」という名称があり、様々な愛称で呼ばれている。GGG調査ファイルでは『GGGメカパーツロボ』とも呼称さる。

 尤も、偽とは言っても意図したものではなく、武装が同じなのは単なる偶然。本体の『ギャレオン』を含め不足分も多く、全体的には似ても似つかない。

 number、14.5に於いて先行登場していたが、諸事情でEIナンバーから除外され、後発が登録される。

基準的に言えば数字は英語の通し読みの「フィフティーン」ではなく「ワン ファイブ」で表記。『機界31原種』も『GGG』側が『ZX』ナンバーで公式呼称する場合も同様である。

外部出演

スーパーロボット大戦シリーズでガオガイガー参戦に因みほぼ毎回登場する。
また、原典でゾンダーロボとなった犬吠埼に加え本作では各種クロスオーバーが多いため毎回他作品の関係者がゾンダーロボ化する形で使われるクロスオーバーを使われている。例を挙げると…。

EI-20の代理として登場。
本作では依頼人からある物を研究していたため研究不足のストレスからゾンダーロボ化。その後、部下から救出されるも最終的に投降する。

関連タグ

勇者王ガオガイガー 


パルパレーパ・プラス…EI-15とは別の意味でガオガイガーのネガと呼べる敵。

レプリガオガイガー…ガイガーの複製が本物のガオーマシンと合体した『影の勇者』。ガオガイガーを模している点こそ同じだが、パイロットまでコピーしているため本物以上の戦闘力を持っている。

ネオガイガー…児童向け書籍(ゲームブック)に登場した偽ガオガイガー。素体は、地球のテクノロジーで製造されたメカノイドで、いわば地球製のギャレオン/ガイガー。同時期に出現した他のゾンダーロボの破片を取り込んで、疑似的なファイナルフュージョンを行っている。その状態では、タテガミ部分にパイプ状のパーツが付いているなどの相違点はあるものの、胸ライオンやプロポーションなど、EI-15以上にガオガイガーを模倣している。詳しくはリンク先を参照。

ゴルソドラン…『黄金勇者ゴルドラン』に登場したゴルドランの偽物ロボット。

ブラックマイトガイン/ブラックガイン…『勇者特急マイトガイン』に登場したマイトガイン(ガイン)のコピーロボット。但しこちらは最終的に味方になった。

アナザーライダーヒトツ鬼…ある意味同類。

関連記事

親記事

ゾンダーロボ ぞんだーろぼ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1622

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました