ピクシブ百科事典

ルリリ

るりり

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.298
ホウエン図鑑No.054
新ホウエン図鑑No.055
シンオウ図鑑No.124
新イッシュ図鑑No030
セントラルカロス図鑑No.041
ぶんるいみずたまポケモン
タイプノーマル / フェアリー
たかさ0.2m
おもさ2.0kg
とくせいあついしぼう / ちからもち


他言語版の名称

英語 Azurill
イタリア語Azurill
スペイン語Azurill
フランス語Azurill
ドイツ語 Azurill


進化

ルリリマリル (なついている状態でレベルアップ)→ マリルリ(Lv.18)

○o。.水玉.。o○



概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。

懐くとマリルに進化するポケモン。
マリルorマリルリに「うしおのおこう」を持たせてタマゴを産ませると産まれる。
進化後と違い、みずタイプではなくノーマルタイプを持つ(XY以降フェアリータイプは共通)。
また両手が存在しないため、アニメ的にも漫画的にも絵的にも今一つ動かしにくい。

公式絵の表情は、キャプション画のように今にも泣きそうな困り顔をしている。
ベイビィポケモンなだけあって臆病なのだろうか(戦闘時のグラフィックでは笑顔であることが多い)。

野生下では主に水辺に生息し、晴れた日に水遊びすることを好む。
尻尾の球には成長に必要な栄養素が詰まっており、非常に弾力性に富む。これを使って跳ねる方が歩くより速いらしい。マリル同様に浮き袋としての役割も果たす。
また、ハンマーの要領で体を振り回す事で長い距離を移動する事ができるようで、最高記録は10m(なお、ルリリ自身の大きさはカービィと同じぐらいである)。
敵に出会うと尻尾を使って戦うが、何分栄養が豊富なので弱点にもなりそうである…。

面倒くさいだけでこれといったメリットが存在しないと不評なベイビィポケモンではあるのだが、XYで野生出現していることにはちゃんとした意味があったりする。なんと、3V保証である。
ちなみに遺伝技はマリルのほうが使い勝手の良いものが揃っているので、捕まえたルリリを懐かせて進化させると高個体値狙いも捗りやすい。
剣盾の追加コンテンツ「鎧の孤島」にルリリ系統が内定しているが、本作は進化前の技を進化しても基本的に思い出せる仕様上、ルリリとマリルの覚えられる遺伝技の格差は無くなっている。

性転換について

B2W2までは、♀のルリリはマリルに進化すると♂になる場合がある。
これは性別の比率が違う為であり、割合的に♀の3匹に1匹位が進化の際に性転換する事になる。
バグや設定ミスではなくれっきとした仕様らしいが、他のポケモンにはそんな事は起こらないのにルリリに限って起こる上に具体的な理由付けもない時点でどう考えたってバグである。
初登場から約10年経ったXYでようやく性転換しないように仕様変更された。

怪奇! ポケモン性転換



ポケダン

探検隊では序盤のロリープが出るあたりと、エンディング後のクレセリアに出会うあたりでマリルと兄弟という設定でストーリーに関わってくる。
マグナゲートではマリルリが役回りを持ったことでルリリも登場できている。ルリリは初登場が『ルビー・サファイア』以前なので地味に皆勤賞。

関連イラスト

ルリリ
あれれ?しっぽが急に重くなった


力持ちネタがこれ↓

続・全力で戦う!
安価絵51



関連タグ

マリル マリルリ

関連記事

親記事

フェアリータイプ ふぇありーたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルリリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 726961

コメント