ピクシブ百科事典

SM♂主

さんむーんおとこしゅじんこう

ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』および『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の男主人公。
目次[非表示]

概要

第7世代である『ポケットモンスター サン・ムーン』およびマイナーチェンジ版『ウルトラサン・ウルトラムーン』の男主人公の総合記事および総合タグ。
後述の名前に関する理由により、現在当記事がメイン記事となっている。


カントー出身で、母親と共にアローラ地方に引っ越してきた。
母親の手持ちに通常のすがたのニャースがいる。父親もいるようだが登場せず、詳細は不明。
年齢はアローラ地方の島巡りができる11歳。
従来と異なり家は町中ではなくハウオリシティはずれに建っており、近くの浜辺にはククイ博士の研究所がある。

前作『XY』と同様に髪形の変更や着せ替えが可能で、今作では帽子も外せるようになった。
リップは女主人公限定のためつけられない。

ポケモン本編のゲーム開始時といえば、名前入力前に博士から「きみは男の子?それとも女の子?」という質問をされるのがお決まりだったが、今回はそのような設問はなく、
ククイ博士からは「どの写真がいいか教えてくれ」と、8種類のパターン(性別&肌色)を提示される。
ポケモンGOでいうところの「スタイル」に近い扱いと思われる。

アニメではサトシが彼の服の色違いを着てアローラへ旅立っている。

容姿

SM

Welcome to the Alola Region!


初期状態の服装は黒いベースボールキャップ、白と青のボーダーシャツ、赤いリブ付きの七分丈パンツ。
髪形は右側に流した前髪と長めの後ろ髪が特徴のミディアムヘア。

この衣装は『USUM』でもブティックで購入することで着られるようになる。
フェスサークルは前作と連動しているので、そちらでフェスコインの購入も可能。

USUM

無題


初期状態の服装は赤地に黒柄が入ったサファリハット、水色のタンクトップ、青いラインが入ったハーフパンツ。下には膝下丈の黒いレギンスを履いている。
髪形は『SM』とは逆に前髪を左側に流したショートヘア。
SMのミディアムヘアにもヘアサロンで変更可能。
マイナーチェンジ版で服装だけでなく初期髪形も変わっているのは歴代初。

ちなみに次回作の『ソード・シールド』では、この帽子とデザインが非常によく似たバケットキャップがブティックに売っている。

名前について

第3世代~第6世代の主人公の大半は、選ばれなかった方もNPCとして何かしらの形で登場しており、そこから名前が定着するのが恒例だった。
しかし第7世代からはこの仕様が廃止され、選ばれなかった方は一切登場しなくなっている
アニメにも登場していないため、当初は固有名詞が存在しなかった。

発売前のPVや体験版で主に使用されていたのは「サン」という名前だが、『RSE』以降バージョン名そのままではない名前が付くのが慣例となっていたことや、バージョン名由来の名前は『ポケットモンスターSPECIAL』のキャラと被るということもあり、ゲーム版主人公の通称としては浸透しなかった。(あるいはデモプレイ用の名前として受け取り通称として解釈した人がほとんどいなかったと思われる)
そのため、発売前のPVにおけるバトルロイヤル紹介映像で使われていた「ヨウ」の名前で広く呼ばれるようになった。

女主人公の通称である「ミヅキ」はグッズ化により比較的早い段階で公式名となったが、
「ヨウ」はそれよりも2年半遅く、2020年2月29日にTwitter上に投稿された公式動画が初の事例である。また、「季刊エス」付録のMV「GOTCHA!」スタッフインタビュー冊子でもこの名前が使われていた。

ところが、マイナーチェンジ版の『USUM』のPVでは「コウタ」という異なる名前が使用されており、このことからUSUMの主人公を別人として区別して扱うプレーヤーも現れ、同一人物と取るか別人と取るか人によって解釈が異なるという状況になった。

ただし、『USUM』公式サイトでは主人公について「装いも新たに」と記載されており、『SM』版から別人になったという確証はない。

ゲーム本編でも主人公としての立ち位置は全く同じであり、その他にも

  • 初期衣装と髪形が異なるだけで顔立ちは同じ
  • 着せ替えで全く同じ見た目にできる
  • 母親が同じ
  • 『USUM』の設定資料にSMの初期髪形でUSUMの初期衣装を着た姿も描かれている。(リンク:『ポケットモンスター サン・ムーン・ ウルトラサン・ウルトラムーン 設定資料集 Essential』編集者による宣伝ツイート)
といったことから同一人物として見るプレーヤーも多い。
そのため、歴代のマイナーチェンジ版の主人公と同様に衣装が変更された同一人物として扱う場合は『USUM』版でも「ヨウ」が用いられ、別人として区別して扱う場合は「コウタ」が通称として主に用いられている。

海外ではどちらも「Elio」という名の同一人物として扱うことが主流。
英語版PVでは日本と同様に「Sun」「Ray」(それぞれサン、コウタに対応)といった複数の通称が存在している。

以上のように複雑な経緯を辿っていることから、現在本サイトではこのSM♂主をメイン記事として建てている。

タグについて

現状、「SM♂主」「ヨウ(トレーナー)」「コウタ(トレーナー)」3つのタグが使用されています。

USUMの姿を描いたものでも投稿者が主人公の名前に特に言及せず最初に作品名タグのみを付けて投稿した作品などには、3つ全てもしくは「ヨウ」と「コウタ」両方、もしくは「SM♂主」が付けられていることがあります。

なお、『USUM』の姿を同一人物として扱うかどうかは人によって異なるため、例として『USUM』の姿の「ヨウ」を描いた作品に投稿者自身が「ヨウ」のタグを付けたりタイトルやキャプションで明言している場合には、他ユーザーが「コウタ」タグを付けるのは不適切となり得ます。

また、プレーヤー独自の命名がなされていたり、髪形や服装を好みのコーデに変えたアバターとしての主人公が描かれた作品には「主人公♂」と「SM♂主」が併用されていることがあります。

「SM♂主」と比較してもタグ登録数は「ヨウ」が圧倒的に多く、上述の理由もあって「コウタ」でのタグ登録数は「ヨウ」と比べるとかなり少ない。
同一人物とみなして彼のイラストを検索する場合は「ヨウ(トレーナー) OR コウタ(トレーナー) OR SM♂主」の形が最も望ましいと言える。

特徴

ゲーム中では「はい」「いいえ」以外の様々な選択肢が頻繁に登場する。
ハウリーリエ等の同年代以外の大人に対しては主に選択肢に敬語が加わるが、さりげなく年上のグズマに対してもタメ口である。

公式イラスト等では表情豊かに描かれている一方、ゲームのフィールド上では少し微笑んだデフォルトの表情のままでいることがほとんどのため、プレーヤーからは無表情だと言われることも。しかし、ムービーやZワザのモーションなどでは笑顔驚いた顔を確認できるため、決して「無」ではない。
この仕様については他のキャラクターの表情がはっきり表現されている分主人公だけが浮いて見えるという指摘も多く、改善が望まれていたが『USUM』でも変わりはなかった。
(この時の反応を受けてか、次回作の『ソード・シールド』では主人公もムービーやフィールド上で場面に合った表情に変わる仕様になっている)
なお、二次創作では普通に喜怒哀楽が描かれた作品が大半である。

また、今作では他の家のベッドで寝ることができ、その際に詳細すぎる感想を述べるため、アニポケデントの○○ソムリエに準えてベッドソムリエと称されることも。
メインキャラクターでは、リーリエマオスイレングズマルザミーネ等のベッドの寝心地を確かめることが可能。

アローラバケーション



各島の食堂やレストランで食事をする際、メニューごとに詳細な食レポを披露する。
しかし、クセが強かったり極端に量が多かったりするスペシャルメニューは完食できず、途中でギブアップしてしまう。和食の店と思しきマリエシティの「ローリングドリーマー」でのみ全てのメニューを残すことなく食べられる。
物語をある程度進めると、特定のキャラクターと一緒に食事を取れるようになる。

関連イラスト

サン・ムーン

moon&sun!
「ぬにゃあ」「にゃぶ」


メレメレの花園
Brooklet Hill



ウルトラサン・ウルトラムーン

USUM
アローラ



関連タグ

ポケモン ポケモンSM ポケモンUSUM
男主人公 ポケモン男主人公
ヨウ(トレーナー) コウタ(トレーナー)
カントー アローラ
SM♀主 アローラ組

サン(ポケスペ)…彼をモデルにしたポケットモンスターSPECIALにて登場する主人公

関連記事

親記事

ポケモン男主人公 ぽけもんおとこしゅじんこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SM♂主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2289356

コメント