ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ポケモン女主人公

ぽけもんおんなしゅじんこう

『ポケットモンスター』シリーズにおいて、女主人公に当たるキャラのこと。また、新作が出た際には彼女達の通称が定まるまで同タグが用いられる。
目次 [非表示]

概要

ポケモンシリーズでは主人公の名前をプレイヤーが自由に付けられるため、これといって統一された正式名称はない。

だがイラストを投稿する場合「女主人公」では味気ない上に分かりにくいため、この作品のこのキャラクターであるとハッキリ分かる通称が作られる。

これらの通称を用いてタグを登録しイラストを投稿する行為が古くから行われてきた。


新作が発売されてしばらくすると、NPCとして登場した時の名前や、PVで主人公に使用された名前などが定着していく。

それまではその女主人公の登場するシリーズ名と、この「ポケモン女主人公」かそれに相当するタグが併用されているようだ。

公式でもコトブキヤの「ARTFX J」シリーズを皮切りに、これらの名前が使われるようになった。


以上のような経緯から、このタグは「投稿時に最も新しい作品での女主人公(通称不明)のタグ」として使われていることが多い

(ただし「通称を用いることでプレイヤーの分身としての役割が失われてしまう」という指摘も存在する。第6世代以降主人公の見た目の自由度が上がったためよりこの指摘が説得力を持つようになっていることに留意されたい)。

また、集合絵等の「女主人公をまとめたタグ」として使用されることもある。


当記事は「ポケモン女主人公をまとめた総合記事」として建てることとする。


ちなみに『GO』以降ではいわゆるジェンダーも意識しているのか「容姿を選ぶ」と表現されており、主人公の性別に明言が無い(主人公(ポケモンGO)も参照)。

『GO』では「プレイヤーごとのスタイル」、『サン・ムーン』~『LEGENDSアルセウス』では「用意された8枚の画像の中から選ぶ」、『スカーレット・バイオレット』では「キャラメイク」という形になっている。


なお、地上波放送のアニメシリーズ(サトシの旅シリーズ)や漫画『ポケットモンスターSPECIAL』(ポケスペ)などの各種メディアミックス作品では、それぞれ主人公をモデルとした一人のキャラクターとして独立している

以下記事とリンク先を参照し、混同を避けることをおすすめする。


一覧

※…メイン記事はSM♀主


第1世代

赤・緑・青・ピカチュウ

この頃はまだ女主人公の概念がなかったが、当時の攻略本の表紙用に作られたキャラクターは存在する。

幻の主人公「もしも」のあのコと

この「名前もない女の子」は表紙に後姿で登場しており、「ポケモンクラフト」の組み立て説明書の挿絵に前面から見た図もある。

デザイナーの杉森建氏はTwitterで「三つ巴の構図にするために表紙用にデザインした」とコメントしている。


ポケスペ』のブルーとは、前髪がストレートのぱっつんで耳は出ておらず、襟元にはV字の切れ込み、腰には白いベルト、靴が黒のペタンコ靴であるなど細かな相違点がある。


2018年11月16日に発売された『Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』では、このキャラクターを元にしたブルーが登場する。


第2世代

クリスタルバージョン

ポケモンクリスタルver.クリスタルVC配信!

ジョウト地方ワカバタウンに実家がある少女。


『金・銀』の時点では男主人公のみだったが、2000年12月発売のマイナーチェンジ版である『クリスタルバージョン』で初の女主人公が登場

同作で追加されたキャラクターであることから、同作のデフォルトネームから取ってクリスと呼ばれている。


第3世代

第3世代~第6世代では、選ばれなかった主人公と同じ姿のキャラクターがNPCとして登場する(『FRLG』を除く)。初のライバルとして選ばなかった方の性別としての登場でもある。


ここから開始時にプレイヤーが性別を設定できるようになる。これはポケットモンスターをプレイする女の子が既に多くなってきたからだとされている。


ルビー・サファイア・エメラルド

RS行くよ!

コガネシティからホウエン地方に引っ越してきた、ジムリーダー・センリの一人娘。


男主人公を選んだ場合は、主人公をアシストする先輩キャラ兼ライバルとしてハルカという名前で登場し、オダマキ博士の子供という設定になる。


マイナーチェンジ版での衣装変更が行われるようになったのはこの世代から。


ファイアレッド・リーフグリーン

リーフとフシギダネリーフ

カントー地方マサラタウンに住む少女。近所に住むオーキド博士からポケモン図鑑を完成させる役目を任されたことで、ポケモンを巡る冒険に旅立つ。


赤・緑のリメイクにより追加された女主人公。

前述のポケモン赤緑の攻略本に描かれたキャラクターの要素がデザインに取り入れられている。


名前を決める際の選択肢が廃止されたのは本作から。

前述の通り、『FRLG』では選ばれなかった方がNPCとして登場しないため、ゲーム名「リーフグリーン」から取ってリーフと呼ばれている。


第4世代

ダイヤモンド・パール・プラチナ

ダイパ!♥ポケろぐ

シンオウ地方フタバタウンで暮らす少女。


男主人公を選んだ場合、主人公をアシストする先輩キャラとしてヒカリという名前で登場し、マサゴタウンで暮らすナナカマド博士の助手という設定になる。


マイナーチェンジ版では冬服になる。


ハートゴールド・ソウルシルバー

コトネC80

男主人公がリメイク元をアレンジしたものなのに対し、こちらは完全新規キャラクターとなった


リメイク元に無かった要素として、男主人公を選ぶと幼馴染としてコトネという名前で登場する。


第5世代

第3・4・6世代とは異なり、主人公に選ばなかった場合はシナリオに一切絡まない。


主人公の名前を決める際の候補が完全に廃止され、自由入力のみになったのはこの世代から。


ブラック・ホワイト

とうとう私の伝説ポケモンがこんなにちっちゃいわけがない

イッシュ地方カノコタウンで暮らす少女。

ファミ通でのインタビューによると、設定年齢は従来の主人公より上で「14歳程度」らしい。


男主人公を選んだ場合、バトルサブウェイのマルチトレインに挑む際、トウコという名前でパートナーとして登場する。


ブラック2・ホワイト2

BW22年後の世界

ヒオウギシティで暮らす少女。


男主人公を選んだ場合、バトルサブウェイのマルチトレインに挑む際、メイという名前でパートナーとして登場する。


第6世代

この世代から主人公の肌・髪色の選択および着せ替えや髪型変更が行えるようになる(『ORAS』を除く)。


X・Y

主人公♀ポケモンまとめ

遠くから母親と共に、カロス地方に引っ越してきた少女。


髪・肌・目の色が異なる3種類から容姿を選べるようになった。

更にシリーズ初となる着せ替えシステムによって自分好みの服を着せたり髪形や髪色を変える事ができる。


また、男主人公を選んだ場合はセレナという名前のライバルとして登場する。

容姿は一部異なるが、各種メディアミックスでは主人公時の見た目で統一されている。


オメガルビー・アルファサファイア

メガ進化!ORAS!

第6世代以降では唯一着せ替えができない主人公。

ただし、新要素の「ポケモンコンテストライブ」では専用の衣装に着替える。


リメイク前と区別を付けるためのタグはORASハルカが用いられている。


第7世代

この世代から、選べる容姿が1つ増えて4つになった。


また、基本的に選ばれなかった主人公がNPCキャラクターとして登場することが無くなった。

ただし、インターネットに接続し、他所のプレイヤーキャラクターを自分のフェスサークルやワイルドエリアに招くことで、自分の選ばなかった方の主人公と出会うこと自体は可能である。


サン・ムーンウルトラサン・ウルトラムーン

アローラ!ウルトラサンムーンの冒険へ‼︎

カントー地方から母親と共に、アローラ地方に引っ越してきた少女。


選べる肌の色が1つ増えて4つになったほか、『X・Y』同様着せ替えシステムも存在する。


PVなどではムーンと名付けられていたが、『RSE』以降バージョン名そのままではない名前で呼ばれるのが慣例となっていたこともあり、

PV内のバトルロイヤルの紹介で登場したトレーナーの1人に付いていたミヅキという名前で呼ばれるようになり、公式側にも反映された。

マイナーチェンジ版の『USUM』では初期髪形が変更された他、PVでの名前の違いからコウミという通称も付いており、海外での呼び方も含めるとさらにややこしいことになっている。


