ピクシブ百科事典

ムクホーク

むくほーく

ムクホークとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]
No.398 ムクホーク


基礎データ

全国図鑑No.398
ぶんるいもうきんポケモン
タイプノーマル/ひこう
たかさ1.2m
おもさ24.9kg
とくせいいかく / すてみ(隠れ特性)


※いかく:バトルに出てきた時、相手の「こうげき」を1段階下げる(バトル時)
     手持ちの先頭にいるとレベルの低い野生のポケモンと合いにくくなる(フィールド時)

※すてみ:攻撃して自分も反動を受けるタイプの技の「いりょく」が1.2倍になる

他言語版の名称

英語 Staraptor
イタリア語Staraptor
スペイン語Staraptor
フランス語Etouraptor
ドイツ語 Staraptor


進化

ムックルムクバード(Lv.14) → ムクホーク(Lv.34)

ムクファイト



ポケモン図鑑

ダイヤモンド・プラチナ・BW
じぶんの からだが きずつこうとも こうげきを やめなくなった。
とさかの かたちを きにしている。

パール
つばさと あしの きんにくが つよく ちいさな ポケモンを
つかんだまま らくらくと とぶことが できる。

HGSS
ムクホークに なると むれから はなれて 1ぴきで 
いきていく。 きょうじんな つばさを もっている。

概要

『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』(第4世代)に初登場したポケモン
名前の由来は恐らく「ムク(椋鳥<むくどり>)+ホーク(ホーク<hawk>:英語で「」)」
ムクバードLv34で進化することが出来る。

第4世代における序盤鳥(序盤にゲットできる鳥ポケモン)の最終進化系。
だが同じ立ち位置のピジョットオオスバメと違い、優れた種族値や習得できる技の使い勝手が良いので、終盤でも十分切り込み役として役立つ優秀なポケモンである。

いきなり"ムクドリ"から"タカ"に進化してしまったが、からタコになったものやピラニアからサメになったものなどの例があるポケモンの世界では、日常茶飯事でツッコミを入れる方が野暮である。
また後輩のも見事にに、コマドリも見事にハヤブサになった。

容姿

に近い姿をしたポケモン。進化したことで全体的に大型化し、頭の鶏冠も大きくなり、前方に垂れ下がっている。また進化前の二形態と違って鋭い眼光となった。

体色は全的的に黒色灰色をメインとしている。
鶏冠の先は赤色で、黄色。嘴の先は黒。

の違いがあり、"雄"は模様が広く、"雌"はこの模様が狭くなっている。

色違いは全体的に薄い配色となり、灰色の毛部分は茶色に近く、鶏冠の先の色が赤から水色になっている。

ゲーム上の特徴

種族値

HP こうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
85120705050(→60)100



前述した通り高性能なステータスを持っている。
攻撃120、素早さ100とアタッカーとして十分な高さがあり、合計種族値は低いがHP85と特性「いかく」のおかげで物理面も多少は耐えられるようになっている。
その反面特防50とかなり割り切った低めの数値となっているが、特防を捨てている分無駄がないとも言われたりはする。
ちなみに第六世代では地味にこの特防が10上昇している。

進化と同時に格闘技のインファイトを覚える事でプレイヤーのド肝を抜いたポケモン。
格闘技と飛行技の相性補完は非常に良く(両方を半減以下にできるのはノーマルロトムギルガルドアローラライチュウ電気飛行複合程度)、この技と前述の高い速攻性能のせいで非常に受けづらいポケモンとなっている。

基本は主力技であるブレイブバード「インファイト」で構成すると良い。
そして、電気などに通るタイプ一致のおんがえし」・「すてみタックルのどちらかを選び、苦手な相手や役目が終わった際の帰還用のとんぼがえり
その他の候補としてはタスキ潰し用にでんこうせっかや散り際の一撃にがむしゃらいのちがけも良い。

また、「いかく」を利用した物理流しもなかなか優秀である。
その際はフェザーダンス」や「はねやすめを有効活用すべき。

このような使い勝手の良さからノーマル・飛行タイプの鳥ポケモンでは最強との声も多い。
また、単純な強さだけでなく猛禽類特有の鋭い顔つきや垂れ下がったトサカがリーゼントっぽくてかっこいいと見た目でも人気がある。
以後、同タイプの鳥ポケモンたちも各々差別化こそはされているものの、やはりムクホーク程は使われてはいないようだ。(鳥ではないが、特殊アタッカーとして優秀な性能を誇る第五世代までのトゲキッスは例外)

今後は如何にムクホークに出来ない役割をこなせるかが同タイプ達の課題となるだろう。
第六世代では「ブレイブバード」を先制技として撃てるファイアローが人気を集めているが、こちらはタイプが炎・飛行であり攻撃範囲が違うため差別化は気にしなくていい。

反動技が多いことに加えて耐久が低いので、居座り続けることは難しい。
特殊は言うまでもなく、物理の方も特性「いかく」を過信するのも禁物。
また「すてみタックル」は遺伝技だが、遺伝させるには入手困難なトゲピートゲチックに進化させてレベル45まで上げるか、GBA版の教え技を経由するしかなく、かなりの手間がかかってしまうので注意が必要。

隠れ特性は「すてみ」。これまでのような「いかく」撒きこそできなくなるものの、「ブレイブバード」や「すてみタックル」の威力が上乗せされ、より特攻隊員(とくこうの方ではない)として扱いやすくなる。
その威力はケッキングの「すてみタックル」と5%程度の差しかない凄まじい破壊力。
耐久無振りのエレキブル程度なら「すてみタックル」一撃で返り討ちにしてしまう。
当然の如く耐久面は更に紙になるのは注意。特性で火力補強できる分スカーフは扱いやすくなるが…。

第6世代では進化系統揃って隠れ特性が「すてみ」であり、「すてみムックル」なんてダジャレもできる。
しかし、第5世代ではムックルの時点では特性が「するどいめ」のままで、ムクバードに進化するまで隠れ特性を遺伝したかどうかが分からなかった
どちらの特性であるかは親にした時の特性遺伝の方にも関わってくるので結構重要。
無駄に両方とも優秀な特性であるので、目当ての個体を進化させて特性不一致だった場合の割り切れなさも来る所が過去にはあった。

なお、第四世代のポケモンの中では数少ない現存する全てのボールでオシャボ厳選が可能なポケモンである(一部通常特性のみの制約こそあるものの)。
通常ならガンテツボールサファリボールに収めると相手に隠れ特性持ちでない事がバレてしまうのがネックだが、ムクホークの場合通常特性がどっちにしろボールに出た瞬間勝手に発動するものなので実質対戦ではデメリット無しなのも大きい。

主な使用ポケモントレーナー


関連イラスト

ブレイブバード
ムクホーク


ヒカリのてっぺき



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ノーマルタイプ ひこうタイプ DPt シンオウ 
ピジョット オニドリル ドードリオ ヨルノズク オオスバメ ケンホロウ ウォーグル

pixivに投稿された作品 pixivで「ムクホーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 942983

コメント