ピクシブ百科事典

プリン(ポケモン)

ぷりん

プリンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.039
ぶんるいふうせんポケモン
タイプノーマル / フェアリー(第六世代より)
たかさ0.5m
おもさ5.5kg
とくせいメロメロボディ / かちき / フレンドガード(隠れ特性)


他言語版の名称

英語Jigglypuff
イタリア語Jigglypuff
スペイン語Jigglypuff
フランス語Rondoudou
ドイツ語Pummeluff


進化

ふうせん進化


ププリンプリン(なつき進化)→プクリン(つきのいし)

概要

初代より登場する有名なポケモンの一体で、その外見は耳があるピンク色の球体。
風船ポケモン」の分類通り、その身体は柔らかく弾力に富み、大きく息を吸って体を膨らませるとふわふわと風に乗って空中に浮かぶ事が出来る。

丸く大きくつぶらな瞳で相手を見つめる事で誘い込み、不思議で心地よい子守歌を聴かせて眠らせてしまう。
の波長を自在に変える声帯を持っており、12オクターブを超えるその声域で、相手が一番眠くなる波長の歌を歌う事が出来る。

特に大きく身体を膨らませてから歌う子守歌はいつもより長く、絶対に眠くなってしまう。
プリンの歌で眠らない者はいないと言われ、デパートの寝具コーナーには彼女たちの子守唄を収録したCDが売られている程。その歌の波形は熟睡している時の脳波と同じ形をしているらしい。

このように歌を得意とする種族であるが、上手いかどうかはそれぞれのプリンの努力次第で、生まれた時から自在に歌えるという訳では無い模様。歌の種類は棲む地方によって全然違う様で、中にはシャウトするようなものまであるとか。
また、歌う時は一度も息継ぎをしないので、中々眠らない敵を相手にした時は自らも命がけで、苦しそうな様子を見せる。この事から、歌は本来プリンにとって自衛の手段であった事が伺える。


第1世代(ピカチュウ版以外)では3番道路に生息するが、草むらに入らなくとも通過できるので、気づかず通りすぎてしまったトレーナーも多いだろう。
進化前のポケモンとしては高い体力と豊富な技、「うたう」の存在により、序盤においてねむり状態の恐ろしさとねむけざましの重要性を教えてくれるポケモン。特に3番道路のミニスカートが使用するプリンは、レベル14と高レベルであることも手伝いかなりの強敵。

相手を眠らせる「うたう」は(ピッピも使えるにもかかわらず)プリンの代名詞となっており、ニビシティのポケモンセンターでもプリンが披露してくれる。

アニメや格闘ゲームに出演し、歌ったり転がったりして可愛さをふりまく一方でピンクの悪魔と呼ばれる事もある。

🎤


ピンク色の全身は進化後同様、きめ細かな体毛なようで、実際、実写映画『名探偵ピカチュウ』では全身がふさふさの毛に覆われた姿で描写されている。

名前の由来はそのまんま洋菓子のプリンからであり、増田順一曰く、プリンのような感触をイメージして名付けたとの事。
その為海外版を制作するにあたり、カスタードプディングと呼ぶ海外側にはプリンと名付けた理由が伝わらなくて困惑したらしい。

ゲーム版における特徴

赤緑から登場している皆勤賞で、全てのソフトで入手可能
剣盾では当初は登場しなかったが、エキスパンションパス第1弾の鎧の孤島で追加された。
(ちなみにピカチュウBWBW2メタモンRSイーブイRSEにおいて、それぞれソフト単体での入手ができない)

フレンドガードのプリンってどうやって味方を守ってるの?


対戦においては第4世代までは進化前なので考慮外だったが、第5世代から「しんかのきせき」と夢特性「フレンドガード」を習得。
前者は耐久を1.5倍にするアイテムであり、進化する可能性があるポケモンのみ効果が発揮される。後者はダブルバトルトリプルバトルで場にいるだけで味方の耐久力を1.5倍にするという強力な特性である。
ちなみにこの特性は進化すると別のもの(おみとおし)になってしまうため、進化させてはいけない…といわれる事も多い。

これによって不遇の塊だった進化後を差し置いて対戦でよく使用される存在という変わった存在となった。
後に、より耐久の高いフレンドガード持ちのピッピも解禁され、汎用性では劣るので活躍の場は狭くなってしまったが、ピッピより低い素早さがトリックルーム下で活きることや自身がほろびのうたを(タマゴ技で)覚えるので差別化は容易であり、トリプルバトルの「滅びパ」では、コンボ要員として生き残っている。

6世代ではフェアリータイプを獲得し、ノーマル/フェアリー複合の系統になった。「かげふみ」持ちが総じて弱点とするゴーストタイプ無効は大きく、7世代USUMではサイドチェンジを習得し個性にさらに磨きがかかっている。
しかし、他のフレンドガード持ちも同様だが6世代でトリプルバトルが廃止されたのは残念だろう。

8世代剣盾ではDLC「鎧の孤島」で登場。じばくを新たに習得した。

【ポケナガ】 オイチとプリン


ポケナガにおいてはオイチの(ベストリンク)パートナーとなっており、同ゲームのジャケットを飾っている。

アニメ版におけるプリン

無印第44話で登場して以来、無印版の様々な場面で登場した。声優はかないみか
最初はまともに歌えなかったものの、タケシに喉の薬になる果物を食べさせてもらって意外にあっさりと歌えるようになった。
歌を聴かせるのが好きだが、能力のせいでその歌を聞いたものは眠ってしまう
これを自分の歌が退屈だから寝てしまったと勘違いし、怒ってマイク型油性ペンを取り出し、眠った人やポケモンに落書きをして去る(ちなみに、このシーンは実写映画『名探偵ピカチュウ』でもパロられている模様)。

初めてサトシ達に遭遇し、歌えるようになって以降は、旅を続けるサトシ達の行く先々をまるで付け回す様に現れ、歌って(特に注目が集まったところで披露する)は周辺にいる全員を眠らせて怒り、顔に落書きして去っていく…というパターンが無印版のお約束となっており、また落書きもだんだん凝ったものになっていく。(作中でもタケシが言及し、感心している)

歌声はゲームのポケモンセンターで歌うプリンの音をアレンジされたもの。
使えるわざは「はたく」、「おうふくビンタ」、「うたう」。
怒るとかなり怖いようで、一度マイクペンを盗まれた時、犯人をおうふくビンタでボコボコにしていた。

AG編の39話にて久しぶりに登場。カラクリ大王の迷路にてサトシやハルカ達に歌を聴かせ、やっぱり眠らせてしまい怒るも、トレーナーのアキナのゴニョニョだけは、ぼうおんの特性を持っていた事で楽しそうに歌を聴いてくれたのに喜び、仲良くなっている。
しかし、ロケット団とのバトルをした後は、元から疲れて眠っていたのを自分の歌を聴いて眠ったと勘違いし、結局は怒って落書きする事に…。この話を最後に姿を見せなくなったが、BW編第4期ED「みてみて☆こっちっち」で久しぶりに登場した。このエンディングの実写では女性アイドルグループももいろクローバーZのメンバーがポケモンに扮していたがプリンはピンク担当の佐々木彩夏が扮していた。

その後の行方は全く分からなかったが、『ポケットモンスター サン&ムーン』第42話の「カントーでアローラ!タケシとカスミ!!」にてなんと14年ぶりに再登場。どうやらカントーに戻って、オーキド博士の研究所の庭で居候していた模様。
ロケット団がキテルグマに回収された後に残った巨大メカの残骸の中から現れ、プリンのかわいさに興奮するマオ、スイレン、リーリエに対し、プリンの歌を聴くと眠ってしまい落書きされることを知っているサトシたちは慌てて呼び止めようとするも、全員プリンの歌で眠ってしまう。そして怒ったプリンは全員の顔に落書きし去っていった(ヒトデマンは、水晶部分に☆を描かれていた)。

続く43話でアローラスクール組が帰国の途に着く飛行機の尾翼に眠っている姿があった。
大方の予想通りそのままアローラに上陸したようで、45話ではとあるカラオケルームで歌っていた。
第56話ではロケット団とキテルグマの前で歌を披露し、彼らを眠らせた(何気にキテルグマの初敗北ともいえる)。だが最初から眠っているネッコアラには通用せず、落書きしようとしてもことごとくかわされたが、逆に落書きされたことで仲良くなった。
第96話にも登場。ジジーロンに対して歌っていたが、眠らせてしまっていたため落書きをしていた。

