ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ユウキ(トレーナー)

ゆうき

ユウキ(Brendan)とは、ゲーム『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』およびリメイク『オメガルビー・アルファサファイア』の登場人物。同作の男の子主人公の通称でもある。
目次 [非表示]

タグは「ユウキ」も使われているが、無関係のイラストも引っかかってしまう事が多いため複数検索またはこちらのタグの使用を推奨。

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』(以下『RSE』)およびリメイク『オメガルビー・アルファサファイア』(以下『ORAS』)の登場人物。

ゲーム開始時に主人公を女の子にした場合、ライバルキャラの1人として登場する。⇒ユウキ(ライバル)


また、同じ容姿をしている男の子主人公のことも指す。

デフォルトネームは『ルビー』では「リクヤ」、『サファイア』では「カイト」。

他の選択肢は両バージョン共に「ヒロアキ」「ヒトシ」「ケイ」。

『エメラルド』では20種類からランダムで選ばれるが、「ラルド」がこれにあたる。

現在は主人公としての公式名も「ユウキ」となっているが、両者の立ち位置は大きく異なるため、厳密には別人であることには留意が必要。


ちなみに自宅はどちらの主人公を選んでも、男の子が左、女の子が右となる。

男女主人公で家の場所が変わるのは、シリーズを通しても『RSE』『ORAS』のみ。


容姿

ユウキくん

(左:E、右:RS)

『RS』では白と黒のニット帽子、赤と黒の長袖ジャケット、長ズボン。

『E』では白とエメラルドグリーンの帽子、黒とオレンジの半袖トップス、七分丈と長ズボンを重ね着したようなボトムス。ホウエン地方の気温は暖かい為、エメラルド版の方が最も活動に適した衣装といっても過言ではない。


白髪と勘違いされやすいが、黒髪である。

デザイナーの杉森建氏曰く、「ユウキの頭部の白いあれはニット帽であり、帽子の中身はセンリにちょっと似た感じの短髪である」とのこと。

主人公として選択した場合、戦闘画面にて後頭部が黒いことを確認でき、はっきり黒髪だと分かる


※二次創作における白髪については白髪ユウキを参照。


jumping!

『ORAS』では『エメラルド』をベースに様々なアレンジが加えられている(服のカラーリングは『RS』がベース)。

左手首にはメガバングル、背中には緑色のバッグを肩からかけており、トップスと帽子のデザインも少し変更。

髪は茶髪になり、帽子からはもみあげが見える。また、日焼けの表現か肌が小麦色になっている。

ポケモンコンテスト

「ポケモンコンテストライブ!」に出場する時は、ハードロックを思わせる衣装に着替える。


身長は『ORAS』では1.52m。

食玩シリーズ「ポケモンスケールワールド」では『RSE』版も1.52mに統一されている。


ちなみに『ルビー・サファイア』からボールを投げるアニメーションが加わったが、当時は左腕で投げていた。

『ORAS』では『ダイヤモンド・パール』以降に合わせて、右腕で投げるようになっている。


ポケモンマスターズ

CV:三瓶由布子

原作における主人公(センリの息子)としての彼をベースにしている。


エピソードイベント「大きく育てタマゴたち!」ではグラエナを手持ちにしていた。


ユウキ&キモリジュプトルジュカイン

クリティカット+で自己急所バフ、更にトレーナーわざでわざゲージを消費する代わりに攻撃・特攻を6段階上昇させるというバディーズ全体で見ても最高レベルの自己バフ完結型。

特殊技のリーフストームと物理バディーズわざを扱う両刀アタッカーであり、最初期に実装されたバディーズでありながら、現在でも草バディーズ最強と言っても過言ではない攻撃性能を持っている。ただしリーフストームのデメリット回避のために「特攻ダウン無効」のポテンシャルはほぼ必須。

バディストーンボード次第で晴れ編成でのメインアタッカーも務めることができ、幅広い活躍が可能となっている。


レアリティがEXになると緑を基調としたカラーリングの衣装が追加される。


ちなみに『ポケマス』のユウキは左腕にキーストーンを付けているのだが、ジュカインはハルカのラグラージとは異なり何故か初期の頃からずっとメガシンカしないままだったが、実装から約四年経った2023年6月22日のアップデートにより、ようやくバディーズ技後にメガジュカインになれるようになった。

しかも、他のメガシンカバディーズなどはメガシンカがあるのでバディーズ技の威力を下げられるのが通例なのだが、このメガジュカインに関しては元の据え置きの火力のままの為、他のメガシンカバディーズよりも高火力のバディーズ技を放てる。

これにより、最近のバディーズにも劣らない火力が出せるようになった。


他媒体

キモリを手持ちとしている場合が最も多く、ミズゴロウもそこそこ多い。

逆にアチャモの姿はほぼ見られない。


ポケットモンスターSPECIAL

ルビー(ポケスペ)を参照。手持ちはミズゴロウなど。

元気なキャラ付けが多い他媒体と比べると、こちらはイメージが180度変わる事請け合いである。


ポケットモンスター(穴久保幸作)

RS編第3話「事件発生!? ピカチュウを追え!」にサファイアとして登場(英訳版では名前が交換され「ルビー」になっている)。前述のデザイン面での分かりにくさもあってか、こちらでは白髪で描かれている。

金持ちのボンボンだが、下記のように物で釣って交換を持ちかけてもトレーナーが不在ならすぐに取りやめようとするなど、それなりの良識は持ち合わせている。手持ちはキモリなど複数。

レッドのピカチュウを気に入って自身のキモリとの交換を持ちかけるが、彼が不在だったので引き下がろうとした。しかし、手土産のお菓子に釣られたピッピが独断で交換を承諾してしまい、さらにはキモリにハリボテを取り付けてピカチュウに見せかけようとしたりあの手この手でレッド達を誤魔化そうとするも、すぐにバレてしまった。

当然キレたレッドにピカチュウを返してもらうよう命じられてサファイアの家に渋々足を運ぶピッピだが、そこで他のサファイアのポケモン達と揃ってリッチな暮らしを満喫するピカチュウを目の当たりにした事でいつものように良からぬ欲が出てしまい……


劇場版ポケットモンスター

七夜の願い星』、『蒼海の王子』、『氷空の花束』の3作品の冒頭に登場。

衣装はいずれも『ルビー・サファイア』のもの。


『蒼海の王子』では『裂空の訪問者』に登場したヒトミと、『氷空の花束』では『DPt』の男主人公であるコウキとシングルバトルしているシーンが見られる。

作品ごとに披露した手持ちポケモンが異なり、初登場の『七夜の願い星』ではボスゴドラ()とダーテング(前者はゴージャスボール、後者はリピートボールに入れている)、『蒼海の王子』ではラグラージ、『氷空の花束』ではドサイドンを使用している。


ユウキが実機でドサイドンを使用できるようになるにはORASまで待たねばならない。


挑戦!!バトルフロンティア

『エメラルド』版をモデルにしたラルドが登場。主人公エンタの師匠。

手持ちポケモンはジュカイン。


ポケモンゲームスペシャルアニメ

CV:岡本信彦

『ORAS』初出のメガシンカを紹介するアニメPV。

手持ちポケモンはキモリなど。


ポケモンオメガルビー紅き情熱・ポケモンアルファサファイア藍き英知

『ORAS』版をモデルにした双子の兄弟オメガアルファが登場。

それぞれの手持ちポケモンはラグラージとジュカイン。


ポケモンジェネレーションズ

第7話「ビジョン」にて、ジュカインと共にカガリと対峙している姿が描かれた。


MV「GOTCHA!

『エメラルド』の衣装で登場。

歴代主人公と共にシルエットで登場したほか、チャンピオンロードでミツルに呼ばれ振り返る場面が描かれた。


一般トレーナー

「ユウキ」という名前の一般トレーナーは以下の6人。

地方場所肩書き備考
カントーピカブイ17番道路ミニスカートぼうそうぞくの代わりに登場
カントー(GSC / HGSS26番道路エリートトレーナー
カロス11番道路バトルガール
カロス22番道路スクールボーイ
アローラメレメレ海ビキニのおねえさん
アローラ15番水道エリートトレーナー

この他、『ポケモンレンジャー』に登場するゴーゴー団幹部・ゴーゴー4兄弟の中に、「ユウキ」という名前のメンバーがいる。


関連イラスト

ルビー・サファイア

ポホウエン


エメラルド

ユウキくんリク:ユウキくんと。


オメガルビー・アルファサファイア

ポケモン~~※ネタバレあり

Are you ready?コンテストライブ!


関連タグ

ポケモン ポケモン男主人公 第3世代:ポケモンRSE 第6世代:ポケモンORAS

ユウキ(ルビー&サファイア) ユウキ(エメラルド) ORASユウキ

ユウキ(ライバル) 白髪ユウキ


豊縁トリオ(ホウエン組):ユウキ ハルカ(トレーナー) ミツル(トレーナー)

センリ オダマキ博士 ツワブキ・ダイゴ マグマ団 アクア団

関連記事

親記事

ポケモン男主人公 ぽけもんおとこしゅじんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20246678

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました