ピクシブ百科事典

ボン太くん

ぼんたくん

ボン太くんとは、ライトノベル『フルメタル・パニック!』の登場人物(?)。もしくはマスコットキャラである。
目次[非表示]

CV:金田朋子

概要

都内の閑古鳥が鳴いている遊園地(アニメ版では『ふもふもランド』)のマスコット。犬だかネズミだかよくわからない、ずんぐりとしたつぶらな瞳の着ぐるみである。体毛の色は種類が豊富で、標準的なのは黄色の毛皮に茶色のまだら模様があるパターン。
ボイスチェンジャーによって外部に発せられる音声は「ふもっふ」、「もふもふ」、「もっふる」などのボン太くん語へ変更されるのが特徴。

元は15年前に発売された某玩具メーカーのシリーズ商品で、遊園地のマスコットとなったのもタイアップの一環。『ふもふも谷のボン太くん』なる子供向けTVアニメも作られ、後の世に於いても高クオリティと謳われるほどであったが、その結果予算とスケジュールを食いつぶした為、僅か8話で打ち切りとなりその煽りを受けてメーカーも倒産。
その後、ボン太くんの版権は複雑な法廷闘争の末に何故か『おおかわ豆腐店』が保有する事になった。
ボン太くん愛好家の活動には口を挟まないという店主の大川氏の計らいによって、着ぐるみ以外にも多くのグッズが世に出回り、毎年オンリーイベント『ふもっふマーケット』(作中では第8回を迎えているが、ある事件の影響で会場が変更された)が開催されるほどの人気を誇る。

遊園地の着ぐるみは、短編2巻で相良宗介が尾行を悟られずに千鳥かなめを助けるべくこれを強奪・着用した事から彼の手に渡り、見た目を気に入られて大掛かりな改造を施され、サベージアーバレスト(そして後のレーバテイン)に次ぐ彼の『愛機』となる。

改造に際して外装を超アラミド繊維に変更し、指向性マイク・サーマルセンサー・暗視システムといった支援システムを組み込んでおり、また運用に際して様々なマイナーチェンジを施された結果、最終的に操縦系をアーム・スレイブ(AS)のそれに近い物へと変更し戦術支援AIを搭載した事によって『人間サイズのAS』とも呼べる戦闘用強化スーツに変貌を遂げている。

ライフル弾を弾くだけの防御性能を持ち、他のスペックに関しても同じく人間サイズのASであるアマルガム製のアラストルを凌ぐ。
ここで恐ろしいのは、アラストルがウィスパードの力により開発されたオーバーテクノロジーの塊であるのに対し、ボン太くんは常人の宗介が市販の部品で完成させた既存の技術の流用品でしかないというところである。

一方でボイスチェンジャーをオフにするとメインシステムまで停止してしまうという致命的な欠点を抱えている。これは短編3巻の初期の運用に際して若菜陽子に電気銃で攻撃された事に起因しており、システム面では正常なはずの『量産型ボン太くん(CV:水田わさび)』に於いてもこの欠点が受け継がれている。
そのため、意思表示には内部に備えられた通信装置等を用いて他者に『ボン太くん語』を翻訳してもらう必要がある。

宗介はその後私財を投げうってベルギーの軍需産業ブリリアント・セーフテック社の協力を得てこれを量産し、アニメ版では体色がグレーに変更されている。
宗介は現代戦を一変させる個人兵装として各国の特殊部隊へ売り込もうとしたが、そのデザインの為に一蹴され、大量の在庫を抱えてしまう事になる。その際購入を行ったのはマイアミ市警とFBIの二箇所のみ。
しかし、その効果は確かなものとなっており、短編5巻で美樹原組に無償で供与・運用された際には、美樹原組と敵対する広域暴力団龍神会に壊滅的な経済的・精神的ダメージを負わせた。
また、マイアミ市警は麻薬密売組織の摘発においてこれを運用し、迅速に組織を制圧、効果的に戦意を喪失させている。

なお、ボン太くんが登場するのはコメディが主体の原作短編および、それをアニメ化した『ふもっふ』のみであり、原作長編やアニメ本編には一切登場しない。
ただし、外伝2巻『極北からの声』の挿絵にネズミのようなぬいぐるみを抱えた子供が描かれている。

クロスオーバー作品での活躍

スーパーロボット大戦シリーズ』等に於いては、主に『ふもっふ』シナリオが再現される際にスポット参戦する事が多く、条件を達成すれば宗介の専用機として自軍に正式に参入する。
身長2mに満たない愛くるしいマスコットに敵軍が蹂躙されていく様はシュールとしか言いようがないが、当の敵軍からしてみれば悪夢以外の何物でもない。

この際顕著になるのは、他作品のキャラクター達の反応であり、ボン太くんと相対したキャラクター達は呆れたり、好意的に見たりする事が多い(特に女性)。
中にはボン太くん語を理解出来る者まで存在する。
さらには欲しがる者も……。

C.C.:「おい、カレン…。 あれは応募券を何枚集めればもらえるんだ?
カレン:「知らないよ!」

シナリオによっては他の作品のキャラクターがこれを使用する事もあり、『スーパーロボット大戦W』参戦時に量産型ボン太くんが参戦した際には百獣王ゴライオンの面子が搭乗(?)。
また、第3次スーパーロボット大戦Zではヒイロ・ユイキリコ・キュービィーがこれを着て宗介の元へ届けるといったイベントまで存在している。
極めつけは量産型ボン太くんで、任天堂携帯機二作では原作「仁義なきファンシー」での龍神会強襲シーンを再現した戦闘シーンがあった。第3次Z天獄篇では30体はいるだろうか、量産型ボン太くんの大群が敵に襲い掛かるが、その中にはバズーカ砲を両手持ちする狙撃銃で狙い撃つ撃った拍子に転ぶハリセンで攻撃する個体もあるが、設定上は他作品技術を応用したもので中の人はいないとのこと。

Another Century's Episode:Rでは一応隠しユニット扱いであるが、通常のステージの開始前ムービーに全く自重せずに登場している(似たようなものに宗介のM9もあり、版権リストにも『ふもっふ』のものもあるが)。
流石に兵器と認識出来なかったのか、自立コンピュータの敵機を戸惑わせ(これで防衛ラインを6つ突破・クルツ談)、オリジナルキャラに恋心(?)を抱かせた。

性能については、概して「攻撃力は低めだが、回避力が高い(ちなみに『ふもふも谷のボン太くん』には、ボン太くんがミサイルを避けまくる名シーン“伝説の5秒”があるという設定)」リアル寄りの性能を持つ。
無消費型の射程有の武器を持つため、継戦能力にも優れるが、空を飛べないため、弾切れを起こすと、空中の相手に対して打つ手がなくなってしまう。

甘城ブリリアントパークのモッフルとの関連性

作者が『フルメタ』後に手がけた『甘城ブリリアントパーク』にて、パークのマスコットの一人『モッフル』がボン太くんに似ており、レギュラー登場している。
公称上は、あくまでスターシステムに基づくものであり、容姿以外の関連性は存在しない(要は他人の空似状態)とされる。 ただし、こちらの『モッフル』も戦闘力は相当なものとなっている。
作者自身もモッフルの造形がボン太くんそのままであることを認識しており、登場させるに当たってボン太くんをデザインした四季童子(フルメタのキャラクターデザインや原作の挿絵を担当したイラストレーター)に了解を得た旨をインタビューにて語っている。

関連項目

フルメタル・パニック! フルメタル・パニック?ふもっふ
マスコット 着ぐるみ パワードスーツ

ゴン太くん(元ネタ)
モッフル

pixivに投稿された作品 pixivで「ボン太くん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561406

コメント