ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

天海護

あまみまもる

天海護はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』登場人物のひとり。

CV:伊藤舞子


概要

 『カモメ第一小学校』3年1組に在籍している心優しき少年。1996年生まれ天秤座の八歳。父『』と母『』の三人家族。小学校へ入学する前、父の転勤が決まり両親と共に北海道から『宇宙開発公団』がある『Gアイランドシティ』へ越してきた。


 歓喜時に「うわっはあ!」と父親譲りの口癖を言いい、一応は標準語を話すが、幼馴染みの『』との別れ際では北海道弁を話している(CDドラマ number.0参照)。

 好きなものは牛丼。『勇』の影響から超甘党である。


 パッと見は何の変哲も無いごく普通の少年だが、『ゾンダーロボ EI-02』の核を破壊せんとする『ガオガイガー』を目撃直後、生機融合から人間へと戻す『浄解』を発動させ、紆余曲折を経て『GGG』特別隊員に任命される。

天海護

 その際、髪が逆立ち全身から緑色の光を発ち。妖精に近い形を取り『GSライド』の駆動効率を上昇させ、暴走した『ガイ』の怒りを鎮め正気に戻し、念動力や思念波などを発揮、様々な奇跡を『GGG』に齎す。其は『ゾンダリアン』にとっては脅威そのもので、『ピッツァ』や『ペンチノン』からは『カインの遺産』である『ギャレオン』破壊を唱える『ポロネズ』と異なり攻撃の第一目標にされていた。

 両親とは血縁関係が全く無く、冬の日の北海道に『ギャレオン』に介され託された過去を持つが、その不思議な力については本人も「神様からの贈り物」だと考え、自身も知らぬその素性は物語を通じて謎の一つとされていた。


 だが、大規模な『ゾンダーメタルプラント』製造を展開する東京大決戦で図らずとも『パスダー』から「カインの造りし破壊マシン」と呼ばれて困惑し、少しずつ自分の力の意味を考えるようになる。

その後、『原種』との戦いの中で、自らと同じ能力を持つ『戒道幾巳』と、『機界最強七原種』のひとり『腸原種』から計らずも、その素性が明かされた。


 彼は『三重連太陽系 緑の星』の指導者『カイン』の息子『ラティオ』で、故郷が『機界31原種』により『機界昇華』された際、『ギャレオン』と共に星を脱出し、『Gストーン』すら、自分の能力を基にして生まれた無限情報サーキットだと知らされる。それでも「僕は地球人の天海護だ」と気丈に否定。この頃から普段通りに生活しつつも、親しい人々との現在の関係が壊れる事を危惧し繊細な素振りが多くなって来ていたが、両親や『華』は、それらを受け入れ、自身もまた成長する。木星決戦では、『ギャレオン』のブラックボックスに残された『カイン』の意思により最後の封印が解かれ、両手の力を使って『マスタープログラム』を『浄解』。

 『機界新種』との戦いの後、『カイン』の呼び出しを受けるが、育ての両親を悲しませまいと他の星に潜伏しているであろう『新種』の脅威に晒されている人々の力になると嘘をつき、『ギャレオン』と共に『三重連太陽系』に旅立つが、そこで生まれ故郷の現状と元凶の実態、真実を知り、一年半もの間『遊星主』との孤軍奮闘の戦いを強いられた。その後、『戒道』と共に満身創痍ながらも帰還。


 中学生前後には『GGG宇宙センター』へ表向きは留学の形で『ニューロノイド』の運用試験をし続けながら、この頃に『ベターマン・ラミア』(及び『ユーヤ』が変えた『ルーメ』)と邂逅。偶発的に『バイオネット』の『メカノイド』との戦闘で『ニューロメカノイド 覚醒人凱号』を操縦。通常時には全く動かすことが出来なかった『ニューロノイド』を『浄解モード』時のみ『デュアルインパルス』を発し、起動させられる(これに関しては『幾巳』も同様)。


嘗ての『凱』と同じ年齢の20歳になり飲酒可能になるも、『覇界王』との決戦前に『凱』とペース配分を決めず飲み続けた結果、二人共泥酔状態に陥り嫁に禁酒令を言い渡される。


星の子供たち

※イラストの中央にいるのがGGG機動部隊隊長となった20歳の護。側にいるのが同じく同部隊メインオペレーターの華と副隊長となった戒道。


 前者では『少年GGG隊』隊員として、後者は『ガッツィ・グローバル・ガード』機動部隊隊長に。『凱』たちを迎えに行く『プロジェクトZ』への協力と再会を決意。『華』との関係は10年経っても良好だが、成人になり「緑の星の人間である自分が、地球の女の人との間に子供ができるのか」等、嘗ての『凱』と似た悩みを抱く。一応は声変わりはしており、『勇』をパパ→お父さん→父さんと敬称が変化。『ラミア』からは『光持つ者』と呼ばれる。国際犯罪組織『バイオネット』から救い出した『アルエット』からは「坊や」呼びされ、嘗ての『凱』同様のダメージを10数年後にブーメラン発言で返される形となる。


 また『次世代勇者王』を共に操縦する相棒である『戒道』とは中学生時ではオーストラリアでの出来事を語るほど距離が縮まり、成人した後は育ての親が深い愛情を込めてつけてくれたファーストネームでお互いを呼びあう関係に変わる。


 劇中でも指摘されていたが、2017年の時点で『GGG機動部隊』隊長としては『凱』よりも任期期間が長く、『凱』と『護』が共に過ごした時間は『J』と『幾巳』よりも短い。



関連タグ

勇者王ガオガイガー

勇者王ガオガイガーFINAL

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~


トリトン…最初にキャラデザイナーがイメージソースしたモデル。

ナツカワ・ハルキ…同じくヒーローものの主役で実質主人公の一人。彼もまた作中で20代なのに「小僧」呼ばわりされた事がある(その時本人は意識を失っていたが)。
















































































 終章時点で『華』の妊娠が発覚、全てが解決した後に一子『』が誕生。『凱』夫婦との合同結婚式時は既に出生しており、結婚式の時には『牛山夫婦』にあやされていた。


関連項目


天海翼:華との間に産まれた子供で浄解能力の有無及び性別に関しては米たに監督の指示で敢えてぼかしている。


旋風寺舞人勇者特急マイトガインの主人公で、勇者シリーズで初めてヒロインと結ばれ、最終決戦後に結婚式を挙げた。


黄金剣士ドラン黄金勇者ゴルドランの主役ロボで勇者シリーズにおける元祖子持ち勇者(こちらは4人の子持ちで奥さんの尻に敷かれている。なお、性別は男性3体、女性1体)。


ファザー:ブレイブサーガ新章アスタリアに登場する勇者ロボ(ただし怪我の為顔グラのみの登場)で人間の女性との間にガンバーゼッターを女神様への神頼みで授かった子持ち勇者part2。そしてエクスカイザーの友人でもある。

関連記事

親記事

勇者王ガオガイガー ゆうしゃおうがおがいがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347446

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました