ピクシブ百科事典

量産型

りょうさんがた

同じ規格・仕様で大量に生産される工業製品のこと。試作型に対する名称。
目次[非表示]
  • 1 量産型と試作型
  • 2 フィクションにおける扱い
  • 3 フィクションにおける例
  • 3.1 『機動戦士ガンダム』シリーズ
  • 3.1.1 ガンダムタイプの量産型
  • 3.2 スーパーロボット大戦OGシリーズ
  • 3.3 その他
  • 4 高性能な量産機の例
  • 4.1 VF-1A(超時空要塞マクロス」)
  • 4.2 オーガスII(超時空世紀オーガス)
  • 4.3 ダイビングビートル(装甲騎兵ボトムズ)
  • 4.4 ドラグーン(機甲戦記ドラグナー)
  • 4.5 リーオー(新機動戦記ガンダムW)
  • 4.6 ムラサメ(機動戦士ガンダムSEEDDESTINY)
  • 4.7 GN-X(ジンクス)(機動戦士ガンダム00)
  • 4.8 シズラーシリーズ(トップをねらえ!)
  • 4.9 EVA量産機(新世紀エヴァンゲリオン)
  • 4.10 パワーズ・モデル(蒼穹のファフナーEXODUS)
  • 4.11 AVS-98(機動警察パトレイバー・コミック版)
  • 4.12 インベードアーマー(カービィロボボプラネット)
  • 4.13 メタルクウラ(ドラゴンボールZ)
  • 4.14 キルサイス(ゾイドワイルドZERO)
  • 4.15 降下兵(ARIEL)
  • 4.16 ジェイアーク級戦艦(勇者王ガオガイガー)
  • 4.17 ゴーグ(巨神ゴーグ)
  • 4.18 ドラえもん(ドラえもん)
  • 4.19 エターナルズ(MCU)
  • 5 実在の量産型について
  • 6 現実における例
  • 6.1 103系電車・113系電車(日本国有鉄道)
  • 6.2 EF60形電気機関車二次型以降(日本国有鉄道)
  • 6.3 文化面における量産型
  • 7 関連タグ
  • 量産型と試作型

    同じ規格仕様にて、量産すなわち大量生産される工業製品のこと。試作および先行量産の過程で不具合を確認する過程で欠点量産に不向きな点などを洗い出し、それらをクリアした上で、完成品として大量生産に足ると判断されたものが量産型である。
    また、量産機同士でもロットにより微妙に品質にバラつきはあり(工業製品としては好ましくはないのだが)、量産開始後も不具合の解消、部品等の変更、もしくはさらなる生産性の向上などを理由としてしばしば改良されるので、生産時期により仕様が異なる場合はよくある。

    概念的に言えば予算にしたがって生産ラインを構築しそのラインで製造されたものであれば、製造機数がたとえ1機のみであっても「量産型」であるし、数が複数あっても研究開発費で製造され正規の生産ラインで作られたものでない機体は「試作型」である。量産機とほとんどおよび全く同じ構造をしていても広義の試作機として「全規模開発機」「増加試作機」と扱われる(これらは部品が共用できるため供与に回されることもある)。「先行量産型」というものは正規の予算で作られてはいるが機能の検証が済んでおらず、特に戦時などの場合早急に戦場に送るため先行開発された既存機体の部品を組み合わせてとりあえず戦える状態として送り出されるため、間に合わせの部品で構成されキメラ的外観となり、そこに魅力を見出すファンも多い。

    フィクションにおける扱い

    フィクション、特にロボットアニメ等では試作型が主役機を務め、量産型は相当性能が劣化した廉価版として、ひどい時はやられメカとして描かれていることがしばしばである。

    試作型が強力、もしくは量産型が弱体なことの設定上の理由付けとしては「思ったより生産コストがかかったので仕方なく機能を削った」「思ったより操縦が難しかったので、誰にでも扱えるように性能を抑えた」「政治的理由」などがある。また「特定のパーツが量産できない、あるいは劣化」「技術の雛形としてあえてコスト無視した」という理由づけをする事例も。

    もっともライバルの乗る機体は量産型の強化カスタム機というパターンはよくある。量産型であったとしても、主要キャラや強敵・ライバルが乗る際はスポット的に大活躍することがある。

