ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムクホーク

むくほーく

ムクホークとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(ポケモン)の一種である。
目次 [非表示]

No.398 ムクホーク

基礎データ編集

全国図鑑No.0398
シンオウ図鑑No.012
コーストカロス図鑑No.101
ヒスイ図鑑No.014
パルデア図鑑No.099
ローマ字表記Mukuhawk
ぶんるいもうきんポケモン
タイプノーマル/ひこう
たかさ1.2m
おもさ24.9kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいいかく / すてみ(隠れ特性)
タマゴグループひこう

各言語版での名称と由来編集

言語名称由来
日本語ムクホークムクドリ+hawk(英語でタカ)
英語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語Staraptorstarling(ムクドリ)+raptor(猛禽)
フランス語Etouraptorétourneau(ムクドリ)+raptor(英語で猛禽)
韓国語찌르호크찌르레기(ムクドリ)+hawk(英語でタカ)
中国語(簡体字)姆克鹰日本語名の音写+鹰(鷹)
中国語(繁体字)姆克鷹日本語名の音写+鷹

進化編集

ムックルムクバード(Lv.14) → ムクホーク(Lv.34)

ムクファイト


ポケモン図鑑編集

ダイヤモンド・プラチナ・BW

じぶんの からだが きずつこうとも こうげきを やめなくなった。

とさかの かたちを きにしている。


パール

つばさと あしの きんにくが つよく ちいさな ポケモンを

つかんだまま らくらくと とぶことが できる。


HGSS

ムクホークに なると むれから はなれて 1ぴきで

いきていく。 きょうじんな つばさを もっている。



概要編集

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』(第4世代)に初登場したポケモン

名前の由来は恐らく「ムク(椋鳥<むくどり>)+ホーク(ホーク<hawk>:英語で「」)」。英名の「Staraptor」もそのまんまStarling(ムクドリ)+Raptor(猛禽類)から。

ムクバードLv34で進化することが出来る。


第4世代における序盤鳥(序盤にゲットできる鳥ポケモン)の最終進化形。

だが同じ立ち位置のピジョットオオスバメ等と違い、優れた種族値や優秀な技、更に便利な特性「いかく」を持ち、終盤や対戦においても切り込み役として十分に役立つ優秀なポケモンである。

DP発売と同時に放送開始したアニポケDP編では第1話から登場を果たし、これで存在を知ったという人も多いのではないのだろうか。


いきなり"ムクドリ"から、猛禽ポケモンと分類される通り"タカ"に進化してしまったが、からタコになったものやピラニアからサメになったものなどの例があるポケモンの世界では、日常茶飯事でありツッコミを入れる方が野暮である。

ちなみに後輩のに、コマドリハヤブサに、クジャクにとそれぞれ見事な進化を遂げた。


進化したことで全体的に大型化し、頭の鶏冠も大きくなり、前方に垂れ下がっている。また進化前の二形態と違って鋭い眼光となった。体色は全的的に黒色灰色をメインとしている。鶏冠の先は赤色で、黄色。嘴の先は黒。

の違いがあり、雄は模様が広く、雌はこの模様が狭くなっている。

色違いは全体的に薄い配色となり、灰色の毛部分は茶色に近く、鶏冠の先の色が赤から水色になっている。


猛禽類らしく小さなポケモンを抱えて飛べるだけの怪力を有するが、『LEGENDSアルセウス』では巨漢を運べるほどの力を持っていることが判明する。間違いなく、コイツは現代のシンオウの空の王者と呼んで差し支えない。


「ピィーーーーッ!!」と勇ましく高い鳴き声を発するが、第6世代以降は鳴き声に調整が入り、よりリアルな鳥らしさが増したが賛否両論である。


勇ましく自分が傷つこうとも戦いをやめない性質を反映してか「インファイト」、「ブレイブバード」、「いのちがけ」、「すてみタックル」といった技を覚える。

第9世代では「アクロバット」を覚えるあたり、器用な飛び方もできるらしい。


ポケモンレンジャーシリーズではそらをとぶ要員として登場し、BDSPでも同様の役割で登場するが、BDSPで手を貸してくれる個体はキャプチャしたわけでもゲットしたわけでもない野生の個体である。

ムクホークは野生で出現しないポケモンのためやや違和感のある設定だが、Lv.34を超えるムクバード自体はおくりのいずみなどで出現することがあるため、主人公の前に現れないだけで野生のムクホークもどこかにはいるのかもしれない。


生息環境編集

長らく本筋シリーズでは野生出現しておらず、『LEGENDSアルセウス』で野生出現するようになった。

シンジ湖、隠れ泉への道といった崖のある環境、オバケワラのような海岸、果ては森の台所といった森林にも生息する姿が見られる。ただし、現代のシンオウでは野生出現しない。

一方で寒冷地はワシボンヒスイウォーグルのテリトリーだからか生息していない。

こちらを視認すると襲い掛かってくるほどの凶暴さを見せるが、上空を飛んでいる個体に危険性は見られない。


パルデア地方でも同様であり、険しい南3番エリアや魚ポケモンが多数住むオージャの湖に生息する。

これらの状況から察するに哺乳類型、昆虫型、魚型のポケモンを襲うと推察される。


ポケモンレンジャーの舞台では様々な環境に生息する。

アルミア地方ではチコレのこみちやビエンのもりなどの森林、崖の上に建つレンジャーユニオン、アンヘルパークのような公園、火山近くのボイルランド、寒冷地であるヒアバレー、乾燥地帯であるハルバさばくともはやムックル以上に広範囲の環境に適応している。


オブリビア地方ではポケモンナッパーズに捕えられた為に姿を見せていなかったが、開放するとむせんきち、ココナむら、タルガのいえ、ドンツキみさき、ミロンダかいどう、ソピアナかいどう、オブリビアいせき、シクレレのせきひとこれまた広範囲に出現…以外にも空中では遭遇しない。

また、ライウンじまに出現しない理由は作中で説明されており、雷雲をムクホークが乗り越えられない為であり、上位互換であるラティ兄妹でないと島に突入できない。


以上のことから言えるのはムクホークは環境適応力が高く、ポケモンレンジャーが活躍する地方では広範囲に生息するということ。事実として作中ではポケモンレンジャーの飛行手段としてよく用いられている。


ゲーム上の特徴編集

種族値

HP こうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
85120705060(『BW2』以前は50)100485(『BW2』以前は475)

前述した通り高性能なステータスを持っている。

こうげき120、すばやさ100とアタッカーとして十分な高さがあり、合計種族値は低いがHP85と特性「いかく」のおかげで物理面も多少は耐えられるようになっている。

その反面とくこう50とかなり割り切った低めの数値となっている。このおかげでかなり無駄がない。

とくぼうは当初50だったが、『XY』から60に上がった。


進化と同時にかくとうタイプ威力120という大技インファイト」を自力で覚えることでプレイヤーのド肝を抜いたポケモン。それでいてかくとうタイプにはならないという(7年後16年後かくとう・ひこう複合ポケモンが登場した)。

かくとうとひこうの相性補完は非常に良く(両方を半減以下にできるのはノーマルロトムストリンダーアローラライチュウでんきひこうでんきフェアリー複合組はがねゴースト複合組のみ)、迂闊に受け出しができない。

ひこう技もひこう技でムックル発表時に共に紹介されたブレイブバード」(威力120)をこれもまた自力で習得でき、持ち前のこうげきと合わさることで物凄い打点を誇る。


基本は上記「ブレイブバード」「インファイト」で構成すると良い。

サブとしてはもう1つのタイプ一致にしてでんきタイプにも通るおんがえし」・「すてみタックルのどちらかを選び、苦手な相手や役目が終わった際の帰還用のとんぼがえり、という構成が単純かつ強力。

アイテムは「こだわりスカーフ」や「こだわりハチマキ」が人気。

その他タイプ一致先制技でんこうせっかや散り際の一撃にがむしゃらいのちがけも良い。

また、特性「いかく」を利用し物理技を受け流す戦法も取れる。この場合「はねやすめ」「フェザーダンス」などが便利。

地味に「いのちがけ」を持つ一般ポケモン(レーティング使用可能なポケモン)の中でHP種族値が1位であった(第8世代までの全ポケモン中ビクティニが1位、ムクホークは2位)。第9世代時点では、一般ポケモンの中で3位(コノヨザルが1位、ミガルーサが2位)。


第5世代以降追加された隠れ特性は「すてみ」。これまでのような「いかく」撒きこそできなくなるものの、「ブレイブバード」や「すてみタックル」の威力が上乗せされる。

その威力はケッキングの「すてみタックル」と5%程度の差しかない凄まじい破壊力。

耐久無振りのエレキブル程度なら「すてみタックル」一撃で返り討ちにしてしまう。

これによりアタッカーに特化する場合こちらの特性の方がより出力に期待できる。

当然の如く耐久面は更に紙になるので注意。特性で火力補強できる分スカーフは扱いやすくなるが……

なお勘違いされやすいが「すてみ」で「インファイト」の威力は上がらないので注意。


これだけ攻撃面が優秀な反面、反動技が多いことや「いかく」を含めても耐久が心許ないことから、居座って戦うのはやや苦手な、典型的なアタッカータイプである。

一応上記の通り「フェザーダンス」もありHPが存外高いのでできないわけではないが、特殊耐久を上げる手段は「ないしょばなし」くらい。第9世代では新たにむしのていこうを習得したため一応特殊耐久を上げる手段は増えた。・・・むし?(理由としてBDSPのはかいこうせんであったわざマシン15を覚える設定が残ったままという説がある。もし正しければこいつ同じ事情である。)

仕事をさせるだけさせてすかさず退場できるかどうかが腕の見せ所と言えるだろう。

対処法としては事前に「ステルスロック」を撒く事や「いかく」発動後であれば「こおりのつぶて」等の先制技で落とすのが有効。

また育成に労力や時間かかるという一面もある。上記「すてみタックル」は遺伝技だが、普通に遺伝させようと思うとトゲチックないしトゲキッス経由でしかできずトゲピーではタマゴを産まない)、しかもなつき進化であるため手間がかかるので注意が必要。

旧作教え技や旧作技マシンを使ってもよいが1回限りなので非常に悩みどころ。

更に第5世代ではムックルの特性に「すてみ」がなかったため、ムックルのままでは判別できず、かつ進化させて「すてみ」になるムックルを預けても生まれた子供に「すてみ」(に進化する個体)は遺伝しないという非常にややこしい仕様があった。

第6世代以降ムックルの隠れ特性も無事「すてみ」になったことで解消されたが、別のポケモン似た現象が起きてしまった。

第9世代であれば「すてみタックル」が技マシン化しとくせいパッチが出現した事から隠れ特性と習得する技の難易度もかなり緩和している。


とはいえ使い勝手が良いことには変わりなく、登場当初からノーマル・ひこう複合中最強との声も多い。

また、単純な強さだけでなく猛禽類特有の鋭い顔つきや垂れ下がったトサカがリーゼントっぽくてかっこいいと見た目においても人気がある。雄々しいのでファンからオスメス関係なく、よくイケメンと呼ばれている。

以後、同タイプの鳥ポケモンたちも各々差別化こそはされているものの、やはりムクホーク程は使われてはいないようだ(第五世代まで同タイプだったトゲキッスは例外)。

今後は如何にムクホークに出来ない役割をこなせるかが同タイプ達の課題となるだろう。

第6世代では「ブレイブバード」を先制技として撃てるファイアローが大暴れしたが、こちらはタイプがほのお・ひこうであり自身の立ち位置が揺らいだわけではない。


  • DPのRTAでは加入時期がゲーム最序盤でセーブ&リセットしなくとも乱数を制御しやすく乱数個体を用意しやすい事から、ムックルチャートなるものがある。主力自力技の習得時期も早いこと、「おんがえし」を一致で放てる点も利点。自身が「そらをとぶ」要員になるが、どの道「そらをとぶ」要員を捕獲しなければならないため、そういう意味で実質的に御三家チャートとは個体を用意する所要時間が変わらない。2024年2月上旬にはAny% Glitchlessで世界記録に肉薄するタイムを叩き出した。

使用トレーナー編集

ゲーム版

※1:ポケモンマスターズのバディでもある。

※2:HGSS強化版

※3:BW2・PWT

※4:テラスタルする。

※5:『彼』と言っていることから雄である


アニメ版


漫画版



番外作品編集

ポケモンGO編集

  • 2018年10月17日に満を持して実装と相成った。予想通り攻撃力が高く、最大CPも2800台と序盤鳥の最終進化系では破格の数値を持っている。ただし低めの防御も原作譲りであり、耐久はそこまででもないので過信は禁物。本作には特性がないので、「いかく」で相手の攻撃を下げる常套手段が使えないのもややネックか。
  • 通常技に発生の早いつばさでうつ」「でんこうせっか」「すなかけ(2024年3月追加)」、ゲージ技に原作のこいつを象徴する「ブレイブバード」「インファイト」を揃える。また残りのゲージ技はねっぷうで、同作に物理特殊の区別がないためこの技も高い出力で使うことができる。特に、インファイトを覚えさせておけば、でんきタイプを除くこちらの弱点を突いてくるタイプ(+ひこう技ではダメージを与えにくいはがねタイプも)に対抗できるためお勧め。
  • 当初はゲージ技がどれもフルゲージかつ威力が低いものになっており、攻撃が高い分やや物足りない性能となっていた。しかし、2020年7月28日に、GOバトルリーグシーズン3の開幕に合わせて、主力技の「ブレイブバード」の威力が90→130へと引き上げられたことで一気に強化された。ただし、「ブレイブバード」はトレーナーバトルでは使用すると反動で防御力が一気に三段階も低下してしまい、ムクホーク自身の耐久の低さも相俟って非常に扱いづらい。ジム・レイド戦では特にデメリットなしで放てるため、どちらかといえば活躍の主体はこちらにになるだろう。
  • 2022年7月17日開催のコミュニティ・デイでは限定の通常技として「かぜおこし」を習得できるようになった。発生は遅いがゲージ技発動に必要なエネルギーが貯まりやすい技となっており、耐久性の低いムクホークにとっては一長一短といったところ。その代わり、ジム・レイドではメガ伝説を除きNo.1の火力を出せるようになった。なお、PvP要因で活躍させるならば自身の低耐久とも相まって「つばさでうつ」を採用するトレーナーが多い。故に現在はジム・レイド用という扱いに落ち着いている。
  • なお、ムックル系統が「かぜおこし」を覚えられるようになったのは第8世代の作品『LEGENDSアルセウス』からであり、当時の最新作の設定を拾った形になっている(過去には似た例としてレントラーの「サイコファング」があった)。これ以降、しばらくの間、コミュニティ・デイの限定技は第8世代初出の技がピックアップされるようになり、ある意味で大きな転換点になったイベントと言えるかもしれない。
  • また、上記にもある通り2024年3月に「すなかけ」を新規習得した。こちらは単発威力こそ低いが、硬直が「つばさでうつ」の半分で、ひこうタイプに耐性を持つ相手に弱点を突けるようになった。
    • 逆に言えば、この系統を使用してくるGOロケット団のしたっぱに対しジバコイル等を出すとすなかけでゴリゴリ削られてしまうので、ゲージ技を撃って隙を作らなければならなくなる。

ポケモンレンジャー編集

ポケモンレンジャーバトナージにて、トップレンジャーになるとムクホークで「そらをとぶ」が使用できるようになる。また、トップレンジャー・ハーブのパートナーであり、「空飛ぶレンジャー」と呼ばれている。


ポケナガ編集

ムネシゲ(ブショー進化後)のベストパートナー。

原作譲りの突撃を得意とし、ひこうタイプゆえにフィールド上を自由に動け、広範囲に攻撃できる「ブレイブバード」が持ち技。

ただし同技を使うと反動で次のターン移動が殆どできなくなる。リンク値が100%であればこれがなくなるのでベストな状態で使いたい。


アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

〈レギュラーの手持ち〉

ぼくらグッド・コンビネーション!


〈ゲストなど〉

  • DP1話
    • ナナカマド研究所でムックルと一緒に進化の研究用に飼われているポケモン。ポッチャマ達が暴れた際、ポッチャマの「バブルこうせん」が命中して暴れだし研究所から飛び出すが、外に逃げたヒコザルを連れ戻している。

  • レイジのムクホーク
    • DP66話で登場。サトシとのバトルではいきなり「ブレイブバード」を出し、かわそうとするピカチュウを巻き込んで大ダメージを与える。しかし、落下しながらの「ボルテッカー」と反動ダメージが重なり倒れた。

  • ジュンのムクホーク
    • DP101話で登場。サトシとのバトルではヒコザルに敗れ、こうてつ島ではギンガ団相手に戦うが相手のゴルバットの攻撃に歯が立たず敗れる。

  • DP72話
    • ポケモンレンジャーのハジメがキャプチャしたポケモンでポケモンハンターJによって飛空挺から落とされたサトシを救った。

  • オルニスのムクホーク
    • XY77話でポケモンスカイリレーに参加したオルニスのポケモンで登場し第二走者を担当。


放課後のブレス編集


漫画版編集

ポケットモンスターSPECIAL編集

  • 7章ではフトマキ博士とパールを拐った野生の個体と、上級SHITAPPAの手持ちでも登場。
  • 8章ではコクランの手持ちとして登場
  • 4章においてセンリが飛行要員であったフライゴンミツルに譲っており、13章でセンリの新たな飛行要員としてムクホークを手持ちに加えている。

DP物語編集

ジュンの手持ちで登場


『トライアドベンチャー』編集

主人公の一人であるトキの手持ちである「クルル」が登場。バトルや飛行要員として活躍する。



関連イラスト編集

ブレイブバードムクホーク

ヒカリのてっぺき青木&姆克鹰


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン DPt BDSP

ポケモン一覧 ノーマルタイプ ひこうタイプ

鳥ポケモン ムックル ムクバード


0397.ムクバード0398.ムクホーク→0399.ビッパ


序盤鳥・最終進化(+α)編集


同複合タイプ編集


ポケモン関連編集



その他編集

関連記事

親記事

ムクバード むくばーど

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2933192

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました