ピクシブ百科事典

コミュニティ・デイ

こみゅにてぃでい

スマートフォン向けゲームアプリ『ポケモンGO』のイベントの1つ。正式名称は『PokémonGO コミュニティ・デイ』。
目次[非表示]

概要

サービス開始からおよそ1年半が経過した、2018年1月から導入された、マンスリーイベント。

ルビーくんがポケGOやってたら多分こう


内容は、特定のポケモンの出現率が大幅に上がるというもの。
これだけ聞くとサービス開始当初から行われている色々なイベントの焼き直しかと思われてしまうが、実際はそうではなく、他のイベントにはない独自の趣向が凝らされている。

イベントの特徴

以下にイベントの特徴を、通常の出現率アップイベントとの相違点を交えながら解説する。

対象となるのは1種類のポケモンのみ

フシギダネの準備


通常、『ポケモンGO』で行われる出現率アップのイベントは、「ほのおタイプとこおりタイプのポケモン」や「犬をモチーフとしたポケモンたち」など、複数のポケモンが対象となっていることが多い(生誕記念イベントのピカチュウのような例外はあるが)。
対して、「コミュニティ・デイ」では出現率がアップするのは特定の1種類のポケモンのみであり、今のところ2種類以上のポケモンの出現率が上がったケースは存在していない。

なお、御三家のように通常では捕獲成功率が低めに設定されているポケモンでも、イベント中は捕獲率に上方修正がかけられ、通常より捕まえやすくなる

開催時間が決まっている

おおむね1週間程度を目安に行われる通常のイベントとは違い、「コミュニティ・デイ」は開催時間が3時間のみ(日本時間では12:00~15:00まで)。ただし、何かしら不具合が発生した場合は延長などの特別措置が取られることもあるので、念のため公式Twitter等もこまめにチェックしておいた方が良い。
この限られた時間内で少しでも多くのポケモンを捕まえなければならないので、このイベントはまさに時間との戦いになる。そのため、効率的にポケモンを捕まえるとなると場所の選定や入念なアイテムの準備等(後述)が必要となってくる。

進化させると特別な技を習得できる

本イベントの最も重要な要素の1つ。
イベント開催期間中に限り、対象となっているポケモンを進化させるとこのイベント限定の特別な技を習得できる(一応、野生出現する最終進化系も必ず特別な技を覚えるようになっている。遭遇できるかどうかはさておき)。なお、進化させるポケモンはイベント前にあらかじめ入手しておいた個体であっても問題はない。
注意点として、イベント開催前に既に進化させてあったポケモンにわざマシンを使っても、特別な技を習得させることはできない必ずイベント中に進化させる必要がある
また、もう1つ注意すべき点として、(バグなのか仕様なのかは不明だが)GPSの電波の届かないところで進化させたところ、特別な技を習得できなかったというケースが多数報告されている。ポケモンを進化させる時には、念のため電波の届きの良い場所に移動してから行うようにしよう。なお、現在はTwitter公式アカウントもこれに関する注意書きを載せている

色違いの出現率アップ

ミニリュウ達


通常、色違いは(タマゴからの孵化も含めて)滅多なことでは出現せず、そう簡単に出会えるものではないのだが、イベント期間中は色違いの出現率にも大幅な上方補正が掛けられ普段以上に遭遇しやすくなる
このため、色違いの入手・コンプも目指しているコレクターにとっては、こちらも非常に重要な要素となってくる。当然、個体値の色違いを捕まえることも(理論上は)あり得る
ちなみに、ピカチュウ系統以外はすべてこのコミュニティ・デイに合わせる形で色違いが実装されている。

その他

上に挙げた以外にも、ゲット時に獲得できるほしのすなの量やXP(経験値)が増えるタマゴの孵化に要する距離が短縮されるといった様々な特典が設けられることが多い(そして、これに合わせてスペシャルボックスが発売されるのもお決まりになりつつある)。
また、フィールドリサーチの実装後は、イベント限定の特別なタスクが設定されるようにもなった(内容は、大量沸きの対象となっているポケモンを3匹捕まえるというもの)。

当日までに準備しておくこと

アイテムの準備

ポケモンを大量に捕まえなければならないので、ボール系統のアイテムを一定数確保しておくことは勿論だが、それに加えて自分の目的に合わせてアイテムを用意しておくことが望ましい。
たとえば、アメの獲得を最優先に狙うのであればパイルの実、ほしのすなの獲得量を少しでも増やしたいのであれば「ほしのかけら」、XPを稼ぎたいのであれば「しあわせたまご」を予め買いだめしておく等である。ただし、木の実以外は当日発売されるスペシャルボックスにも一定数がセットで入っていることが多いため、資金に余裕があるならその時に確保するのも手ではある。

場所の選定

ポケモンはポケストップの周辺に出現しやすいため、場所を選定する際にはポケストップの数ができるだけ多い場所(公立公園の周辺など)がおススメされている。ルアーモジュールがセッティングされていればさらにたくさんの個体を呼び寄せることができたり、ある程度アイテムを補充しながらイベントをこなしていくことができるといった別のメリットもある。

自分の近場でこの条件に合致する場所がないか、予め下調べしておくのが良いだろう。

個体厳選

イベント限定の特別な技は、既存の技よりも高火力を叩き出せるものが多い。
どうせなら少しでも強力な個体に覚えさせた方が、ジム戦やレイドでは活躍してくれる。
イベントの前から、卵をかえしたり、フィールドリサーチのタスクを利用するなどして少しでも強力な個体を厳選しておこう。

開催内容一覧

2018年

日付時間対象ポケモン特別なわざ備考
1月20日12:00~15:00ピカチュウなみのり色違いが出現率アップ
2月24日12:00~18:00 ミニリュウりゅうせいぐん色違いが初実装され出現率もアップ
3月25日12:00~15:00フシギダネハードプラント初の日曜日開催。色違いが初実装され出現率もアップ
4月15日12:00~16:00 メリープりゅうのはどう色違いが初実装され出現率もアップ、イベント限定タスクが初実装
5月19日12:00~15:00ヒトカゲブラストバーン色違いが初実装され出現率もアップ、アクセス障害発生も時間延長なし
6月16日12:00~17:00 ヨーギラスうちおとす通常技がイベント限定技に初選出、色違いが初実装され出現率もアップ
7月8日(予定)ゼニガメ?ハイドロカノン?
8月11日(予定)ラルトス?マジカルリーフ?


当初は他のイベント同様15:00までの予定だったが、アクセス障害が発生したため時間が延長された。しかし延長された事が十分に伝わらなかったユーザーも多く批判が多かった。4月15日のコミュニティデイでも不具合が多発したため、1時間延長された。6月16日のイベントでもアジア太平洋地域で大規模なアクセス障害が発生し、2時間の延長がなされたが、今回で延長の告知がようやく初めてゲーム内で行われることとなった。延長時間中もアクセス障害は収まらなかったが更なる時間延長はされなかった。

問題点・課題等

上記の開催概要を見てもらえればわかるように、特にレアポケモンが対象となった際には大規模な通信トラブルが発生してユーザーが満足にプレイすることができず、結果として時間が延長されるという事態が毎度の如く発生している。

これは、通常では殆ど目にする機会のないレアポケモンを少しでも多く入手しようと、世界中のプレイヤーがアクセスしようと殺到した結果、サーバーがパンクしてしまったためである(所謂サバ落ち)。特にヨーギラスが対象となった際には結果的に不具合の完全解消には至らず、イベント終了後も終日にわたってネットワークエラーが頻発する等、サーバーに大きな負荷がかかっていた実態が浮き彫りとなった。

プレイヤー側からはサーバーの増強等、毎度の如く対策を求める声が上がっているものの、一向に事態は進展しておらず、対策を野放しにしているNiantic運営に対する批判の声は大きい。

また、サーバーに負荷がかかる原因として、開催時間が3時間と短すぎること指摘されている。
サバ落ちが発生して時間延長するくらいなら、最初からもう少し長めに時間を取ってユーザーにゆとりをもって行動してもらえれば、こうした事態は防げるはずだという意見もある。

時間延長措置についても延長分のプレイ時間が取れない、バッテリー・体力が保てない等の理由で補償の恩恵に与れない人も多くいる。
また、6月16日の障害発生時までゲーム内でアナウンスされなかったため延長されることに気づかなかったプレイヤーも多いなど対応は不十分であった。

関連項目

ポケモンGO 大量発生

pixivに投稿された作品 pixivで「コミュニティ・デイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14711

コメント