ピクシブ百科事典

没ポケモン

ぼつぽけもん

没ポケモンとは、製作途中で不採用となった、製品化されたソフトでは姿を見ることができないポケモン達のことである。
目次[非表示]

概要

没ポケモンとは、ゲーム「ポケットモンスター」シリーズにおいて、となったポケモンのこと。
当時の記事や資料、イベントなどで姿を見ることは出来たものの、製品版には登場していないポケモンである。

一口に「没ポケモン」と言っても
・製品版では名前が変更されたポケモン
・製品版ではデザインが変更されたポケモン
・製品版で名前も姿も変更されたが、デザインの一部やコンセプトなど「名残り」が残っているポケモン
・後のシリーズに登場したポケモンの「原案」となった可能性のあるポケモン
・そもそも製品版には跡形も残っていないポケモン
・・・など、扱いは様々。

ネット上では主に、「赤/緑」「金/銀」時代の没ポケモンが知られている。
特に「ポケットモンスター金銀」では、一度出来上がったソフトを一から再設計しなおした為、大量の没ポケモンが生まれており、その中には当時の御三家も含まれている。

なお、「ポケットモンスター ルビー・サファイア」以降は没ポケモンが公開されることはほとんど無くなった。

代表的な没ポケモン達

ハッパ ホノオグマ クルスク

ジョウト御三家の没御三家

ハッパ
頭に大きな葉っぱが付いているのが特徴。容姿はチコリータに似ているため、名前と設定が若干変化したものと考えられる。チコリータは「はっぱポケモン」のため、分類に没になった名前が使用されている。
使用技は「すいとる」。なお、チコリータは「すいとる」を覚えられない。
ホノオグマ
ライチュウのような容姿で、体が燃えているポケモン。
使用技は「ほのお」。製品版には存在しないワザである。
クルス
色は白っぽく、甲羅をとったラプラスのような容姿をしている。


アチャモ没案

ホウエン御三家の一匹で現在のアチャモと比べると
没案は頭部の髪飾りの形状と位置が異なる

ラティアス&バシャーモの原型?

僕らのご先祖様

 
ラティアスの体にバシャーモの腕と足が付いたポケモン
これが分離してラティアスとバシャーモとして正式採用されたと思われる

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「没ポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10225

コメント