ピクシブ百科事典

リーリエ(ポケモン)

りーりえ

リーリエとは『ポケットモンスターサン・ムーン(ポケモンSM)』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

他言語版の名称

英語 Lillie
イタリア語Lylia
スペイン語Lylia
フランス語Lilie
ドイツ語 Lilly
韓国語릴리에
中国語莉莉艾


概要 

ゲーム「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場するキャラクター。
物語の重大な鍵を握る存在で、本家ゲームシリーズにおいて明確にヒロインとして描かれたキャラクターは彼女が初であろう。
名前の由来はドイツ語で百合の花を意味する「Lilie」と思われる。
主人公と同じくらいの年齢の少女(身長は彼女の方が高め)で、ククイ博士の助手。
読書好きで、彼女の部屋にも本が沢山ある。

ポケモンが傷つくことを嫌い、バトルでポケモンを戦わせるのはあまり好きではない。
当然、野生のポケモンと戦わせるためのポケモンもいないため、旅の最中は虫除けスプレーが欠かせない。
その他にも、主人公のポケモンを回復させるための道具も大量に持ち歩いている。

リリィタウンの奥深くで主人公と出会って以降、行く先々で手持ちポケモンを回復するなど、サポートをしてくれる。

主人公が到着する3ヶ月前に浜辺で倒れていたところを、空間研究者バーネット博士に保護され、以降バーネット博士の夫であるククイ博士のもとで助手として過ごすようになった。
自分を助けてくれた博士夫妻のことは両親のように慕っている。

方向感覚に自信がないらしく、「(目的の建物は)街の中にあるから迷わない」「目的地を店の人に聞いたらすぐそこだった」といった旨の会話がある。

研究所のロフトが自室で、ピッピにんぎょうやコスメが置いてあるなど、年相応のかわいらしい趣味を持つ。
ロフトにはリーリエの日記が置いてあるが、キラキラした鍵で閉じられており、読むことはできない。
しかし、キラキラ好きのヤミカラスがじっと日記をみており、いつか壊されてしまうかも…?

なお、そのロフトではリーリエのソファベッドで寝ることも可能だったりする。

「…… …… …… …… …… …… リーリエが 使っている ソファベッド……」by主人公

容姿

リーリエ


雪のように白い肌と淡い金髪

服装は白いプリンセスラインノースリーブワンピースに白のつば広帽子ピクチャーハット)という、いかにも「お嬢様」らしいもの。
ハワイモチーフのアローラ地方よりも、フランスモチーフのカロス地方を思わせる気品ある佇まいである(実際、出身はアローラではない別の地方だった)。
これは母親がコーディネートしたものらしい。

なお、pixivではリーリエのイラストに「スラウチハット」のタグが付けられている事が多いが、実際のスラウチハットはリーリエの被っている帽子よりもツバが狭く、ツバが波打ってソフトに垂れた形状の帽子である。

素性

その正体は、エーテル財団の代表ルザミーネの娘スカル団の用心棒をしているグラジオ2年前に出奔した実兄である(エーテル兄妹も参照)。

父の失踪により歪んでしまった母の野望を止めるため、物語の冒頭で「ほしぐもちゃん」を助け出して逃亡しククイ博士のもとに身を寄せていた。
少々ミスマッチな印象の大きなスポーツバッグを肩から提げ、ほしぐもちゃんをこの中に隠し、主人公やククイ博士等、信頼のおける人間にしか明かさないようにしていた。

島巡りに挑戦する主人公の旅に同行し、その過程でほしぐもちゃんを元の世界に帰す方法を模索していく。
当初は控えめで自己主張が乏しかったが、次第に自分の意思を強く見せるようになる。

主人公がスカル団のアジトに向かった際エーテルハウスに留まっていたが、ハウたちを傷つけないようプルメリに交渉して捕まり、エーテルパラダイスに連れ戻されてしまう。
エーテル財団本部での事件後にはイメージチェンジを果たし、ウルトラスペースに消えた母を追う手がかりをつかむためポニ島にある大試練発祥の聖地までそのまま同伴する。
ちなみにその異変の際のほしぐもちゃんの体重は999.9kg。こんな超重量のポケモンをリュックに入れて平然と動ける彼女の身体能力には驚かされるばかりである。

一連の事件の終息後、主人公に覚醒した「ほしぐもちゃん」を託し、自身はルザミーネの治療に尽力することを決める。

主人公がアローラポケモンリーグ初代チャンピオンとなり、リリィタウンでお祝いした際は、初めて出会った戦の遺跡に赴きカプ・コケコとのバトルを見守った。

翌日、母の後遺症を回復させる手がかりを掴む目的も含め、トレーナーになるべくカントーへと船で旅立つ。
いつか再びアローラにやって来ることを告げて…。

尚、エンディング後リーリエとは一切会うことができなくなる。これを嘆く人が続出しており「リーリエショック」「リーリエロス」などと呼ばれている。
ちなみにククイ博士の研究所にあるリーリエの日記が読めるようになっており、エーテルパラダイスから脱出し主人公に出会うまでの経緯が書かれている。


無題


みんなにあえてよかった

大事な人を見送るときは
夕日に映える


あなたにあえてよかった


そして、2017年に発売されたマイナーチェンジ版「ポケモンUSUM」では…


アニメのリーリエ

CV:真堂圭

ポケモンスクールの生徒で、サトシのクラスメイトの一人。

アニメシリーズ「サン&ムーン」における6代目ヒロインであり、マオスイレンと共に同シリーズのヒロインとして纏められる。

マオとスイレンはゲーム版ではキャプテン(歴代シリーズでいうジムリーダー的存在)であるため、ゲームの女主人公ジムリーダー以外の登場人物がヒロインになるのはリーリエが初となる。

45話以降は、冒頭でリーリエが自室で前回までの話を日記に綴る演出がなされている。

人物

一人称は「わたくし」。
基本的に丁寧語で話すが、自宅(後述)の使用人など身内の人間に対してはより砕けた口調を使う。

ゲームとは異なりククイ博士との関係は助手ではないため、彼の研究所にも居候しておらず、ゲームで持ち歩いていたスポーツバッグも29話のキャンプなどで、多めの荷物を持って行く用途で使用するくらいである。
またスカートのデザインもゲームと若干異なり、白と水色のパーツに分かれている。
また、実家から出奔はしていないが、後述する家族とは別居状態にあるらしい。ちなみにその家族は8話で写真で姿が描かれており、27話にて兄のグラジオ、44話で母のルザミーネが登場。

ロケット団の3人からは「シャレオツ帽子のジャリガール」または「白ジャリガール」と呼ばれている。

勤勉で本をよく読み、ポケモンの知識に関しては誰よりも詳しい。
授業でも積極的に手を挙げて発言しており、マオ考案のポケモンフーズのレシピにバランスを良くする工夫を加えたこともある。

またポケモンバトルに対する抵抗感もないようで、カプ・コケコとのバトル中のサトシに助言したり(2話)、彼のバトル好きな性格を理解して自宅敷地内のバトルフィールドを提供したりしている(8話)。
アローラロコンが手持ちとなった14話では、地面に向かって「こなゆき」を指示しロケット団の追走を一時しのぐ、相手側のポケモンたちが一点に集合したところを狙い「こなゆき」で凍らせるなど、初陣でトレーナーとしてのセンスの高さを見せている。

一方で、本から得た知識と実際に起きることの差が大きいという、初心者にありがちなミスもある。
29話では初めてのキャンプに大量の荷物を持参した上、米を炊くと体積が増えることを知らずに大鍋サイズでいくつも炊いていた。

弱点

ポケモンに触れることが全くできず、近づいただけでも条件反射で避けてしまい、不意打ちで触れられた時は硬直してしまう。
ポケモンに驚いた際にはもれなく顔芸を披露しており、歴代ヒロインはおろかアニポケ全体で見てもハイレベルなものを晒してしまったこともある(4話他)。

一方で周囲からこの弱点を指摘されると、「触れます!論理的結論として、わたくしがその気になりさえすれば……」とややムキになって反論する。
本人曰く、「ポケモンは大好きです!……学びの対象としては」とのこと。
実際、彼女は触れないなりにマオへの助言や自宅の設備、ポケフーズなどポケモンに心を配っており、部屋にはポケモンのぬいぐるみを多数所持している事から好きと言うのが嘘ではないことは確かである。

上述のリアクション芸や天然気味の行動から、ネタキャラ化し始めている気配さえしている。

リーリエ 秘密兵器


海上でフィールドワークが行われた5話に至っては、ライドポケモンや釣り上げるポケモンとの接触に備え、秘密兵器と称する宇宙服か潜水服のようなスーツ(上イラスト)を纏って現れたほど。
尚、この時彼女が使用していたルアーはピッピの形状で、ミロカロスをヒットさせるも逃げられてしまった。気密性が高いのか、休憩時間ではメットを外しハンカチで汗を拭き取っており、相当内部が暑いことがわかる。

8話終盤でサトシたちの後押しもあり、世話係となったポケモンのタマゴには触れるようになった。
そして14話にて、そのタマゴから孵ったアローラロコンが初めてのパートナーポケモンとなり、卵の時から名付けていた「シロン」の名で呼ぶことに。
最初はやはり触れずにいたが、絆を深めるためにマラサダドーナツをご馳走してコミュニケーションをとるなど努力を重ね、強奪を企むロケット団から守ったことをきっかけについに触れるようになる。

ただ、完全に克服するためにはまだまだ時間がかかるようで、キャンプの際もゴールドスプレーを大量に持参して吹き掛けている(この時他の面々はネマシュに体力を吸い付くされ飢餓状態に陥り眠らされてしまったが、リーリエはこのスプレーのおかげで無事だった)。
しかし、ククイ発案のポケモン交換の授業でサトシのピカチュウとパートナーになった際、バトルを通して自身も強くなる意思を固め、シロンに続いて触れられるようになる。

とはいえその2匹以外には触れないため、31話でキャモメの大群に驚いたり、32話の次回予告で「あの…、わたくしも(ムーランドに)乗るのでしょうか…?」と不安を口にしたりしている。
その32話では、いつもの服から長袖の乗馬服のような格好に着替え、髪型もポニーテール(形状はがんばリーリエと違って複雑な髪型)にしていた。

リーリエ


宝探しには参加こそできなかったが、一日掛けてムーランドの背中に乗れるようになった。
また46話では、この弱点が思わぬ功を奏してメタモンの発見に貢献している。

現在は後述の経緯により、完全に克服している。今までの反動か、サトシのニャビーなどにやや過剰なスキンシップをするようになっている(ルザミーネがリーリエを可愛がる構図と完全に一致している)。

過去

8話で自室に飾っていた写真から、幼少期は普通にポケモンに触れることができていたことが判明。更に執事のジェイムズからは、一時期母親といた別の屋敷から帰ってきてから全く触れなくなったことが明かされた。
リーリエ自身は「(なぜ触れなくなったのか)自分でもわからない」と言っており、当時の記憶が曖昧になっているらしい。

その後47話にて、兄・グラジオの口から真相が語られる。
幼い頃、エーテルパラダイスの地下施設に迷い込んだリーリエは、ザオボーがウルトラホールを開ける場面に遭遇。その中から現れたウルトラビーストに捕まり、ホールへ連れ去られそうになる。
間一髪でタイプ:ヌルに救われたものの、心因性のショックが大きく、以来ポケモンに全く触れなくなってしまった。更にザオボーは隠蔽工作のため、手持ちのエスパーポケモンでリーリエの記憶を封印したのだった。

続く48話では、ほしぐもの「テレポート」によってグラジオと再会し、タイプ:ヌルと対面したことで当時の恐怖を思い出す。そしてサトシたちの下へ戻ってきた後、シロンにすら触れなくなってしまう。
そして49話、ほしぐもの「テレポート」によって過去の想い出の場所を巡り、全ての元凶であるエーテルパラダイスの地下施設にたどり着く。
ザオボーに捕まり再び記憶を封じられそうになるが、力を開放したシルヴァディに助けられたことで、過去にもシルヴァディ(タイプ:ヌル)が自分を助けてくれたことを思い出す。こうして全ての記憶を取り戻したリーリエは、かつてのように全てのポケモンに触れるようになった。

自宅

アニメでは、ククイ博士宅に居候しているのはリーリエではなくサトシであり、ロフト部分も彼の自室となっている。
このため「アニメのリーリエはどこに住んでいるのか」と話題になっていたが、8話で自宅がとてつもなく大きな屋敷だと判明。
ハウオリシティの郊外にあり、ここからポケモンスクールまでリムジンの送迎で通っている。

リーリエに配慮し、屋敷内にはポケモンを入れないようにしているとのこと。
一方で彼女が離れた場所から観察できるよう、中庭に遊具が設置されており、屋敷周辺に住む野生のポケモンたちが遊びに来る。
また敷地内には、ポケモンバトル用のフィールドも備わっている。
自室もかなり広く豪華。勉強家の彼女らしく、ポケモンに関する本がギッシリと並んだ大きな本棚があり、別の棚の上にはポケモンのぬいぐるみが複数飾られている。ピッピ人形は小さい頃から愛用しており、眠るときは何時も持ち歩いているそうだ。

家族

8話にて、母親と兄がいることが判明。自室には幼い頃一緒に撮った写真を飾っている。

  • グラジオ(兄)
「別の場所にいる」と語っていたが、27話で久しぶりに再会。「お兄さま」と呼び慕っている。
グラジオはリーリエがポケモンに触れられるようになったことを知り感慨深げであった。
  • ルザミーネ(母)
上述の「別の屋敷」に留まって仕事をしている。ルザミーネはリーリエを溺愛しているが、リーリエは自分の価値観ばかり押しつけて意見を聞いてくれないことや、仕事で対応が疎かなことを不満に思っている。しかし、46話で母の活動を褒められ、喜ぶなど(すぐ本人が現れたのでその喜びは隠したが)根っから嫌っているわけではない。
26話ではマーマネの想像の中で酷いキレ顔を見せている。その様子がゲーム中の母親を思わせるほどの豹変ぶりだったため、視聴者の間で「血は争えない」などと話題になった。

ポケモン絵まとめ


46話でも、氷のような冷たい視線でマーマネに無言の圧力をかけ、震え上がらせている。

  • その他
ゲーム本編には登場しないアニメオリジナルキャラの執事ジェイムズや、運転手・メイドなどが屋敷で働いている。

手持ちポケモン

リーリエ


前述の弱点のため、クラスの中では唯一手持ちポケモンがいなかった。ただし、リーリエ自身はずっとパートナーのポケモンを内心欲していたようで、シロンがパートナーになった際は素直に喜んでいる。

8話にて、マオの提案により、オーキド校長から預かった「ラナキラマウンテンで発見された」タマゴの面倒を見る係を引き受ける。
13話では時折発光しており、終盤でついに孵化を果たしアローラロコンが生まれた。続く14話にてリーリエのパートナーとなり、タマゴの時の呼び名である「シロン」がそのままニックネームとなる。

現時点で判明している技は「こなゆき」。30話で一時的にサトシをパートナーにした為に彼が特訓を施し、それ以外の技を幾つか習得したと推測する。

アニメのキービジュアルでは、リーリエの傍にアローラロコンの姿が確認できる。
更にOP「アローラ!!」の映像の中で、光輝くポケモンのタマゴらしきものを受け取るシーンがあることから、タマゴの中身がアローラロコンであることは予想されていた。

ちなみに、オーキド校長が預かっていたタマゴからは、通常のロコンが生まれており、リーリエの持つアローラロコンのシロンとは対照的となっている。

ポケモンフェア2017第3弾で限定配信され、Lvは10、控えめな性格で特性は「ゆきがくれ」、持ち物はシルクのスカーフになっている。技は「こなゆき」のみ。

余談

  • アニメ版で声を担当する真堂圭は、アニポケのダイヤモンド&パールXYに多少ゲスト出演した経験を持っている。真堂氏は最初はマオ役に応募しており、マオ役の上田麗奈氏とスイレン役の菊地瞳氏はリーリエ役に応募していたという。
  • ポケモンに驚いた時の(表情豊かな)反応は、むしタイプを前にした時の初代ヒロイン・カスミを思わせる。


ライバルからヒロインへ

担当声優の真堂氏は過去にXYでヒロインのライバルであるミルフィを演じているが、これまでにヒロインのライバルを演じた声優が後の作品でヒロインを演じたことは一度もなく、アニポケ史上初の快挙である(ただし海外におけるアニポケでもXYに先駆けての前例が起こった場合がある他、ゲストキャラクターを演じた声優がヒロインの声優に選ばれたりゲストキャラクターの名前として使われた名前がヒロインの名前に選ばれたり男の子役でゲスト出演したりゲストポケモン役でゲスト出演したりするという事例ならばいくつか存在する)。
ちなみに、ゲームの人気キャラクターを演じた声優がアニポケでヒロインのライバルを演じた事例もあり、ソニック・ザ・ヘッジホッグを演じた金丸淳一アドバンスジェネレーションでハルカのライバル・ハーリーを演じていたが、ゲームの人気キャラクターを演じた声優がヒロインのライバルを演じることはやや珍しい。

関連イラスト

SM log
リーリエ


リーリエ
Hello & Goodbye


リーリエ
リーリエは天使


リーリエちゃんがんばリーリエ!!
リーリエ



関連動画



関連項目

ポケモンSM(ゲーム)
リーリエ がんばリーリエ
もう一人の主人公

ルザミーネ グラジオ
ハウ ククイ博士 バーネット博士
アセロラ ハプウ
エーテル兄妹 アローラ組

サン&ムーン(アニメ) 
アローラスクール組 アローラガールズ

サトシ ピカチュウ アローラロコン
カキ マオ スイレン マーマネ

カップリング
♂主リエ ♀主リエ ハウリエ
サトリエ

その他 
金髪 金髪ロング 姫カット 三つ編み
白いワンピース ノースリーブワンピース プリンセスライン サンドレス / サマードレス つば広帽子 / ピクチャーハット

pixivに投稿された作品 pixivで「リーリエ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19782259

コメント