ピクシブ百科事典

ケロマツ

けろまつ

ケロマツとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。みずタイプ。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.656
ぶんるいあわがえるポケモン
タイプみず
たかさ0.3m
おもさ7.0kg
とくせいげきりゅう、へんげんじざい


他言語版での名称

英語 Froakie
イタリア語Froakie
スペイン語Froakie
フランス語Grenousse
ドイツ語 Froxy


進化

舌マフラーをどうぞ


ケロマツゲコガシラ(Lv.16) → ゲッコウガ(Lv.36)

概要

ビルの3階の高さまでジャンプすることができる、身軽なポケモン。
胸と背中から出ている泡は弾力があり、相手の攻撃から身を守る。
相手の顔に向かって飛ばすことで、視界を奪ったりすることも。
ぼんやりしているように見えるが、それは見せかけ。
実は抜け目なく、周囲の様子をうかがっているのだ!

ポケットモンスター X・Y』(第6世代)で初登場したポケモン。
ゲーム中で一番最初に入手出来る3匹のポケモン、いわゆる"御三家"のうちの1匹である。
決してケツマロではない。

容姿

水色の身体に白いファー的なものを巻いたカエルの姿をしている。
最終進化系のゲッコウガの片鱗か、技のモーションは何処と無く忍者ぽい物が多い。

ケロマツ。


ケロマツ(とその進化系)は、ポケパルレやアニメで上の絵のような糸目になる。この糸目の状態が可愛いと言う人も多い。

御三家でカエルモチーフのポケモンが採用されるのは、カントー御三家のフシギダネ以来となる。
また、歴代御三家ではたかさが30㎝と最も低い。(最もたかさが高いのはチコリータでケロマツの3倍の90㎝)

元ネタは恐らくモリアオガエル。名前はアオガエルだがケロマツと違ってBlueではなく、緑を意味する方の青である。このモリアオガエルは産卵し終えると、体から出る粘液を攪拌する事で泡を作り出して卵を乾燥から守る。ケロマツがあわがえるポケモンだと分類されるのもそこから来たのだろう。

主な使用トレーナー

主人公がハリマロンを選んだ場合。

主人公がフォッコを選んだ場合。

アニメのケロマツ

サトシのケロマツ


CV:うえだゆうじ

XY編1話から登場。性別は♂。
元はプラターヌ博士の研究所にいた初心者用のポケモン。しかし、何度もトレーナーたちから研究所に返された過去を持つ。この理由は後にゴジカから語られる。

見ず知らずのサトシピカチュウロケット団の攻撃から助け、ユリーカを泣かせたヤヤコマを懲らしめようと自ら買って出るなど、人情味あふれる性格。
しかし、強くなることを目指して他者の招きを断り、群れることすら嫌って孤高を貫いてきており、周囲の同族を敵に回すことが多かった。
それでも「ポケモンのみでは真に強くなれない」ということを徐々に悟り、以降はトレーナーを見る目を養いつつ、自分の力を限界まで引き上げる者が現れるまで奇行を繰り返していた。

そんな中、ポケモンに親身になるサトシの行動と言葉に心を打たれ、彼こそが自分を高みに昇らせる存在だと確信。自らのモンスターボールを渡して、旅に同行することを選んだ。「科学者から貰った初心者用ポケ」という点ではミジュマルに続いて二匹目。

はぐれケロマツGET!!



アニメでは首の泡は「ケロムース」と呼ばれており、「技」ではないポケモン自身の特徴であるため、「カウンター」や「ミラーコート」では反射できないという利点がある。攻撃力もないので、相手を傷つけず足止めすることもできれば、その強い粘度で落下してきた対象物をクッションとして受け止めることもでき、固めて形を整え身代わり人形のようにもできるなど、非常に汎用性が高い。
ちなみに10話では、フォッコの尻尾の毛並みを整えるのにも使われた(ムースだからか?)。

普段の糸目と中の人の関係から、サトシと別れて久しいこの人を連想するファンも多いとか。

関連イラスト

XY楽しみ!



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ ポケモンXY カロス御三家 ケツマロ

カロス御三家
くさタイプハリマロン
ほのおタイプフォッコ

他の地方のみずタイプ御三家
カントーゼニガメ
ジョウトワニノコ
ホウエンミズゴロウ
シンオウポッチャマ
イッシュミジュマル
アローラアシマリ
ガラルメッソン

御三家カエル仲間
フシギダネ

カエル系ポケモン仲間
第2世代ニョロトノ
第4世代グレッグルドクロッグ
第5世代ガマガル ガマゲロゲ

関連記事

親記事

カロス御三家 かろすごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケロマツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5383576

コメント