ピクシブ百科事典

トゲピー

とげぴー

トゲピーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.175
英語名Togepi
ぶんるいはりたまポケモン
タイプノーマルフェアリー(第6世代)
たかさ0.3m
おもさ1.5kg
とくせいはりきり / てんのめぐみ / きょううん(隠れ特性)

進化

トゲピートゲチックなつき進化) → トゲキッス(「ひかりのいし」を使用)

大空へ向かって


概要

初登場はポケットモンスター 金・銀(第2世代)。
名前の由来はツンツンした頭部から『棘』のもじり、もしくは棘+happy(英:幸福)と思われる。

タマゴの殻からそのまま飛び出てきたようなポケモン。
優しくすると幸運を分け与えてくれるなどの言い伝えがあり、幸せのシンボルとされている。

野生出現は非常に稀で、主にイベントで入手するタマゴを孵化させることでゲットできる。
なお進化させないとタマゴを産めないので育成の際は注意が必要。

『金・銀・クリスタル』においては、主人公がウツギ博士からお使いを頼まれて初めて手にするタマゴから孵る。
HGSS』においては役割が少々変わり、『主人公が伝説のポケモンに認められた証』とされている。

スマブラでのトゲピー

DX以降』以降に登場。
モンスターボールから登場すると、「ゆびをふる」で周囲に様々な影響を及ぼす。

ポケモンGOでのトゲピー

金銀組実装第一弾として、ピチューなどと共に2016年12月13日に実装された。
原作に準拠しタマゴ限定種族となっている。

当然進化形トゲチックは野生で出現するのだが、いかんせん低出現率の上に被捕獲率が異常に低い
かといってトゲピーも数あるタマゴの中の1匹なのでかなり運が絡む。
こいつのアメを集めるのは相当なまでに苦労する。手に入ったら連れ歩くのも一考だろう。

アニポケでのトゲピー

カスミのトゲピー

(CV:こおろぎさとみ
「チョッギプリィィィィィィィィイ!」
無印編にてサトシが発見した卵から生まれた。
孵化した時はサトシ・タケシ・カスミ・ロケット団のニャースの四人で争奪戦になった。結果はサトシの優勝であったが、生まれて初めて見た人間であるカスミを親だと思い込み、彼女のポケモンになる。その為ピカチュウが唯一のパパ役となる。
以降はモンスターボールに入ることはなく、常にカスミの胸元に抱かれ旅を共にしていた。
第2世代ポケモンの中では、第1話(テレビ東京系列ならば1997年4月1日)に登場したホウオウの次にアニメでの登場が早いポケモンである。
当時はノーマルタイプだったが、第6世代からはフェアリータイプになったことから史上初のフェアリータイプのレギュラーポケモンとなっている(後付けではあるが)。

プリンにいたずら書きをされても喜ぶほど純粋無垢で、好奇心旺盛である。幼さゆえにトラブルメーカーになる事も多い。
特徴的な鳴き声はしばしばネタにされる。
ちなみにこの鳴き声は「自分の名前を言いたいけど、まだちゃんと言えない」というスタッフの指示で、演じたこおろぎ氏が試行錯誤した結果、このような鳴き声になったという。
赤ん坊のためまだ十分に戦えないが、たまに「ゆびをふる」を使って敵を撃退することがある。
技を使い出した当初は誰もそのことに気付いていなかったが、カスミは徐々にその能力を心得るようになった。
ポケモンAGではカスミと共に再登場したが、トゲチックに進化し、カスミの手元を離れた。

史上最悪のトゲピー

史上最悪のトゲピーを参照。

ポケスペでのトゲピー

ポケットモンスター☆Specialの主人公の一人・ゴールドの手持ちポケモンとしても登場。
ウツギ博士から預かったタマゴから孵化した(親はミカンのトゲキッス)。
ゴールドの性格を色濃く受け継いだためか、目つきが鋭く、趣味はゲームやギャンブルという不良まっしぐらである。得意技はすてみタックルと、戦い方も攻撃的。
マンタイン加入時に手持ちから外され、それ以来ここ一番の戦いでは補欠になっていたが、 第9章終盤でゴールドが心を開いたことで一気にトゲチックトゲキッスに進化した。進化しても相変わらず目つきが悪い。

関連イラスト

ぴかさんた
ポケバンド(2009)



関連タグ

ポケモン GSC HGSS
フェアリータイプ カスミ ウツギ博士

pixivに投稿された作品 pixivで「トゲピー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 706440

コメント