ピクシブ百科事典

機界新種

きかいしんしゅ

機界新種はメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』に登場する機界生命体。

概要

 全てのゾンダーを制御・支配するマスタープログラム「Zマスター」がキングジェイダーの臨界点で消滅した後、突如GGGオービットベースに姿を現した謎の存在。あらゆる物質を土塊に換え、エネルギーを昇華する「物質昇華」を備える。これによりGGGの機能を無力化した後、地球へと降下。巨大ロボ化し、東京へと侵攻。因縁の地である新宿でガオガイガーの追撃を強力なバリアシステムで無効化。ヘル・アンド・ヘヴンゴルディオンハンマーといった必勝パターンを潰されるが、の身を挺した行動でバリアシステムに綻びが生じ、凄絶な格闘戦の末、核を摘出されて爆散した。

 その正体は、EI-01が地球に落下した直後、卯都木命の体内に植え付けた「万が一地球の機界昇華が全て失敗に終わった場合の保険」と言う名の機界生命体と推測される。

 だが、新種の持つ「物質昇華」や、「Gパワーへの耐性」までがその思惑の範囲内だったとは考えにくい。というのも、物質昇華は、あらゆる物質・エネルギーを消滅させる代物で、そこにはゾンダリアン、機界31原種、Zマスターといった機界文明さえも含まれるからである。これは新種に関われば機界文明さえ滅ぶことを意味し、機界文明さえも否定する存在だからである。

 素体となった命が、恋人である凱をはじめとするGストーンを備えた勇者達と密接な関係から、彼女の体内の種子が絶えずGパワーに晒され続け耐性を得たとの推論から発的な要素である可能性が高い。加えて、マスタープログラムが消滅し、いかなる機界生命体も活動できない状況下で活動を開始したことや、ギャレオンのブラックボックスに封じられていたカインの意思で全ての力を解かれた護にすら、「嫌な予感」程度にしか感じない理由から『機界文明とは全く異質な存在』だと考察される。

 Gストーンキラーとも言うべき存在だが、以前の機界生命体同様に反物質搭載メカを吸収することはできない。





関連タグ

勇者王ガオガイガー

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~

ラスボス

関連記事

親記事

パスダー ぱすだー

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「機界新種」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2269

コメント