    フィクションにおける例

    機動戦士ガンダム』シリーズ

    ファースト
    ジム
    ボール
    ザクⅡ
    グフ
    ドム/リック・ドム
    ゲルググ
    機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
    量産型ガンキャノン
    機動戦士ガンダム 第08MS小隊
    先行量産型ジム
    先行量産型ボール
    量産型ガンタンク
    機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
    ペイルライダー・キャバルリー
    機動戦士Ζガンダム
    リック・ディアス
    ジムII
    ネモ
    ハイザック
    マラサイ
    バーザム
    ガンダム・センチネル
    ネロ
    ゼク・アイン
    機動戦士ガンダムZZ
    ジムIII
    ガザC/ガザD/ガ・ゾウム
    量産型キュベレイ
    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
    ジェガン
    ギラ・ドーガ
    機動戦士ガンダムUC
    ギラ・ズール
    機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
    グスタフ・カール
    メッサー
    機動戦士ガンダムF91
    ヘビーガン
    Gキャノン
    デナン・ゾン
    デナン・ゲー
    機動戦士クロスボーン・ガンダム
    バタラ
    機動戦士Vガンダム
    ガンイージ/ガンブラスター
    ジェムズガン
    ジャベリン
    ゾロアット/ゾロ
    トムリアット
    G-SAVIOUR
    Jセイバー
    機動武闘伝Gガンダム
    デスアーミー
    新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz
    サーペント
    機動新世紀ガンダムX
    ドートレス
    バリエント
    ジェニス
    クラウダ
    ∀ガンダム
    マヒロー
    機動戦士ガンダムSEED
    メビウス
    ストライクダガー
    ジン
    ゲイツ
    M1アストレイ
    機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    ダガーL
    ウィンダム
    ザクウォーリア/ザクファントム
    機動戦士ガンダム00
    ユニオンフラッグ
    AEUイナクト
    ティエレン
    ガガ
    機動戦士ガンダムAGE
    ジェノアス
    アデル
    クランシェ
    ガフラン
    ドラド
    ダナジン
    ガンダム Gのレコンギスタ
    カットシー
    ジャハナム
    モラン
    機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
    グレイズ
    レギンレイズ
    百錬
    機動戦士ガンダム THE ORIGIN
    ガンキャノン
    ガンダムビルドファイターズ
    モック/ハイモック
    ガンダムビルドダイバーズ
    GBN-ガードフレーム
    その他
    センチュリオ
    サク

    ガンダムタイプの量産型

    機動戦士ガンダム 第08MS小隊
    陸戦型ガンダム
    M-MSV
    ジーライン
    量産型サイコガンダム
    量産型ΖΖガンダム
    量産型νガンダム
    機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 天空の学校
    ジェモ
    Ζ-MSV
    量産型Ζガンダム
    量産型百式改
    ガンダム・センチネル
    Zプラス
    ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
    ガンダムTR-1 次世代量産機
    ガンダムTR-6
    機動戦士ガンダムΖΖ
    ドーベン・ウルフ
    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
    リ・ガズィ
    機動戦士ガンダムUC
    リゼル
    デルタプラス
    機動戦士クロスボーン・ガンダム
    量産型F91
    フリント
    機動戦士Vガンダム
    Vガンダム
    機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
    ノエル・レイス
    新機動戦記ガンダムW ~ティエルの衝動~
    ウイングガンダムセラフィム
    ガンダムデリンジャーアームズ
    ティエンロンガンダム
    ガンダムデスサイズギルティ
    ガンダムサンドレオン
    機動戦士ガンダムSEED DESTINY
    フォビドゥンヴォーテクス
    デストロイガンダム
    機動戦士ガンダムSEED MSV
    レイダー制式仕様
    機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS
    ハイペリオンG
    その他
    フェニックス・ゼロ
    Gストリーム

    スーパーロボット大戦OGシリーズ

    量産型ジンライ
    量産型Gホーク
    量産型ビルトシュバイン
    量産型アシュセイヴァー
    量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ(通常型・タイプTT
    量産型ゲシュペンストMk-Ⅱシュテルベン
    量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ改(先行試作型・タイプCタイプGタイプN
    量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
    量産型ヒュッケバインMk-ⅡMHRDT3カスタム

    その他

    ショッカーライダー仮面ライダー
    ライオトルーパー仮面ライダー555
    マスカレイド・ドーパント仮面ライダーW
    ライドベンダー(仮面ライダーOOO)
    黒影トルーパー(仮面ライダー鎧武)
    量産型マッハ仮面ライダードライブ
    自由惑星同盟軍艦艇銀河英雄伝説
    量産型ちびジェノスワンパンマン
    妹達とある魔術の禁書目録&とある科学の超電磁砲) ※クローン人間
    量産型グレートマジンガー桜多吾作グレートマジンガー
    防人(楠芽吹は勇者である)
    ブラックチーフテン(勇者警察ジェイデッカー)
    無頼(コードギアス)
    サザーランド(コードギアス)
    スコープドッグ(装甲騎兵ボトムズ)
    ボンバーファイターTYPE-90(ボンバーマンB爆外伝)
    エステバリス(機動戦艦ナデシコ)

    高性能な量産機の例

    VF-1A超時空要塞マクロス」)

    • 最強であるVF-1Sとの性能差は誤差レベルである。下記のドラグーンとドラグナーの関係と違い、S型が強化された際はA型も同じだけ強化されている。( なお映画版ではエース専用装備が登場したのでS型とA型の差が増えたが、S型の強化は「威力は高いが扱いの難しいビームキャノンを装備する代わりに誘導ミサイルの搭載量は減っている」ため、単純にS型の方が優遇されたというわけでもない )。
    • 理由としては、共通パーツが8割を占めているためで、一部パーツを除いて機体同士の使いまわしが可能となっており、その恩威でVF-1シリーズの性能差を埋めることができたのである(現にA型のボディにS型のヘッドを搭載した簡易S型(AS型)という機体も登場している)。VF-1シリーズは生産の関係上同型機が複数存在しているため、パーツの使いまわしができたといえる。もっともこれは、マクロスの進宙式に間に合わせるための苦肉の策といえたのだが。
    • ただし続編シリーズでは一部を除いて「主人公部隊のみが新型機を使用」するケースが多い。これは新型機の供給が安定した時代になったからと言えなくない。

    オーガスII超時空世紀オーガス

    • オーガスが二つの機体を繋げた急造機体だったのに対し、最初から可変機として設計しなおされたので無駄が無くなり軽量化に成功=機動力と剛性が上昇している。(合体ロボ?知らん)
    • ただし高性能過ぎて一般兵には使いこなせないと言う事でリミッターを設定、オリジナルより性能が抑えられ結果的に『ガンダム』のジムに近い立ち位置とされてしまったのは残念なところ。ただしオルソン専用機はこのリミッターが外されており、主人公機より強い味方機となっている。
    • 余談だが続編OVAのタイトルは『オーガス02』なので混同しないように。

    ダイビングビートル装甲騎兵ボトムズ

    ドラグーン機甲戦記ドラグナー

    • ドラグナー3機の良い所取りをした器用貧乏ならぬ器用万能機。その後D-1と2が改造され「カスタム」となる事で高性能化することに( それでもドラグーンは1より砲撃力が、2より格闘力が強いだろうが )。一方、3は最後までカスタマイズされなかった( 電子戦機なのでソフトウェアアップデートだけで済まされ、武装や外見の変化が無かった )。
    • ドラグーンはオタク業界における高性能量産機の代名詞となっており、その強さと優秀さはリアルロボット量産機の立ち位置さえも変えてしまうほどだった( 登場は上記の三作品の方が早いがフルスペックの量産機という意味では本機が初 )。主人公の乗り換えが当たり前となった現代のロボットアニメでは量産機が「前半の主人公機より高性能」と言うのは良くある設定となっている。
    • ただし劇中では演出の都合でグン・ジェム隊にあっけなく斬り刻まれるなど、「やられメカ」扱いとなってしまっていた。が、それはモブパイロットの話で、熟練パイロットでは互角に渡り合う活躍を見せている。
    • じつは設定上ではドラグナー三種のように各方面に特化したカスタム機も存在する。

    リーオー新機動戦記ガンダムW

    ムラサメ機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

    GN-X(ジンクス)機動戦士ガンダム00

    • ガンダム=太陽炉搭載機として他のあらゆる機体を圧倒する世界観で、衝撃的な登場をした太陽炉搭載型の量産機。それまで性能差があったからこそ少数で全世界を敵に回せてたソレスタルビーイングにとって、同性能且つ数が上回るこの機体は天敵と言っていい存在であり、この機体の登場を境に主人公勢力の長い受難が始まっていく。
    • とげとげした外見に四ツ目という禍々しい外見をしているが、実は性能は優秀且つ堅実というギャップ萌えキャラのような機体。堅実な武装、ガンダムと同等以上の本体性能に加え、量産機としても優秀なのがこの機体の特長であり、コアユニットを中心としてユニット毎に組み上げる方式で極めて整備性が高い。どこぞのアーマードコアのように部品交換のみで次世代機にアップグレード出来てしまうほど優れた規格化が施されている。
    • なおいわゆるガンダムのデザインとはかけ離れているが、作中設定では「太陽炉搭載型MS=ガンダムタイプ」とされるので少なくとも劇中の設定ではガンダムタイプである。
      • そもそも作中では「ガンダム顔=テロリスト(CB)の機体」という印象があるために態とデザインを変えたという設定である(他作品で言うなら、CBガンダムはGP-04で、ジンクスがガーベラテトラ)。
    • 当初のこの疑似太陽炉はGN粒子の安定化が不十分であったために毒素垂れ流しであったが、アニメ二期以降は改善された。それどころか純正の太陽炉よりも時間あたりの粒子生成は上回ったりしているので、永久機関でないという点を除けば戦闘におけるスペックは疑似太陽炉の方が純正より上である
    • 二期では上位機種としてアヘッドが量産配備されたが、アロウズ壊滅後は同組織の暴虐の象徴として歴史の闇に葬り去られ、劇場版ではGN-Xシリーズの改良発展型が登場している。

    シズラーシリーズ(トップをねらえ!

    • あのガンバスターの量産型だけあってスペックそのものは下手なスーパーロボットよりも遥かに上。設計を見直して余計な機能を省き、ガンバスターからの小型軽量化に成功。実用性ではガンバスターを上回っているらしい。担当技術者曰く「ガンバスターはオーバースペックでしかない」とか。
    • しかし悲しいかな、コスト比を考えた実用性よりも、コスト度外視のオーバースペック機による単騎無双の方が有効なのがフィクションの世界。最終決戦では一万機以上が失われ、ユングの乗っていた機体もブラックホール爆弾内部の圧力に耐えることが出来ず、果しなき流れの果てに旅立つガンバスターを見送ることしかできなかった。

    EVA量産機新世紀エヴァンゲリオン

    • 全9機が建造された量産型のエヴァンゲリオン。作中では実質無敗であり、アスカの弐号機を鳥葬したみんなのトラウマはもはや語るに及ばずだろう。

    パワーズ・モデル蒼穹のファフナーEXODUS

    • ファフナーの搭乗には適性が必要な上、齢を取れば適性自体が低下してゆくためにフェストゥムのコアを搭載した正規のファフナーはパイロットの確保が難しいシロモノであった。しかし本モデルは搭乗員を増やすためのシステムを詰め込んだことで、誰でも人類存続のためにご奉公することができるようになった。性能面も向上し、かつて主人公機を破壊したスフィンクス型程度ならまともにやりあえるほどである。同化対策も万全である。
    • なおここで言う同化対策とはいつものフェンリル(自爆装置)のことである。同化の際に自動で起爆するのはもちろん、隊長機は遠隔で部下の自爆装置をできるという外道仕様。また、誰でもと言ったがその方法は適性がなくてもドーピング漬けにして無理矢理搭乗するというものである。本機種は大量生産型と言うより大量動員型であり、搭乗のハードルを下げたことで本当の意味での同化対策を十分に発揮できていないのである。そもそもネーミング元のパワー(能天使の一種)からして人も最も近いがゆえに最も堕落しやすいという存在。どうしてこうなった
    • こんなシロモノでも戦闘力自体は原型機から比べたらずっと強力になっているのが泣ける。

    AVS-98(機動警察パトレイバー・コミック版)

    • 主役機である98式AVイングラムの量産型という位置づけ。汎用レイバーとしてコストカットと居住性改善を優先しすぎた結果散々な性能となった試作廉価機の反省から、あくまで98式AVの基本性能は備えた警察用レイバーとして設計された。
      • アニメでは件の試作廉価機の形式となっている。
      当初、増設される特車二課第三小隊用の機体として製造されていたが、諸般の事情から第三小隊の開設が棚上げに。そのためいい加減旧式化していた第一小隊の96式改の更新用に回された。
    • 配属されて間もなく、第二小隊相手に散々っぱら暴れてみせた特車二課因縁の相手グリフォンと対決することに。古賀の2号機はあっさりやられてしまうも、石和の1号機はグリフォン相手に対等以上の格闘戦を演じた。最終的に水路に転落、水中活動能力が無いためグリフォンを取り逃がしてしまうが、「アウトロー気質の主人公たちとそこに配備されたクセのあるワンオフ機」というありがちな図式に対する「エリート集団の駆る量産機」が活躍するという量産機フリークにはたまらないシーンのひとつである。

    インベードアーマー(カービィロボボプラネット)

    • 主人公が使うロボボアーマーの元であり、量産機でありながら、中ボスとしても登場する事がかなりある。1つの機体が主役とやられ役を兼用している例。

    メタルクウラドラゴンボールZ

    • 激突!!100億パワーの戦士たちに登場するゲストキャラ。一個体でも、当時宇宙最強とまで言われた弟のフリーザやそれと同等のクウラ自身を倒した超サイヤ人と互角以上に繰り広げられるほどの戦闘能力を持ちながらも、アンドロイドとしてのスペックそのものも中々なもので、「瞬間移動により亜空間を自在に跳躍できる機動性」、「長期戦下でも支障が生じないほど膨大な稼働機関」、「メインコンピューターとのデータ送受信を通じて行われる解析・再生・強化機能」と多方面に対応。総合的な戦闘能力では悟空ベジータの2人を相手にしても苦戦させるほど。
    • 更にそのアンドロイドを扱っている機械も見事なもので、100体以上というほどの高度な生産性を有しており、加えて、全てメインコンピューターを通じて操作されている為、先ほどの送受信によって蓄積したデータを全ての量産機に共有できるにとどまらず、(軍略的目線で言うならば)秩序を乱すことの無い完璧な統率性や、撤退さえすればどれほどの損害が生じても仕切り直しが可能な点もあり、意外にも量産機としては理想的な質と量、そして安定性をこれでもかという程に兼ね備えているとも言える。

    キルサイスゾイドワイルドZERO

    • 真帝国の主力となったカマキリ型の小型ゾイド。
    • カマキリ特有の両腕の鎌による近接戦闘能力、高い飛翔性能に加え、タイムボムによる破壊工作が可能で、後に光学迷彩を搭載した機種も登場した。更に、当然ながらマシンブラストの使用が可能な上に、金色の指揮官モデルは、無人状態のキルサイスを操る事で人手不足を補える。
    • 小型故に装甲こそ脆いものの、上記の性能から数をそろえれば、下手な中型ゾイドを圧倒する。

    降下兵ARIEL

    • 銀河帝国で広く使用されている機動兵器の総称。様々な機種が量産されている。
    • 作中で銀河帝国から地球侵略業務を請け負ったゲドー社は、予算面の理由から主に中古の旧式機を使用せざるを得なかったが、銀河帝国と地球の間に技術力の差がありすぎたため、地球側が技術の粋と原子力空母10隻分の予算を注ぎ込んで建造したワンオフ主人公機「ARIEL」はほとんどの戦闘で勝利することができなかった。
    • なお、ARIELが唯一勝利した戦闘で使用された降下兵は、廃品のパーツを寄せ集めてでっち上げられた代物である。

    ジェイアーク級戦艦(勇者王ガオガイガー

    ゴーグ巨神ゴーグ

    • 作中では無敵だったが、設定上は宇宙人の作業用機械に過ぎないとされている。

    ドラえもんドラえもん

    エターナルズ(MCU)

    • 1人1人がバランスブレイカー級のチートキャラであるにも関わらず、MCU版の設定ではコズミック・ビーイング(宇宙的存在)であるセレスティアルズにより大量生産された合成体(擬似生命体)。しかも、10年以上22作に渡って繰り広げられた「インフィニティ・サーガ」のラスボスであるサノスも、この中の1体に過ぎない可能性が示唆されている。


    実在の量産型について

    実在兵器製品では、量産型が試作型に総合的な性能が劣る事はほぼない。と言うよりフィクションにおける「試作型」は、現実では試作機と言うより「実験機」と言う方が正しいのではないかとの意見がある。

    はじめから採用する気の無い機能を試作機に搭載する意味は無い(要は大衆車試作としてラリーカーを造る奴は居ない。…とある酔狂な自動車メーカーが最近ラリーカーを作るために市販車を作ってしまったがそれはかなり稀な例)と言う事である。実際、フィクションの試作機にはそれまでにない新技術を大量に突っ込み、そして不具合を起こさないと言うありえない例が多数見受けられる。

    また、現実の試作機では試験項目以外の部分には在庫品である在来機のパーツを多数流用し、コストダウンを図ることも多く、武装も施されない。前進翼試験機X-29にはF-5の胴体やF/A-18のエンジンを転用している。実用化が成った場合はそれらは専用設計のものに置き換えられるし、武装を施すために整理や改設計もなされるため、試作時のままということはない。

    試作型で発生した使い勝手や信頼性の問題が改善され、性能的にも試作型の弱点が改良されて、はじめて量産型として採用される。言い換えれば、試作型が一切問題無しに動き、量産可能となる方が奇跡であり、そもそも一発で成功出来るぐらいなら試作する必要も無い。

    例としてアメリカにおける軍用航空機の開発を挙げると、実験機と試作機、そしていわゆる量産型となる制式採用機となる。

    実験機は何らかの「初めての機構」を試すためのもので、これを直接量産型として採用しようとするものではないため、コスト削減を狙って既存の機体のパーツを流用したりするのもこちらである。通常は1~3機とごく少数のみ製作される。
    「X-29」「X-35」等、名称にXを冠するためXプレーンと呼ばれ、飛行や離着陸等に関する新しい方法を試すもののため武装は積んでおらず、そもそも武装することはほぼ想定されていない。いわゆる心神こと日本の「X-2」もナンバーからわかるとおり「戦闘機を作るための機構実験機」であり、武装が全く考慮されていないのもこのためである。
    紛らわしいが次期戦闘機計画としての「F-X」のXは意味合いが異なり、こちらは計画を現すもので特定の機種を指すものではない。

    試作機は主に軍が設定した目的と性能を達成するための新型機開発で作られるもので、こちらは採用されればそのまま量産機としてほぼ同じ形状となるものである。そのため既存パーツの流用等はそう多くない。(この段階で既存パーツを流用する場合もあるが、それは実用機でもそのまま流用するつもりということである。)
    実用量産型として採用を目指すためのものであるため、実用化、制式採用に必要なテストは全てクリアする必要があり、速度・機動性はもちろん、武装の運用、マッチング、機体の強度試験、耐暑耐寒試験等、あらゆる試験に供するために必要なだけ機数が作られる。
    「YF-16」と「YF-17」「YF-22」と「YF-23」等、名称にYを冠し、大抵の場合は別メーカー同士が競合する試作機を作って採用を競う。
    採用された場合は名称からYが取れ、晴れて量産型となるのである。

    もっとも、試作機をすっ飛ばして最初から量産に入り、問題が出たら後付けの改修で対応する、という「クック・クレイギー・プラン」という考え方もある。これは巧くいけば開発時間を大幅に短縮でき、結果としてコストも圧縮できる…という考え方なのだが、大規模な不具合が発生した場合生産設備から作り直さないといけなくなる。実例としては戦闘機にF-102F-106、旅客機にCV880DC-8などがあるが、全くの新機種の場合リスクが大きすぎ、失敗時のコストと時間のロスが膨大になる。これが上手くいくのはEF65のように新技術をほとんど投入せず、設計の多くを先代モデルから引き継いでいる場合である。

    なお、工業製品でも巨大で製作に時間のかかるものや生産数が限られるもの(ロケット建築物など)については試作を終えて量産に入った後もワンオフに近い生産体制をとらざるを得ず、量産型とされていても一個体ずつ改良は施されており、仕様は細部まで同一ではない。

    典型的な例は船舶(軍艦など)で、造船所が違えば船体長や総トン数、機関の形式などが異なるのは当たり前である。中には煙突の本数すら違っていたり、二番船以降は機能が削られる事例も少なくない。後述のつがる型巡視船がその例で、同型はそうやの量産型のはずだがそうやの砕氷機能はなく、また長年にわたって建造が続けられたため初期と後期ではまるで別型の船という有様である。

    そういう意味では船舶に真の量産型は存在しないと言えるかもしれない。

    現実における例

    ※前者がプロトタイプ、後者が量産型。


    103系電車113系電車(日本国有鉄道)

    • 昭和29年頃から出現し始めた私鉄高性能電車群に対し、国鉄も負けじと昭和32年、全金属軽量車体・客用扉両開き片側4扉・全電動車・3.2km/h/sの高加速度・3.5km/h/sの高減速度・定格速度68km/h(弱メ界磁40%)・蛍光灯装備・扇風機装備という超性能電車モハ90系(→101系)を製造する。ところが、まず増大した消費電力の前に給電系がパンク、更に「車両ばかりを高性能化しても首都圏の通勤ラッシュの解消には程遠く、信号など地上設備などの改良・整備も必要」という結果になった。この為、101系では付随車を挿入して性能を低下させた状態で運用した後、後継となる通勤型電車は短距離特化の103系が開発されるが、その分巡航速度については眼をつぶることになった。
    • 後、常磐線鹿児島本線の交流電化に伴い、交直流電車401系/421系が開発されるが、どちらも従来の国電区間よりも駅間が長い区間への投入になるため、こちらは加速度に眼をつぶってそれなりの巡航速度を与えた性能とした。この直流専用版が111系だが、すぐに新型モーター「MT54型」が採用されたため、こちらを採用した113系へとマイナーチェンジする。
    • つまり、101系の所定の性能が実現していれば優等列車以外には大抵の用途に満足できる万能高性能電車となるはずが、国鉄の実情から実現できず、結果、101系で実現するはずだった性能のうちいずれかを妥協した103系と113系に分化した形になる。その結果、103系と113系はそれぞれ国鉄電車第1位・第3位の大量生産車となった。
    • 101系で断念された万能高性能電車の無念は、国鉄が散った後その後身となるJR東日本において、E231系として結実する。


    EF60電気機関車二次型以降(日本国有鉄道)

    • 電車の近代化が進む一方で機関車の方は大増殖したEF58EF15が使われ続けていたが、新性能電気機関車として、それまでのツリカケ駆動からクイル式という駆動方式を採用して大胆に軽量化を図ったED60形が製造され、更にこれを基礎として東海道本線などの長距離運用につくためのF級ハイパワー機・EF60形が製造された。……が、クイル式は構造上耐久性に難があることが判明し、結局二次車以降ではツリカケ式に戻すことに。
    • この時の基本構造が、軽量化の対策を施したEF62形を除く新性能F級機に使い倒されることになり、国鉄電機の決定版とも言えるEF65形・EF81形まで大増殖を続けることになる(EF66形は流石に当時のハイパワーを受け止めるために少し違った構造をしている)。
    • その後も国鉄・私鉄問わずツリカケ式以外を採用して刷新を図ろうとする度何らかの不具合が出てツリカケ式に戻すという流れが繰り返され、現在のJR貨物の最新電機に至るまで主力はツリカケ式。この事は所謂日本面の宿命とも言うべきか。


    文化面における量産型

    管理教育確立後の日本では軍隊式管理で個性を削り、社会に出て従順な組織の人間であることを美徳とする教育がすべからく定着していった。そういった"量産型"教育により一時は「時間を守る日本人」のようにメリットが強調されたものの、その後バブル崩壊と日本社会の停滞を経て、ただの愚民化政策ではなかったかと批判されるようになった。
    しかし時既に遅く、こうした風潮は21世紀の若者文化にも及んでおり、宣伝に踊らされて動く同質的な人々をなじる「量産型〇〇」のような言葉が生まれている。


    関連タグ

    量産 量産機
    クローン やられメカ 動く棺桶 モブ どうしてこうなった
    試作 試験 プロトタイプ カスタム
    量産型やは(pixivユーザー)

    関連記事

    親記事

    機械 きかい

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿されたイラスト pixivで「量産型」のイラストを見る

    pixivに投稿された小説 pixivで「量産型」の小説を見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3757143

    コメント

    問題を報告

    0/3000

    編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
    問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

    報告を送信しました