本サイトでは総合記事として、SM♀主を建てることとする。


Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ

Ayumi (Elaine) & Eeveeイーブイと主人公

ピカチュウ』をベースにした第1世代のリブート作品。

男主人公と同様、完全新規のキャラクターを採用。


公式PVなどにおける名前はアユミ


第8世代

ソード・シールド

剣盾ヒバニーと一緒に旅に出たい

これまではゲーム内では何をしても表情が固定だったが、この世代から主人公の表情が豊かになっている。

また、時代の流れでスマホを使用するようになった。

今回も容姿を変更可能であり、公式アートでは異なる姿の主人公も登場する。


公式PVなどにおける名前はユウリ


ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

に…似合ってるかな?センシティブな作品

基本的な服装は『ダイヤモンド・パール』と同じだが、第6世代以降の仕様に沿って、ゲーム開始時に従来の容姿を含めた肌・髪色のパターンを選べるようになった。また、セットアップでの衣装変更機能もある。


LEGENDSアルセウス

ショウヒカリ

シリーズでは初となる「異時空転移者」。

作中キャラの推定では15歳前後とされている。


また、男主人公を選んだ場合はショウという名前の現地人として登場する。

主人公と同じ姿のNPCが登場するのは、完全新作としては『X・Y』以来。


第9世代

スカーレット・バイオレット

スカーレット・ヴァイオレット楽しみすぎる新作主人公ちゃん!

オレンジアカデミー / グレープアカデミーの生徒で、校長から全校集会の場で課題授業として「自分だけの宝探し」を命じられパルデア地方全土を奔走する旅に出る。


バージョンによって学園の制服のカラーが異なるが、残念なことに今作には着せ替えがついておらず、制服の夏服/冬服の切り替え程度しかできないことが難点として挙げられる。

その代わりなのかキャラメイクが可能で、目つきや髪型等、顔のパーツに様々なバリエーションが用意されている。

幼めな顔つきなのもあって、公式アートでは制服が幼稚園児用のようにも見える。


外見は良く言えば歴代で最もシンプルで汎用的・現実的、悪く言えば特徴らしい特徴を持たずモブキャラクター同然の地味で要素の少ないデザインをしており(これは、上記のようにプレイヤーの側で自由にキャラメイクすることを前提としていたからとも考えられる)、作中の他のキャラクターの方が線・模様や色数が多いことが大半。

そのため、ファンアート等を制作する際は若干工夫が必要になる(ちなみに、ファンアートでは、仲間たちに合わせてか原作と比べるともう少し長身で、かなり大人びた容姿で描かれることが多い)。


公式PVなどにおける名前はアオイ


ポケモン関連作品の主人公

ポケモンカードGB2

カードバトラーポケモンカードGB2主人公

デフォルト名はミント。キャラデザインは姫野かげまる。


ポケモンレンジャー

ヒナタ(request)無題

ポケモンレンジャーになることを夢に見て、その思いを7通の手紙でリーダーレンジャーのハヤテに送り続けたことで熱意が認められレンジャーへとなった。


男主人公を選んだ場合、同期のヒナタとして登場する。


ポケモンレンジャーバトナージ

女主人公ポケモンレンジャー!

フィオレ地方からチコレ村に引っ越してきた。ポケモンレンジャーを目指し、レンジャースクールに入学。卒業後は、めきめきと才能を発揮し、トップレンジャーにまで登りつめる。


主人公に選ばなかった場合はNPCとして登場しない。名前入力をしなかった場合ヒトミになる。


ポケモンレンジャー光の軌跡

ミナミラティミナーー!!!

アルミア地方からオブリビア地方に派遣されたトップレンジャー。


男主人公を選んだ場合、同期のミナミとして登場する。


ポケモン+ノブナガの野望

【ポケナガ】 主人公♀とイーブイ主人公♀

主人公(ポケナガ)を参照。


ポケモンGO

がおーぽけごの女トレーナー

初めての成人主人公と思われる。

服装や肌の色、髪の色は第6世代以降作品同様に複数あるが、こちらは後から変えられる。


詳細は女トレーナー(ポケモンGO)を参照。


ポケモンマスターズ

Pokémon Mastersポケトレまとめ2

公式のスクリーンショットなどにおける名前はユイ


Newポケモンスナップ

Newポケモンスナップ主人公ポケモンスナップ

公式PVなどにおける名前はルイ


関連イラスト

ポケモン25周年女の子主人公

女主人公主人公♀


それぞれの主人公のものは、各個別記事を参照。


関連タグ

ポケモン ポケットモンスター ポケモントレーナー

ポケモン主人公 ポケモン男主人公 ライバル(ポケモン) ポケモン博士

関連記事

親記事

ポケモン主人公 ぽけもんのしゅじんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32992097

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました