ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミジュマル

みじゅまる

ミジュマル(Oshawott)とは、『ポケットモンスター』に登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0501
イッシュ図鑑No.007
ヒスイ図鑑No.007
ブルーベリー図鑑No.206
ローマ字表記Mijumaru
ぶんるいラッコポケモン
タイプみず
たかさ0.5m
おもさ5.9kg
せいべつ87.5%♂・12.5%♀
特性げきりゅう:自身のHPが1/3以下になった時、みずタイプの技の威力が1.5倍になる
隠れ特性シェルアーマー:相手の攻撃が急所に当たらなくなる
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

英語Oshawott
スペイン語
イタリア語
ポーランド語
フランス語Moustillon
ドイツ語Ottaro
韓国語수댕이
中国語水水獭

進化

ミジュマルフタチマル(Lv.17) → ダイケンキ(Lv.36)

501&502&503(フタチマルの日16’)


リージョンフォーム

ミジュマル→フタチマル(Lv.17)→ヒスイダイケンキ(ヒスイ地方でLv.36)

※通常種と進化条件は同じ。

歪みの主が現れた!


概要

第5世代『ポケットモンスター ブラック・ホワイトから初登場するポケモン。

名前の由来は、おそらく「ミジュ(<>または<未熟>の両方をかけている)+マル(<牛若丸>のように武家の幼名などで用いられる名前の一部)」


『ブラック・ホワイト』及び『ブラック2・ホワイト2』、『LEGENDSアルセウス』で最初に選ぶ三匹のポケモンの内の一匹。

モチーフはラッコ


お腹の貝殻のような物体は「ホタチ」(恐らく「帆立」の「太刀」で「帆太刀」)といい、なんと取り外し可能で爪と同じ成分で出来ている。

アニメではオーラを発して剣にも盾にもなる謎の万能アイテムである。

ちなみにデザイナー杉森氏によると、ホタチは「(ミジュマルの)体から染み出るカルシウム成分。それが鎧や兜になっていくという裏設定」らしい(『オトナファミ』11年3月号による)。

ドッコラーと合わせて初代以来の武器を持ったポケモンである。


知能もそれなりに高く、人が砥石を使う様を見てホタチを手入れする技術を得たようで、フタチマルになってからも手入れは欠かさない。

逆に人間側もミジュマル族から学びを得る事もあり、フタチマルのホタチを二刀流する様を見たとある人物は剣術の参考にしたとされる。


泳ぎ方は現実のラッコよろしく背泳ぎだが、潜水する際には他のポケモンと同様に泳ぐ。


『ブラック・ホワイト』の公式イラストではへの字口であまり表情がないような姿をしており、初情報公開時はよくネタキャラ扱いされていた。しかしアニメやゲーム中のドットなどの情報が公開されるにつれ、そのかわいらしさに惹かれる者も増えていった模様。

『ブラック2・ホワイト2』の以降の公式イラストは笑顔で描かれていることも多い。


ゲームでの特徴

BWBW2



XY

  • BWなどから連れてくる必要がある。

オメガルビー・アルファサファイア


SMUSUM

  • 『SM』で、金曜日にポニ島で島スキャンを行うと「ポニの原野」にダイケンキが出現する。

剣盾/BDSP

  • 未登場。

LEGENDSアルセウス


スカーレット・バイオレット



性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ミジュマル555545634545308

水御三家比較

水御三家HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ゼニガメ444865506443314
ワニノコ506564444843314
ミズゴロウ507050505040310
ポッチャマ535153615640314
ケロマツ415640624471314
アシマリ505454665640320
メッソン504040704070310
クワッス556545504550310


使用トレーナー

ゲーム版

※1 ツタージャ・ポカブとの3択

※2 ポケモンマスターズのバディー

※3 主人公がツタージャを選んだ場合

※4 主人公がミジュマルを選んだ場合

※5 モクロー・ヒノアラシとの3択


アニメ版


漫画版

  • ベルポケスペ
  • アララギパパ(ポケスペ)
  • ソロ(トライアドベンチャー)
  • タケオ(ポケモンバトルストーリーズ)
  • アラタ(ポケモンB2・W2 ~新たなる伝説~)

番外作品

ポケモンマスターズ

  • トウヤ&ミジュマル
    • 2019年9月24日に実装。条件を満たせば進化させる事が可能。
    • 優秀な物理アタッカー向けのサポートで、自身の残りHPが少ないほど味方全体のこうげきを上げる(最小で3段階、最大で6段階)ことができるトレーナー技「ひとりじゃない!」は2手で味方全体のこうげきを最大まで上げられる優れもので、ゲージの重い強力な技を使うアタッカーのためすばやさを上げるどうぐ「スピーダーG」の存在も魅力。
    • 実装からしばらくの間はバディストーンボードが拡張されず、急所率を上げられないこともあってフヨウ&ヨノワールに遅れをとっていたが、待ち侘びたバディストーンボードの拡張で一気に大躍進を遂げる。バディストーンボードではひんしになるほどのダメージを受けてもHPを1残して耐えるスキル「無傷時こらえる」や「スピーダーG」に自身の回避率を上げる効果がつき、自らの耐久・居座り性能が強化されたばかりか元から優秀だった「ひとりじゃない!」に追加で味方全体の急所率を2段階とぼうぎょを1段階上げる効果がついた。
    • これにより2手で味方全体のこうげきと急所率を最大まで上げられるという物理アタッカーのサポートとしては最適解とも言える破格の性能に化け、目の上のたんこぶであったフヨウ&ヨノワールを一気に飛び越して高難易度のステージに引っ張りだこに。
    • 上記の強化によりチームスキル「イッシュ」、「イッシュの冒険」の補正が乗る上にファンデッキとしても魅力的なN&ゼクロムはもちろん、同じ「イッシュ」のチームスキルが乗る上に「素早さ↑分B技威力上昇」ですばやさが上がっているほどバディーズわざが強力になるトウコ&エンブオーマジコスギーマ&サメハダーカミツレ&ゼブライカなどとも相性抜群となり、様々な編成で活躍できるようになった。

ポケモン不思議のダンジョン


ポケパーク2

  • 最初に冒険するポートエリアの出身。エリアマスターのダイケンキの依頼で「ポケモンがいなくなる事件」を調べていたところ、ウィッシュパークに辿り着き、ピカチュウと合流し、仲間として行動を共にすることになる。
  • アニメとは声こそ同じだが内面が大きく違い、生真面目でさっぱりした性格。事件を一人で解決しようとする勇敢な所があるが少し向こう見ずな所もある。ただ一人称が「オレ」なのはアニメと同じ。
  • 固有のスキルとして水上移動が可能。作中で使える技は「みずてっぽう」と「シェルブレード」。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉

みじゅぅ


〈ライバルやゲストなど〉


  • ミジュカ
    • BW 126話にて、サトシのミジュマルが一目惚れした♀️のミジュマル。サトシのミジュマルはホタチキング決定戦で優勝しサトシと別れ島に残ることになったが、既にミジュカはフタチマルのシーザーと付き合っていたためそのショックでホタチが割れ優勝剥奪。結局、サトシと旅を続けることになった。

  • 新無印編
    • モブとして至る所に登場する。作画監督である山崎玲愛の担当回では必ずと言って良い程隠れミ◯キーならぬ隠れミジュマルが登場している
    • 新無印106話・119話・121話・126話でのWebラジオ画面がロケットに乗ってるミジュマルになっている。

その他

BW109話・120話(イメージ)
SM43話・86話・95話・146話
新無印30話・46話(冒頭)・60話・99話・119話・121話

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • アンのミジュマル
    • 第1話からリコのルームメイトであるアンのパートナーで登場。リコのニャオハ同様、学園から貰ったポケモンで、リコにとってもニャオハにとっても初めてのバトル相手でもある。
    • 3話以降ではアンと共にリモートで登場している。

ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮



漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

アララギ父子はそれぞれイッシュ御三家を手元にいたのだが、イッシュ図鑑所有者の1人・ラクツのフタチマルはそもそもどちらからでもない為、歴代で初めて研究所出身でない御三家がパートナーになっている(エメラルドジュカイン、12章においての彼女マフォクシーは波乱万丈の末に最終進化してからようやく手持ちになったが、それでもキモリフォッコ時代から描かれてるのに対し、ラクツのフタチマルにはミジュマル時代すらない)。


  • ベルのミジュマル
    • 性別は♂。チェレンと同じく、アララギ博士(娘)から譲り受けた。ポカ・ツタージャの仲裁役でもある。
    • 怒ると顔色が変わり、白目を向いてホタチを振り回して攻撃する。机や本などを切るほどの破壊力で相性の悪いツタージャにも引けを取らない。ベルとは違い律儀な性格。
    • サンヨウジムではラッシュを掛けた後、激怒してポッドのバオップを倒すが、直後にデントのヤナップにホタチを破壊されて倒れた。しかし、ブラックのポカが持ってきたヤナップのハーブを食べてツタージャと共に回復し、ベル達を勝利へと導いた。
    • なお、原作ゲームでは主人公がツタージャを選んだ場合にベルがミジュマルを選ぶのだが、ポケスペでは主人公ブラックがポカブを選び、ベルとチェレンが逆になっている。
    • 11章では墜落するプラズマフリゲートの激突で炎上するNの城にいるポケモン達を守るためにホワイトのあまんだ・チェレンのジャノビー・ヒュウのツタージャ・ブラックのブオウ・バンジロウのチャオブー・N(代理ファイツ)のぶぶちゃん・アララギ博士(父)のダイケンキ・ラクツのフタチマルによる「ちかい」の9体合体技で鎮火を行った。

  • アララギ父のミジュマル
    • アララギ父が研究していた御三家の1匹だが、本編1年前にNの手によって逃がされてしまうも唯一アララギ父の手元へと戻った個体。現在はダイケンキに最終進化している。
    • 結局戻らなかった2匹は実は、ホワイトの元で女優になったぶぶちゃんとNについていき10章でホワイトの手持ちとなるあまんだである。

トライアドベンチャー

    • 終盤にて主人公達の仲間となったイッシュ御三家。主人公の一人であるソロと共に行動するも、よくソロにホタチをぶつけている。


余談

pixiv内での扱い

可愛い系のイラストの投稿が主流だが、微妙な公式絵・穴久保版『ポケットモンスター』でHな扱いからスケベな性格として描かれる事も。

また、全国図鑑のナンバーやアニメでの声優・たまらッコのことで、ストライクウィッチーズ宮藤芳佳と関連させることもある。


ラッコがイタチ科に属するため、イタチポケモン扱いされることもあるが、ラッコがイタチ科であるという事実があまり認知されていないこともあってかこの扱いも浸透していない。


アンケート

Twitterが選ぶ御三家総選挙人気投票THEアンケートではイッシュ部門一位にランクイン。


ポケモンローカルActs

  • なんと「みえ応援ポケモン」に抜擢された。今までの応援ポケモンはカントー地方のポケモンに限られており、他地方のポケモンが登場するのはミジュマルが初。恐らく三重=みじゅうから抜擢されたと思われる。

中の人

上記の通り『ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』のPVで小清水亜美がミジュマル役を務めたことから、新旧のプリキュア主人公がミジュマルを演じたという非常に稀な現象が発生した。

キュアハッピーキュアメロディ


また続編のXYだとシトロンの手持ちとなったハリマロン生天目仁美さんである(セレナの母親、スマブラのミジュマルの声も担当)。 すなわち新旧初心者用ポケモンを新旧プリキュアで継続した事になる。(ミジュマル→星空みゆき/キュアハッピー、ハリマロン→相田マナ/キュアハート) 偶然にしては出来過ぎている…。

なおアニメのハリマロンだが、ミジュマル同様かなり食いしん坊な性格である。
バトンタッチミジュ マロンWWW

ハッピーとハートドキドキしようよ!


関連イラスト

ミジュマルミジュ

じゅじゅミジュ?ミジュマルのシェルブレード!


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン BW BW2

ポケモン一覧 パートナーポケモン ポケモン御三家

みずタイプ たまらッコ

フタチマル ダイケンキ ヒスイダイケンキ


0500.エンブオー0501.ミジュマル→0502.フタチマル


イッシュ御三家・初期形態


ヒスイ御三家・初期形態


水御三家・初期形態


同みず単タイプ


関連ポケモン等


ポケモンローカルActs




他の記事言語

Oshawott

関連記事

親記事

イッシュ御三家 いっしゅごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17471336

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました