ピクシブ百科事典

ゾンダーメタル

ぞんだーめたる

勇者王ガオガイガーに登場する物質。
目次[非表示]

概要

 元々は三重連太陽系「紫の星」で、人間のストレスを解消するために作られた物質。しかし、制御を司るマスタープログラム「Zマスター」の暴走により、寄生した対象を不死をもたらす生機融合体『ゾンダー』へ変貌させる。

 内部組成は複雑な重原子が絡み合い、緑の星で作られたGストーン、赤の星で作られたJジュエルとは対消滅する反物質の関係であり、融合する事はできないが、巨大なエネルギー同士がぶつかり合えばただでは済まない。

 植物の様な性質を持っており、機界31原種の体内やゾンダーメタルプラントにて生産されるも、生成には莫大なエネルギーが必要であり、パスダーが地球に落下し、潜伏した2年の間に侵略に必要な数は三十前後しか造られていない。

 生物に寄生すると、素体の負の感情を糧にゾンダーへと換わり、手近な機械に融合してゾンダーロボに成長するが、子どもの場合は力はあるものの、心を癒す力が(護や戒道程ではないが)強い為に素体には不向きであるとペンチノンは語っている。活動時には素粒子Z0を放出し、短時間ならば害は無いが、大量に浴びれば同じくゾンダーに変質する。

 成長したゾンダーは憎しみの元となった対象を破壊し、欲望の充実に活動。完全体になると「ゾンダー胞子」と呼称するラムスクープジェット状の種子を体の対外から大量に散布する。この胞子はメタルと同等の能力を持ち併せ、その素体の持つDNAを取り込んでいる為、接触すれば惑星の生物や無機物問わずゾンダー化させることが可能となる。この惑星全土を機界化した状態を「機界昇華」と呼ぶ。

 本来の目的であったストレス解消の効能は失われておらず、取り除くには浄解しか方法がないが、これにより心身ともにリフレッシュする。
 但し、余りに長期間ゾンダー化していた場合、浄解されても肉体が既に寿命が尽きても持たないらしく、元々紫の星出身で最初期にゾンダー化したであろうポロネズは、浄解されて人間の姿に戻ったが直後に肉体が昇華(本人曰く「少し遅かった」)。同様にプリマーダ超竜神のGSライドに真正面から突っ込んでGパワーをマトモに浴びたが、浄解どころかそのまま対消滅している。

その他

ゾヌーダ

 パスダーが初めて地球に襲来した際に、近くにいた卯都木命に植付けた通常のゾンダー胞子と異なる物体で、通称「機界新種」。Zマスター消滅後も稼働可能な上に、全くの偶然により、Gストーンに接する機会の多かった命の体内に寄生していた為に、Gパワーに対する耐性まで獲得している。

メタルサイボーグ

 東京大決戦のどさくさに紛れ、ゾンダーメタルと多次元諜報潜水艦に残されたサイボーグに関する技術データを奪取したバイオネットが作り上げた、疑似ゾンダーとも言える存在。髪の毛が長髪なのはエネルギーアキュメーターの流用で、微弱ながら素粒子Z0も検出されている。エヴォリュダーやGストーンサイボーグ並の戦闘力を誇るが、試作体は手術の成功率の低さに加え、寿命も短いという兵器としては欠陥を抱えている。鰐淵シュウは心に大きな負を抱え込んでいた為にGSライドで稼働するガオファーでもGパワーに晒されながら肉体の維持が可能だった。

関連タグ

勇者王ガオガイガー
Gストーン
Jジュエル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンダーメタル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116

コメント