ピクシブ百科事典

機界新種

きかいしんしゅ

TVアニメ「勇者王ガオガイガー」に登場する、本作における最後の敵。

概要

全てのゾンダーを制御・支配するマスタープログラム「Zマスター」がGGGによって消滅した後、突如GGGの衛星軌道上基地に姿を現した謎の存在。あらゆる物質を土塊に変え、あらゆるエネルギーを昇華する「物質昇華」という能力を備える。この能力によってGGGをほぼ無力化した後、地球へと降下。ロボットのような金色の姿(記事冒頭のイラスト)に巨大化し、天海護少年の抹殺を狙ってか?目的は定かではないが、東京へ侵攻。ガオガイガーの決死の追撃を、強力なバリアシステムによってことごとく無効化。ヘルアンドヘブンやゴルディオンハンマーでさえ歯が立たない程の力を発揮した。しかしその後、護少年の身を挺した奮戦によってバリアシステムに綻びが生じ、ガオガイガーとの凄絶な格闘戦の末、核を摘出されて爆散した。

その正体は、EI-01(パスダー)が地球に落下した直後に(後にGGG隊員となる)卯都木命の体内に植え付けた種子が、彼女を素体として覚醒したもの。このときのパスダーの意図は、「万が一地球の機界昇華作戦が全て失敗に終わったときの保険」という意味合いだったと思われる。

しかし、新種の持つ「物質昇華」という力や、「Gパワーへの耐性」までがパスダーの思惑の範囲内だったとは考えにくい。というのも、物質昇華の能力は、あらゆる物質・エネルギーを消滅させる力であり、そこにはゾンダリアン、機界31原種Zマスターといった機界文明さえも含まれるからである。これはつまり、機界新種にかかれば機界文明さえ滅亡してしまうことを意味しており、即ち機界新種は機界文明さえも否定する存在だからである。
また、素体となった命が、恋人である獅子王凱をはじめとするGストーンを内蔵した機動部隊のロボットたちと密接な関係にあるGGGに勤務していたことで、彼女の体内の種子が絶えずGストーンの力に晒され続けることで耐性を得たと考えられることから、「機界新種がGストーンの力に耐性を持っている」ことについては、偶発的な要素である可能性が高い。
加えて、全てのゾンダー・ゾンダリアン及び機界昇華を司るマスタープログラムであるZマスターが消滅し、いかなる機界生命体も活動できない状況下で誕生、活動を開始したことや、カインにより全ての力を解放された護にも、「嫌な予感」程度にしか感知できなかったことから『機界文明とは全く異質な存在』だと考えられる。

まさにGストーンキラーとも言うべき存在だが、以前の機界生命体同様にGストーンを持つメカを吸収することはできない。

人物像・劇中での活躍についてはゾヌーダ、ガオガイガーと戦った金色のロボットはゾヌーダロボを参照。

関連タグ

勇者王ガオガイガー ガオガイガー
卯都木命

pixivに投稿された作品 pixivで「機界新種」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190

コメント