ピクシブ百科事典

アームスレイブ

あーむすれいぶ

小説『フルメタル・パニック!』シリーズに登場する人型兵器の総称。

概要

アーム・スレイブとは、1980年代半ばに開発された「armored mobile master-slave system」の略であり、直訳すると"主従追随式機甲システム"。作中では主に強襲機兵、あるいは単にASと呼ばれる。
「強襲」という言葉の意味から日本政府の公文書では「主従機士」の呼称が使われているという設定も存在している。また、AS技術を用いた民生機は「パワースレイブ(PS)」と呼称される。
ASは開発時期によって黎明期に開発された第一世代、第一世代から発展した第二世代、ECS(電磁迷彩システム)やマッスルパッケージなどが導入された第三世代の三つに分別されており、作中では主に第二世代・第三世代型ASが活躍する事になる。

操縦にはセミ・マスター・スレイブが採用されており、基本的にASは操縦士の動作に追随して動くが、ASのコックピットは狭く、人間が一人動くほどの余裕が無いため、搭乗者の動作を機体が増幅する事で対処している(なお、その際の動作の増幅幅の事をバイラテラル角と呼ぶ)。

開発の経緯には謎が多く、オカルトじみた噂も流れている。なお、ごく一部の人々は、異様なこだわりを持つ何者かが政治的圧力によりASを人型たらしめていると推察している。

関連項目

フルメタル・パニック! フルメタル・パニック!アナザー 海老川兼武 機動兵器 巨大ロボット
アーバレスト レーバテイン ブレイズ・レイヴン
サベージ ガーンズバック コダール コダールi ベヘモス ベリアル

pixivに投稿された作品 pixivで「アームスレイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73689

コメント