外伝作品「ライコウ 雷の伝説」ではマリナの手持ちポケモンとして登場。ニックネームは「ピンクちゃん」。声は冬馬由美が担当。使用技は「うたう」、「サイコキネシス」。

大乱闘スマッシュブラザーズ

初代の隠しファイター枠、所謂準レギュラー枠で登場。

初代スマブラメンバーの中では唯一主役ポジションに該当しないファイターのため、ディレクターの桜井政博氏曰く「出すかどうかは毎回最後まで迷う」とのこと。
なんだかんだでシリーズ皆勤賞であり、原作では影が薄くなっても『スマブラ』では依然として存在感を放ち続けている。今では『スマブラ』には欠かせないキャラクターの一人として、確固たる地位を築いている。
また、初代スマブラメンバーの中で唯一英語版と日本語版で呼び名が違うファイターである。

カービィと同様に空中ジャンプが5回できる能力を持ち、空中を自由に行動できる。高い空中機動のおかげで復帰阻止の影響を受けにくく、逆の立場では復帰阻止を行いやすい(どころかうまくいけば画面外まで運べてしまう)ため崖外での攻防にも強い。

プリンの代名詞といっても過言ではないのが下必殺ワザの「ねむる」。
一見するとプリンが寝るだけのただの挑発技に見えるが、実は使うとプリンが眠る瞬間に自身の中心に向かってピンポイントで強烈な攻撃判定が発生する。
そのため、相手が弱っていて尚且つ大きな隙ができたときに、相手の頭上に移動して「ねむる」を使用することで、場外へ強烈な勢いで吹っ飛ばすことが可能。
ただし技名の通りに一定時間プリンが眠ってしまうため、使用した場合の隙は大きいので多用は禁物。

ふうせんポケモンである故か、マルスの通常必殺ワザやクッパの下必殺ワザのようなシールド破壊能力が高いワザをシールドで受け止めるとめると、上に吹き飛んで0%で撃墜されてしまう。

特に『初代』では上記の欠点を強調して開発者側直々に「もっとも弱いキャラ」と言われるなど、『ストリートファイター』シリーズのダンのような意図的に弱くされたキャラとして説明されていた。
使いこなすまでに苦労するキャラクターであるが、『スマブラ』自体キャラを愛した分だけ強くなるというスルメ要素の強いゲームである。「それでもプリンが好きだ!」という人は、ぜひ使い込んでみよう。

カラーバリエーションはピカチュウと同様にアクセサリーで区別される。
『初代』では赤・青・緑のリボン、『DX』ではハイビスカス、青いリボン、緑色のハチマキ、ピーチと同じデザインの王冠。
『X』以降ではハイビスカス、リーフの帽子、麦わら帽子、スリープカービィ風のナースキャップ。『for』以降ではそれらに加えてピンク色のリボン、『X・Y』のポケセンおねえさんの帽子、セレナの帽子が用意されている。

スマブラ64

ボタンワザ一覧
Bはたく
↑Bうたう
↓Bねむる

初代のみ、体つきが似ているカービィのモーションを多く流用していた。

その一方で、優れた空中での機動力と空中攻撃を駆使した独特の挙動や、一撃必殺の「ねむる」の存在により、単なる弱いキャラでは終わらない側面も持っている。

カラーバリエーションはピカチュウの三角帽子と同様に、3色のリボンが付くものになっている。

スマブラDX

ボタンワザ一覧
Bころがる
→Bはたく
↑Bうたう
↓Bねむる

公式最弱キャラの座をピチューに明け渡し、この作品から空中戦特化型としての個性が強調されるようになる。
新たな通常必殺ワザとして「ころがる」が追加され、「はたく」は横必殺ワザになった。
「ころがる」は溜めた時間に応じて威力が増していくが、逆に溜めが足りないと攻撃判定が発生せず、大きなスキを晒してしまう。
ワンパターン補正にもよるが「ねむる」のふっとばし力が凄まじく、ダメージがほとんど溜まっていない相手をいきなり撃墜することも可能。この「ねむる」の存在と、異常な判定を持つ空後を始めとする空中性能、復帰が難しい本作において復帰難度が低めといった要素により、コンセプトとはうって変わって強キャラの地位にまで上り詰めている。
同様の理由で、イベント戦などの一人プレイにおいてもとても便利なキャラとなっている。

ピカチュウと同様、カラーによって異なるアクセサリーが付くようになった。『DX』ではハイビスカス、青いリボン、緑色のハチマキ、ピーチ王冠の5種類。

スマブラX

ボタンワザ一覧
Bころがる
→Bはたく
↑Bうたう
↓Bねむる
切りふだおおきくなる


トゥーンリンクウルフと同様にギリギリで参戦が決定したため、亜空の使者のシナリオには登場せず、出現条件が一転して厳しいものになり、トーナメントモードなどにおける並び順は31番目となっている。
コア層からの評価は高かった前作から一転し、全体的に火力が大幅に下げられるなどして当初のコンセプト通り本作の最弱キャラとして認識される事が多い。

新たに最後の切りふだおおきくなる」が追加。画面いっぱいに膨らんだ後、風圧で周りのものを吹き飛ばす。この時、チーム戦の味方も吹っ飛ばされるので注意。戦場などの足場が小さいステージでは強力だが、75mなどの全体が広いステージでは効果が薄め。
また、このおおきくなる、スマブラオリジナルワザなのだが、後に本編にて似たようなシステムが導入される事になる。

スマブラfor

ボタンワザ一覧
Bころがる
→Bはたく
↑Bうたう
↓Bねむる
切りふだおおきくなる

個々のワザ自体の性能は微強化されているものの前作から評価はあまり変わっておらず、Ver.1.1.1におけるシールドの仕様変更も追い打ちをかけ、今作においても最弱と評されている。
もっとも、空中機動を生かした独特な立ち回りに思わぬ敗北を喫したプレイヤーも多い。
また、WiiU版ではシリーズで初めて最初から使用可能なキャラクターとなった。

カラーバリエーションにリボン(ピンク色)が復活した他、新たに『X・Y』のポケセンおねえさんの帽子、セレナの帽子が加わっている。

スマブラSP


ボタンワザ一覧
Bころがる
→Bはたく
↑Bうたう
↓Bねむる
切りふだおおきくなる
楽曲『ポケモンセンター(ポケットモンスター赤・緑(X))』
『SP』でも無事続投。久々にアニメに登場したことに合わせてか、表情もアニメに若干近くなり久しぶりに声が新規収録された。
つかみ攻撃が蹴り攻撃に変化したりとモーションがほぼ変化している。
空中の機動力が強化された他に必殺ワザの隙が小さくなった。またカービィのモーションの差別化のためか性能は変わらないが一部のワザのモーションは別物になっている。後空中攻撃でマルスなどのように振り向くようになった。
また、「おおきくなる」の仕様が変更され、風圧と無差別攻撃の変わりにさらに巨大化して2回目の攻撃を行うようになった。

オンライン対戦では使用率はかなり高めで空中の機動力強化が功を奏した事でコンボと妨害がシリーズ最高レベルに登り詰め、最弱キャラから脱した。
空中の機動力を活かして持続判定の長い攻撃がより当てやすくなり、タイマンでも戦えるほどに成長した。それを利用したねむるの即死コンボはとくに有名で上手くコンボを決めれば短期戦で決着を付けられるのも夢じゃない。ほぼ全ての必殺ワザも基本的に隙の減少と性能強化で実戦で使えるぐらいに昇華されている。空中戦が苦手なゼルダミェンミェン。妨害に弱いクロムホムラ/ヒカリ、上撃墜が弱いジョーカーには有利に戦える。

ただ軽さは今まで通りなので強い攻撃には要注意。当然、飛び道具はないのでルフレ勇者、攻撃力とリーチの長いガノンドロフアイクには注意。

勝ちあがり乱闘「64オールスターズ」は初代スマブラに参戦した12体を相手にする。ウルフリヒターしずえも似たようなテーマが決められていることから、プリンのルートもまた初代組の中で一番大きい番号が付いていることから設定されたものと思われる。
ベヨネッタテリーと同様に通常のボスキャラクターが一切登場せず、最後は初代スマブラの1人用ゲームに登場した「ジャイアントドンキーコング」と戦うことになる。

ポケットモンスターシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
08ピカチュウ64
12プリン64
19ピチューDX
24ミュウツーDX
33/34/35ポケモントレーナー(ゼニガメ/フシギソウ/リザードン)X
41ルカリオX
50ゲッコウガfor
69ガオガエンSP

11.キャプテン・ファルコン12.プリン→13.ピーチ(デイジー)


関連イラスト

バルーンラッピング
039


ぷ ぷりー!
ふわふわ



関連タグ

ポケモン RGBP FRLG
ポケモン一覧 ノーマルタイプ フェアリータイプ

ピンク仲間
ピッピ(ポケモン) ピクシー(ポケモン) ラッキー ハピナス

プリン:タグとしてはこちらが多い。
プリン違い:お菓子のプリンとのコラボタグ。

カービィ ピンクの悪魔

関連記事

親記事

ププリン ぷぷりん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プリン(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3174524

コメント