ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プリン(ポケモン)

ぷりん

ここでは、『ポケットモンスター』シリーズのキャラクター(モンスター)について解説する。
目次 [非表示]

※その他の用法はプリンを参照のこと。


基礎データ編集

全国図鑑No.0039
カントー図鑑No.039
ジョウト図鑑No.044
ホウエン図鑑No.138
イッシュ図鑑No.282
マウンテンカロス図鑑No.120
アローラ図鑑No.168
ヨロイ島図鑑No.012
パルデア図鑑No.060
ローマ字表記Purin
ぶんるいふうせんポケモン
タイプノーマル / フェアリー(第6世代~)
たかさ0.5m
おもさ5.5kg
せいべつ25%♂・75%♀
とくせいメロメロボディ / かちき(第6世代から) / フレンドガード隠れ特性
タマゴグループようせい

各言語版の名称と由来編集

言語名称由来
日本語プリンプリン+プチ+pretty(英語でかわいい)
英語・スペイン語・イタリア語Jigglypuffjiggly(扇情的な)+puff(膨れ)
ドイツ語Pummeluffpummelig(ふっくらした)+fluff(英語で綿毛)
フランス語Rondoudourond(丸っこい)+doudou(ぬいぐるみ)+roudoudou(お菓子の一種)
韓国語푸린日本語名の音写
中国語(簡体字・繁体字)胖丁胖(太っている)+布丁(プリン)
中国語(香港)波波球波(ボール)+球
ロシア語Джигглипафф英語名の音写
ギリシャ語Τζίγκλιπουφ英語名の音写
ヘブライ語ג'יגליפאף英語名の音写
ヒンズー語जिगलीपफ英語名の音写
タイ語พูริน日本語名の音写
リトアニア語Džiglipafas英語名より

進化編集

ふうせん進化

ププリンプリンなつき進化)→プクリンつきのいし


概要編集

赤・緑』(初代)より登場している有名なポケモンの一種で、その外見は一言で言うと耳があるピンク色の球体。とても可愛く愛らしい容姿から、当初はピカチュウピッピと共に「ファンシー御三家」などと扱われた。


名前の由来はそのまんま洋菓子の「プリン」からであり、増田順一氏曰く、プリンのような感触をイメージして名付けたとのこと。

もっとも、洋菓子のプリンも日本に伝えられ普及するまでに原型の「プディング」から様々なアレンジが加えられており、海外版を制作するにあたってはイメージが伝わらず困惑されたらしい。

結果、冒頭に挙げたようにほとんどの言語で「プリン」とは関係の無い名が付けられている。



「ふうせん=風船ポケモン」の分類通り、その身体は柔らかく弾力に富み、大きく息を吸って体を膨らませるとふわふわと風に乗って空中に浮かぶ事ができる。近年の作品では、通常時でも地面を蹴り出した勢いで低空飛行のように移動する姿がよく見られる。


丸く大きくつぶらな瞳で相手を見つめる事で誘い込み、不思議で心地よい子守歌を聴かせて眠らせてしまう。の波長を自在に変える声帯を持っており、12オクターブを超えるその声域で、相手が一番眠くなる波長のを歌える。特に大きく身体を膨らませてから歌う子守歌はいつもより長く、絶対に眠くなってしまう。

プリンの歌で眠らない者はいないと言われ、デパート寝具コーナーには彼女たちの子守唄を収録したCDが売られているほど。その歌の波形は熟睡している時の脳波と同じ形をしているらしい。


このように歌を得意とする種族であるが、上手いかどうかはそれぞれのプリンの努力次第で、生まれた時から自在に歌えるという訳ではない模様。歌の種類は棲む地方によって全然違うようで、中にはシャウトするようなものまであるとか。

また、歌う時は一度も息継ぎをしないので、中々眠らない敵を相手にした時は自らも命がけで、苦しそうな様子を見せる。この事から、歌は本来プリンにとって自衛の手段であった事が窺える。


後に発見された古代の姿と思われる存在とは一見矛盾した生態であるが、あちらも大声による威嚇に声帯を活かせど攻撃力は高くなく、永い時間の中で自衛手段を最適化させてきたと考えれば辻褄は合うだろう。歌は自分すら救っていたのだ。



番外作品やアニメ版への出演も多く、歌ったり転がったりして可愛さをふりまく一方で、しばしば畜生な言動を見せる事もあり桃色の悪魔の一角にも数えられている。

🎤

進化後のような言及は無いものの、同様にきめ細かな体毛が生えているようで、実写映画『名探偵ピカチュウ』では全身がふさふさの毛に覆われた姿で描写されている。


ゲームでの特徴編集

本編系では2021年の『BDSP』まで皆勤賞であり、全ての作品で何らかの出番があった。『青』ではオープニングでもニドリーノに代わりゲンガーと対峙している

しかし、2022年の『LEGENDSアルセウス』には最後まで登場せず、遂に逃している。

ちなみにピッピイーブイは2002年の『RS』で、ピカチュウは2010年の『BW』で出番が途切れており、この種のポケモンとしては最も長く皆勤状態にあった。


前述の設定故、「うたう」の技はプリンの代名詞と扱われている節があり、特に初代ではニビシティポケモンセンターに戦闘に入る事なく披露してくれる個体がいる。『ピカチュウ』ではこの歌を聴くとピカチュウは眠ってしまうという両者の可愛さ溢れる演出まで追加されている。



対戦での評価編集

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
初代1154520252520250
第2世代から1154520452520270
プクリン1407045855045435

※初代では「とくこう」「とくぼう」が「とくしゅ」に纏められていた。


「HP」が突出して高いものの、進化前故に対人戦では特殊ルールの「ファンシーカップ」で考慮される程度であり、それもププリンの登場以降はレギュレーションから外れていた。

しかし、『BW』(第5世代)でアイテム「しんかのきせき」と隠れ特性(夢特性)フレンドガード」が登場した事により、一般的なルール下でも一躍注目の存在となった。

前者で自身の、後者で味方の耐久力を1.5倍にするというのはシンプルに強力であり、後者の仕様上ダブルバトルトリプルバトルに限定されたものの、ガチパ」の一角を成すまでになった。

フレンドガードのプリンってどうやって味方を守ってるの?

火力は無に等しいが、(タマゴ技で)「ほろびのうた」を覚えたので単なる置物でもなかった。特にトリプルバトルでは「滅びパ」が強力であり、そのためのコンボ要員でもあった。「かげふみ」持ちが弱点とするゴーストタイプが無効である点も評価された。

がむしゃら」や「よこどり」を併用する「レベル2プリン」といった派生型も現れた。


後にピッピも、よりステータスの高い「フレンドガード」持ちとなったが、ピッピにはこれらのギミックは扱えなかったため一定の立場は守っている。「トリックルーム」下では、ピッピより低い「すばやさ」は長所ですらあった。


ちなみに「フレンドガード」は進化すると別の特性になってしまい、そちらにはさしたる用途も見つからなかったため、当時のプクリンは進化で弱体化するとか「つきのいし」の無駄遣いとか散々な言われようであった。


XY』(第6世代)ではフェアリータイプを獲得し、ノーマル・フェアリー複合となった。

USUM』(第7世代)では「サイドチェンジ」を習得し個性にさらに磨きをかけている。しかし、トリプルバトルが廃止されており、披露する機会が減ってしまった。


剣盾』(第8世代)の間のみ「じばく」を習得していた。


使用トレーナー編集

ゲーム版編集

※1:『LPLE』

※2:『ポケモンマスターズ


アニメ版編集


漫画版編集


番外作品編集

スマブラシリーズ編集

初代から参戦しているレギュラー。「見た目のよく似た別シリーズの主人公コンパチにできたため」という、大人の事情にも程がある選定理由が語られている。

それ故、毎回のようにリストラ候補になっているそうだが、なんやかんやでこちらでも皆勤状態が続いている


元になったファイターと共に5回の空中ジャンプが可能で、より空中戦に特化する傾向がある。

反面、各ワザの癖が非常に強く、意図的にハンデとしか思えないような欠点も盛られがちなピーキーなファイターとなっている。

詳細はプリン(ファイター)の項目を参照のこと。


ポケモン+ノブナガの野望編集

オイチのパートナーとして登場し、彼女と共にジャケットを飾るなど主役級の扱いを受けている

ただ育てるだけでベストリンクも達成できるので、主役らしく素直なユニット・・・と言いたいところだが、本編以上に「HP」偏重なステータスになっている上に使用技が貧弱な「おうふくビンタ」なので、その道は中々に険しい。


特性は全て本作オリジナルのものになっている。周囲の敵を一定確率でねむり状態にする「はなうた」、周囲の味方の「テンション」を上げる「ムードメーカー」、周囲の味方の「ぼうぎょ」を上げる「おもいやり」と、どれもサポート寄りの効果である。

ちなみに「はなうた」はメリープ系統などが所有する「さいみんオーラ」と同効果、「おもいやり」も本作では物理/特殊を区別しないので実質的に「フレンドガード」と同効果になるのだが、名称が分けられている。

【ポケナガ】 オイチとプリン


ポケモンマスターズ編集

  • コトネ(20シーズン)&プリン
    • 2020年8月に実装。フェアリータイプのアタッカー。攻撃技は「マジカルシャイン」と「じゃれつく」の両刀。バフ技は急所率2段階上昇の「クリティカット+」と技ゲージ回復と同時に攻撃・特攻1段階上昇のトレーナー技「オンステージ!」。

♪


  • 主人公&プリン
    • 報酬で貰えるタマゴから孵化するププリンを主人公のバディにする事が可能で、進化させる事もできる。

アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

プリン「ふくらむ」

  • 落書きプリン
    • CV:かないみか
    • 無印第45話「うたって! プリン!」以降から無印版の様々な場面で登場している個体で、歌を聴かせるのが好きだが、能力のせいでその歌を聞いたものは眠ってしまう。しかし、本人は歌に睡眠効果がある事を自覚しておらず、これを自分の歌が退屈だから寝てしまったと勘違いし、怒ってマイク型油性ペンを取り出し、眠った人やポケモンに落書きをして何処かへと去る(ちなみに、このシーンは実写映画『名探偵ピカチュウ』でもパロられている模様)。歌声はゲームのポケモンセンターで歌うプリンの音をアレンジされたもの。
    • 詳細は当記事にて

  • デカプリン
    • 無印72話でポケモニア遺跡の銅鐸(どうたく)の中から現れた超古代の巨大なプリン。世界を滅ぼしかねない巨大フーディンと巨大ゲンガー(放送当時からしてキョダイマックスではない)の争いを「うたう」で鎮めた。

  • マリナのピンクちゃん
    • CV:冬馬由美
    • 外伝作品『ライコウ雷の伝説』に登場するマリナの手持ちポケモン。使用技は「うたう」、「サイコキネシス」。空気を吸い込んで空を飛ぶことが出来る。ケンタとのバトルでは「うたう」で眠らそうとするも、スピアーの羽音でかき消されてしまい空中戦で戦うものの敗北。
    • DPではオーダイルになったワニワニとダブルパフォーマンスを披露した。なお当時のアニポケではプリンの目は青く描かれているが、このピンクちゃんは緑で描かれている。

  • ミツオダ・リサのプリン
    • AG第138話で登場。ミツオダが娘のリサの為に仕事を休んで山にプリンを探しに来たのだが、捕まえるどころかからかわれて眠らされる始末で、プリンの歌が効かないドゴームをゲットして育てたものの結局ゲットする事はできずにいた。
    • サトシ達と協力し悪戦苦闘の末プリンを眠らせることに成功したが、プリンに情が移ったのかゲットしなかった。
    • しかし、その後プリンの方が彼の家にまで来たので結局一緒に暮らす事になった。

  • ウララのプリン
    • CV:大谷育江
    • アサツキ大会で登場。一次審査でガバイトと共にパフォーマンスを見せた。

  • モナークのプリン
    • XY第80話でポフレマスター・モナークのポケモンとして登場。参加者が作ったポフレを美味しそうに食べていた。

その他

AG15話・180話・191話
XY84話・105話・125話・138話
SM6話・46話・96話・136話・137話・140話
新無印21話(イメージ)・33話・40話・49話・60話・87話
特別編最強メガシンカAct3
短編ピカチュウのなつやすみ
劇場版裂空の訪問者氷空の花束キミにきめた!みんなの物語

ちなみに



アニポケ・リコとロイの旅シリーズ編集

  • 10話ボウルタウンネモのバトルやコルサロイのバトルを見ていた。
  • 35話リコのニャオハロイのホゲータが迷子になってしまったシャインのアノクサの目撃情報をプリンに聞き込みしていたが知らなかった模様。
  • 39話・58話:モブで登場。
  • 43話:服の模様で登場。
  • 46話:テラスタル研修の説明動画でみずタイプにテラスタルした個体が登場。


漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

B浮いた!

  • ブルーのぷりり
    • ブルーの幼馴染ポケモンで、とりポケモンが苦手な彼女の主な飛行要員としても活躍している。
    • ブルーがマスクド・チルドレンとして修行していた頃に仮面の男から「ポケモンにニックネームなど必要ない」と殴られた事がトラウマになって以降、ニックネームで呼べなかったが、レッド達との出会いが切っ掛けに物語が進むにつれてニックネームで呼べるようになった。
    • 第5章でニドちゃんと同時に進化し、プクリンとなった。
  • ブルーのりりり
    • 第13章での新しい手持ち。かつてのぷりりと同じく、身体を風船のように膨らませて飛行手段に利用している。
〈ブルーの手持ち〉
ぷりり (プリン→プクリン♀️)
カメちゃん(ゼニガメカメールカメックス↔️メガカメックス♂️)
メタちゃん (メタモン)
ニドちゃん(ニドラン♀ニドリーナニドクイン♀️)
ピッくん (ピッピピクシー♂️)
ブルー (ブルーグランブル♂️)
ケーちゃん(ケーシィ♀️)
リリリ (プリン♀️)
タッちゃん(タッツー♀️)

  • 11章:ヒオウギシティのポケモントレーナーズスクールE組に通う女子3人組の一人・マユの手持ちとして登場する。

コラボ編集

ポケモン feat. 初音ミク Project VOLTAGE 18 Types/Songs編集

  • ポケモンと初音ミクコラボにおいて、フェアリータイプ枠でプリンが抜擢された。18タイプ中唯一の最終進化を遂げてないポケモンとなったが、これまで述べてきた通り「」との関係が深い種族であり、全国図鑑での番号が39である事を考えれば、この上ない選出と言える。

関連イラスト編集

バルーンラッピングプリンちゃん

ぷ ぷりー!フェアリータイプ


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン ポケモンRGBP ポケモンFRLG ポケモンLPLE

ポケモン一覧 ノーマルタイプ フェアリータイプ

ププリン プクリン サケブシッポ プリン(ファイター)

ファンシー御三家

ProjectVOLTAGE フェアリーミク


0038.キュウコン(アローラキュウコン)→0039.プリン→0040.プクリン


同複合タイプ編集


その他編集

関連記事

親記事

ププリン ぷぷりん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6806268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました