ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. マイクロフォンの略称本項で解説。
  2. 英語圏の男性名・マイケル(Michael)の愛称。表記は"Mike"
  3. ディズニー映画『モンスターズ・インク』シリーズに登場するキャラクター→マイク・ワゾウスキ
  4. アニメ『勇者王ガオガイガー』および関連作品の登場キャラクター→マイク・サウンダース13世
  5. ゲーム『メイドインワリオ』シリーズに登場するキャラクター→マイク(メイドインワリオ)
  6. 漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するプロヒーローのキャラクター→プレゼント・マイク
  7. ゲーム『どうぶつの森』に登場するカンガルーの住民→マイク(どうぶつの森)

なお、以下の作品にも同じ名前のキャラクターがいる。

  1. ガンダムセンチネル
  2. サンクタス戦記
  3. 幻想水滸伝3
  4. 新・世界樹の迷宮

概要

正式名称はマイクロフォンまたはマイクロホン(Microphone)。

を電気信号に変換する機器。使用時はなどを拾うと音割れのような雑音を拾ってしまうので、専用のスポンジ羽毛の様なカバーポップガードとよばれる細かい網でそれらを拾わないようにすることが多い。


マイクのテストで「フーッ」と息を吹きかけたり、ポンポンと叩いたりする人がいるが、不具合の原因になりやすいので(業務用などの高感度のものは特に)避けるべきである。これやるとスタジオでは音声担当スタッフに怒られることもあるとか。


種類・形式

ライツマイク

初期のマイク カーボンマイクともいう。初期のラジオ放送、黒電話の送話器に使われた。

NHK放送博物館へ

ベロシティマイク

音質はよくなったが感度は低め 歌などは直立不動で行うことが由とされた。東海林太郎風。 指向性は8の字 (マツダ(東芝)ベロシティマイクが有名だがテレビ全盛時代には変わってしまった)

NHK放送博物館へ

コンデンサーマイク(エレクトリックコンデンサーマイク)

ウエストランド学園祭@もと府大

現在でもつかわれる。感度は比較的良くアンプが内蔵されたものも。漫談や漫才などステージにマイクがおかれ使われることが多い。テレビ放送では局マークのほかにSONYの帯がしっかり映り宣伝も兼ねた。基本は8字指向性だが変更可能。(一般用はラジカセなどに採用されたが機器内蔵のためカセット録音のメカ音でALCと相まって、本来の音声を聞きづらくするため、わざと感度を低めたので低感度とのレッテルが張られた。)


ダイナミックマイク(メイン画像)

コンデンサマイクより感度は低いが握って歌うことでハウリングなどのノイズが抑えられる。(歌手に向けての演奏が回り込むことも防げ、歌って踊れることができる)家庭用は無指向性だが単一指向性も可能 口元にマイクを持ってくるので真似すると安価な家庭用では握ったときの音や息がバッバッと入ってしまう。


ワイヤレスマイク

さらに激しく歌って踊ることが要求されたテレビ全盛時代、ついにマイクケーブルがなくなった。また、エレキギターのマイクも右に倣えでより激しい演奏が可能になった。

そしてエレクトリックコンデンサマイクはピン型になり送信部は腰のベルトなどに取り付けニュースアナウンサーもスタジオを動き回るようになった(ニュースショー形式)。ニュース原稿はカメラにプロンプターをつけカメラ目線で読めるようになった。なお通常のニュースは従来形式が使われる。

どつき漫才など動きのある漫才にも使われるが時に送信部を落として事故になることも


微細加工技術による新しいマイク

近年、MEMS(MicroElectroMechanicalSystems)技術により、半導体マイクというものが登場している。

半導体に機械的な構造を作ることができるため、非常に小型であるにもかかわらず、マイクとしての性能が良く、更に音声信号増幅や信号処理を単体で行ったり、普通のマイクではできない苛酷な環境下の音の収録もできるようになっている。


関連イラスト

小道具ゆえ、マイクが大きく描かれた作品は少ない。

マイクのアイコン女の子にマイク使わせてみたヘッドホンとマイクSilence

039DJ FOOLマイクのキャラクター


関連タグ

道具 小道具

音声 機械    歌手 歌う

マイクスタンド(スタンドマイク) ヘッドセット(インカム)

初音ミク VOCALOID  アフレコ

マイクカービィ プリン(ポケモン)


マイクバンキマイクン…マイクをモチーフにしたキャラクター。


人名一覧 名字 愛称 欧州人名の一覧 中東人名の一覧 外国人名

関連記事

親記事

オーディオ おーでぃお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11339190

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました