ピクシブ百科事典

リーリエ(ポケモン)

りーりえ

リーリエとは、ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』および『ウルトラサン・ウルトラムーン』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

ゲーム『ポケットモンスター サン・ムーン』およびマイナーチェンジ版『ウルトラサン・ウルトラムーン』に登場するキャラクター。
物語の重大な鍵を握る存在で、作中では度々危ない目に会ったり攫われたりしたところを主人公に助けられる場面が多く、助けられてばかりである事に引け目を感じつつも主人公を頼りにしているとはっきり伝えるなど、清々しいほど正統派ヒロイン的振舞いをしている。本家ゲームシリーズにおいて明確にヒロインとして描かれたキャラクターは彼女が初であろう。
主人公と同じくらいの年齢の少女(身長は彼女の方が高め)で、ククイ博士の助手。

主人公がアローラに到着する3ヶ月前に浜辺で倒れていたところを空間研究所のバーネット博士に保護され、以降バーネット博士の夫であるククイ博士のもとで助手として過ごすようになった。
自分を助けてくれた博士夫妻のことは両親のように慕っている。

リリィタウンを抜けた先にある橋で主人公と出会って以降、行く先々で手持ちポケモンを回復するなど、サポートをしてくれる。

名前の由来はドイツ語百合の花を意味する「Lilie」と思われる。

ポケモンシリーズでも稀に見る正統派ヒロイン(主人公によって救われ、主人公を慕うキャラクターという意味)であり、アニポケでレギュラーキャラを務めたこともあってニンドリのアローラの人間キャラの人気投票で一位を獲得しており、人気の高さが窺える。

後にある意味の後輩が登場したが、マリィに関してはライバルとしての位置付けで物語の鍵は握っておらず、正統派ヒロインという点はいまだに色褪せていない。

他言語版の名称

英語 Lillie
イタリア語Lylia
スペイン語Lylia
フランス語Lilie
ドイツ語 Lilly
韓国語릴리에
中国語莉莉艾


人物

容姿

リーリエ


雪のように白い肌と長く淡い金髪が特徴。服装は白いプリンセスラインノースリーブワンピースに白のつば広帽子ピクチャーハット)という、いかにも「お嬢様」らしいもの。これは母親がコーディネートしたものらしい。少々ミスマッチな印象の大きなスポーツバッグを肩から提げている。
南国のアローラ地方の出身者には見えず、前作のカロス地方か後作のガラル地方を思わせる気品ある佇まいだが、実際出身はアローラではない別の地方だった。

なお、pixivではリーリエのイラストに「スラウチハット」のタグが付けられている事が多いが、実際のスラウチハットはリーリエの被っている帽子よりもツバが狭く、ツバが波打ってソフトに垂れた形状の帽子である。

性格

ポケモンが傷つくことを嫌い、勝負でポケモンを戦わせるのはあまり好きではない。
当然、野生のポケモンと戦わせるためのポケモンもいないため、旅の最中は虫除けスプレーが欠かせない。
その他にも、主人公のポケモンを回復させるための道具も大量に持ち歩いている。

方向感覚に自信がないらしく、「(目的の建物は)街の中にあるから迷わない」「目的地を店の人に聞いたらすぐそこだった」といった旨の会話がある。

自分の無力さを自覚し自信の無い様子を見せることもあるが、自身が求める結果を実現させる為ならば他人に助力を請う事も厭わないリアリストで芯の強い面もある。

研究所のロフトが自室で、ピッピにんぎょうやコスメが置いてあるなど、年相応のかわいらしい趣味を持つ。また、読書好きのため本も沢山ある。
ロフトにはリーリエの日記が置いてあるが、キラキラした鍵で閉じられており、読むことはできない。
しかし、光り物好きのヤミカラスがじっと日記を見ており……

なお、そのロフトではリーリエのソファベッドで寝ることも可能だったりする。

「…… …… …… …… …… …… リーリエが 使っている ソファベッド……」by主人公

素性



※以下ネタバレ注意


その正体は、エーテル財団の代表ルザミーネの娘スカル団の用心棒をしているグラジオ2年前に出奔した実兄である(エーテル兄妹も参照)。

物語の冒頭、父の失踪により歪んでしまったルザミーネに利用されそうになっていた「ほしぐもちゃん」を助け出して逃亡し、ククイ博士のもとに身を寄せていた。
ほしぐもちゃんをスポーツバッグの中に隠し、主人公やククイ博士等、信頼のおける人間にしかその存在を明かさないようにしていた。

島巡りに挑戦する主人公の旅に同行し、その過程でほしぐもちゃんを元の世界に帰す方法を模索していく。
当初は控えめで自己主張が乏しかったが、試練に挑む主人公の様子に感化されたこともあり、次第に自分の意思を強く見せるようになる。

しかし、主人公がスカル団のアジトに向かっている間に、ハウたちを傷つけないようプルメリに交渉して自ら捕まり、エーテルパラダイスに連れ戻されてしまう。
屋敷で母と対峙したリーリエは、私欲のためにほしぐもちゃんを利用しないでほしいと頼むも至らなさを指摘されたあげくルザミーネから「私には娘も息子もいない」と言い放たれてしまった。
ルザミーネはコスモッグの能力を利用してアローラ中にウルトラホールを開けた末に、ウルトラビーストを捕まえるべく異世界へと消えていく。
この出来事の後、姿が変わり動かなくなったほしぐもちゃんを助けるため、ウルトラスペースへ去ったルザミーネと向き合うため、リーリエはある決意を固める。


「わたし…… 主人公さんのように どんな試練にも立ち向かえるように なりたいのです!
ですから わたし 気合いれてみました! はい 全力の姿です!」


がんばリーリエ
変身!がんばリーリエ



主人公の前に姿を見せたリーリエは、今までの母が選んでいた格好を捨て、マリエシティで買ったままだった服に袖を通し髪形を変え、イメージチェンジを果たした。
これを機に内面的にも大きな変化が見受けられるようになり、大人しく控えめだった態度から、困難を前にして自分の意思を貫ける勇気を持つ強い少女へと成長。
その様はハプウから「がんばリーリエ」と称された。

その後、伝説ポケモンの手がかりとなる笛を求め、主人公と二人でナッシー・アイランドへ向かうことに。この時、ふいに降ってきた雨から逃れ一緒に洞穴で雨宿りをするイベントが発生。
そこでリーリエは「昔、映画の真似をして雨の中で歌い踊っていたら、母も外へ飛び出して笑顔で一緒に歌ってくれた」と、ウルトラビーストに夢中になる以前のルザミーネとの思い出を語ってくれる。
さらにリーリエは、自分がやりたいこととしてとある希望を口にする。(ちなみにこの内容は主人公の性別によって若干テキストが異なっている)

そして、伝説ポケモンの力によってウルトラスペースへと向かった一行は、再びルザミーネと対峙する。かつては母の言うことにただ従うばかりだったリーリエは、言いたいことをはっきりと伝え、大きく成長し変わった自分の姿をルザミーネに見せる。

一連の事件の終息後、主人公に覚醒した「ほしぐもちゃん」を託し、自身はルザミーネの治療に尽力することを決める。
主人公がアローラポケモンリーグ初代チャンピオンとなり、リリィタウンで祝いの席が設けられた際は、二人でこっそりと場を抜け出して初めて出会った戦の遺跡に赴き、主人公とカプ・コケコとの勝負を見守った。

その翌日、母の後遺症を回復させる手がかりを掴む目的も含め、「素敵なポケモンさんと出会いトレーナーになり、島巡りのようにあちこち旅する」という夢を叶えるべくカントー地方へと船で旅立つ。
主人公へ自身が大切にしていたピッピにんぎょうを託し、いつか再びアローラにやってくることを告げて……

このような展開上、エンディング後はリーリエと一切会うことができなくなる。
これを嘆く人が続出し、「リーリエショック」「リーリエロス」などと呼ばれている。
ちなみにククイ博士の研究所にあるリーリエの日記が読めるようになっており、エーテルパラダイスから脱出し主人公に出会うまでの経緯が書かれている。

無題


みんなにあえてよかった

大事な人を見送るときは
夕日に映える


あなたにあえてよかった

ウルトラサン・ウルトラムーンにおいて

マイナーチェンジ版の『ポケモンUSUM』でも立ち位置は同様。
ただし、ストーリーが「ネクロズマの脅威に立ち向かう」というものになっている関係で後半の内容が変わっており、それに伴いリーリエとその一家周りの展開も『SM』とは異なっている。

リーリエに関する事柄では、

  • リーリエがナッシー・アイランドに同行せず、雨宿りのイベントが削除されている
  • ルザミーネの目的が変更されたことに伴い、終盤のリーリエが母を追う理由も少し異なる。
  • ルザミーネがすぐにアローラに追い返されたため、ウルトラホールを通って別世界に行くのは主人公のみ。
  • イメチェン後のリーリエとルザミーネの対話が直接描かれない(主人公が別世界にいる間に済まされている)。
  • ルザミーネがウツロイドと合体せず昏睡状態にならなかったためリーリエもカントーへは旅立たず、エンディング後もアローラに残っている
  • そのため『SM』で主人公がもらったピッピにんぎょうはリーリエが所持したままで、さらに日記には鍵がかかったままで読むことができなくなっている。

等々、『SM』において目立っていた要素が数点何かしらの変更を受けている。
また、その他にもセリフの変更が随所にある。

エンディング後

SMの「ウルトラビースト捜索イベント」に代わり追加されたイベント「エピソードRR」では、レインボーロケット団によってエーテルパラダイスが占領され、ルザミーネが囚われてしまう。リーリエは母を助け出すために主人公と共に乗り込み、主人公の足を引っ張る不安要素としてザオボーに嘲笑されるも敢然と立ち向かう。

「わたし 主人公さんと旅をして 変わったのです!
ゼンリョクをみせます!」

全力で頑張ります!!



手持ち特性技構成
ピッピ(Lv.60♀) フレンドガードリフレクターひかりのかべうたうムーンフォース

ポケモントレーナーとなったリーリエとのタッグバトルが『USUM』で実現した。 そう、リーリエは晴れてポケモントレーナーになったのだ。
トレーナーになってからの経験は浅い筈だが、少なくともロケット団員を完膚なきまでに倒せる腕前に到達している。(ただし、レベルに関してはこれがED後イベントであることとの兼ね合いもあるだろう)

相手のザオボーと職員の手持ちは合計6匹で、ピッピが早々に倒されると1vs2のまま戦うことになるため、間違っても「なみのり」や「じしん」のような味方を巻き込む技は使わないようにしよう。

サポート重視の技構成になっており、味方のダメージを減らすことに重きを置いた戦術を取る。ちなみにボールはヒールボール。ただし、職員のポケモンがバークアウトを連発してくることも相まって、火力には期待出来ない。

主人公の母親(彼女もまた『USUM』にて凄腕のトレーナーだったことが判明)は、リーリエのトレーナーとしての優れた素質を予感しており、まだまだ新米だが実際にその勘は確かだった模様。

事件解決後はククイ博士の研究所におり、話しかけるとバトルツリーのマルチバトルのパートナーにすることができる。

手持ち持ち物技構成
アブリボンひかりのねんど かふんだんごリフレクターひかりのかべとんぼがえり
キュワワークサZ マジカルシャインはなふぶきグラスフィールドフラワーヒール

「エピソードRR」の時と同様、サポート重視の戦術を取る。ちなみにボールはモンスターボール。努力値もちゃんと振ってあるガチ仕様。Z技も習得済み。ただし、タイプの都合上ほのおタイプどくタイプはがねタイプは苦手であり、両者共にHPが低く打たれ弱いので、ノーマルコースはともかく、スーパーコースのパートナーには厳しいかもしれない。

アニメのリーリエ

アニポケ

サン&ムーン

シロンとリーリエ


CV:真堂圭
ポケモンスクールの生徒で、サトシのクラスメイトの一人。
アニメシリーズ「サン&ムーン」における6代目ヒロインであり、マオスイレンと共に同シリーズのヒロインとして纏められる。
詳細はリーリエ(アニポケ)の記事を参照。

ポケットモンスター

ルザミーネ・グラジオと父モーンを捜索する旅の結果、色違いウツロイドの『リーリエ』を娘として共に暮らす記憶喪失状態のモーンと再会。グラジオやサトシの協力もありモーンの記憶を取り戻させ、ウツロイドのリーリエとも家族になる。
詳細はリーリエ(ウツロイド)の記事を参照。


ポケモンエボリューションズ

CV:茅野愛衣
第2話「ジ・エクリプス」に登場。ストーリーは『ウルトラムーン』準拠。
月輪の祭壇でのコスモウムの進化とネクロズマの襲来に加え、回想としてエーテルパラダイスでの出来事が彼女の視点で描かれている。
ルナアーラが取り込まれてしまった際は一時動揺したが、すぐに振り払い少女トレーナーと共に勇気に満ちた表情でネクロズマに対峙した。

他媒体

ポケットモンスターSPECIAL

原作同様、コスモッグを連れてエーテルパラダイスから出奔している。
ルザミーネに生活を支配されていた頃のトラウマが深いらしく、母の言うことが頭を過ぎって取り乱したり、自分で選んだ服を着た姿を「醜い」と言われ母が選んだものに着替えさせられた経験を思い出して震えてしまうといった描写がある。

MV「GOTCHA!」

泣いたり笑ったりする時


ミヅキと共に笑顔でノーマルZのポーズを取る様が描かれた。
直前のヨウハウグラジオのシーンと同様、作中の関係性を想起させるような微笑ましい描写には反響も大きく、この2人の場面を描いたイラストも多い。

ポケモンマスターズ

通常版

センシティブな作品
がんばリーリエ


CV:内田真礼

イメージチェンジ後の姿で登場。バディはピッピ。フェアリータイプの☆5サポート。
レアリティがEXになると、ピッピに合わせたピンク色の衣装が追加される。
ルザミーネ、グラジオと同時期に実装され、実装時にはエピソードイベント「団結!リーリエ一家!」が開催された。
同イベントのサブエピソードでは、エリカカトレアとお嬢様同士交流をしていた。また、スズナルチアとも一緒に服を買いに行くなど交友を深めていた。
なお、リーリエがトレーナーとしての姿で登場しているものの、イベントストーリー等では『SM』と『USUM』どちらの世界の設定かは明確に示されず、どちらとも取れるような表現がなされている。

性能は全体必中技のチャームボイスと単体高威力のムーンフォースの2つの攻撃技を持ち、味方全体の命中率を上昇させる「ヨクアタールG」、更に味方1人の攻撃・特攻3段階上昇かつ次回確定急所状態にするトレーナー技、「全力です!!」を有する。
特に「ヨクアタールG」は今現在でもリーリエ&ピッピのみが持つ固有のバフアイテムであり、相手が回避率を上げてくるようなステージでは特に重宝される。
「全力です!!」もアタッカーのEXバディーズ技の前に使用すれば確定急所全体バディーズ技となり、チャンピオンバトルの速攻編成で引っ張りだこになっている。
その他パッシブスキルに「ドラゴンガードG」を持つので、ドラゴン技メインのステージでは単純に味方全体の耐久底上げになり、「B技後HP回復G1」によりバディーズ技が全体回復技にもなるので、耐久長期戦も可能となっている。

バディストーンボードにもマジックガード再現のそれぞれの定数ダメージを無効にするパネルがあり、被攻撃時に防御・特防を上げるパネル、チャームボイスにデバフ効果付与、B技後BC加速などの優秀なパネルが大量にあり、ボードの取り方次第であらゆる編成に合わせられる汎用性も持ち合わせている。

なお、今回の声優である内田真礼の弟である内田雄馬も後にクダリ役で出演したため内田姉弟の共演作の一つになった。

21シーズン

あけおめリーリエ


2021年1月にシーズン限定バディーズとして登場した時の相棒はアブリボン。こちらはむしタイプのサポート。
ジョウト地方の伝統衣装(振袖)を着ており、レアリティがEXになるとオレンジと黄緑を基調にしたカラーリングが追加される。
実装時にはエピソードイベント「思いを込めた新年祝い」が開催された。

性能はきゅうけつによる自己回復と、味方全体の場に状態異常防御を設置しつつ全体の回避率を上げて相手の攻撃を躱すことをメインとした戦い方をする。
特に味方に対する回避率バフは他にカスミ&スターミーと特定のバディストーンボードを開いたキョウ&クロバットのみしかおらず、味方全体同時に合計4段階バフもかけられるのはこのリーリエ&アブリボンにしかできない芸当である。
状態異常に依存した相手にも強く、季節限定でありながら代わりが存在しないサポートとしての地位を確固たるものにしている。
更に全体急所バフの「クリティカットG+」まで持ち合わせており、非常に優秀で希少性が高いサポートバディーズとなっている。

パッシブスキルによってバディーズ技後に全体リジェネ効果も付与でき、攻撃回避でBC加速や自己回復も可能だが、耐久ステータスはタンク役としては低く、あくまでタンク性能は回避に依存し過ぎているところがあるので、相手が命中バフや必中技を使ってくると途端に脆くなる弱点も抱えている。
バディストーンボードは回避関連以外にきゅうけつの回復量増や妨害状態無効と言った優秀なパネルも多く、カスタマイズの自由度はかなり高い。

21アニバーサリー

♡


2周年記念イベントにてアニバーサリー衣装のパーティドレス姿で登場。バディはルナアーラ。ゴーストタイプのアタッカー。
3種類目の衣装の実装はダイゴと並んでゲーム内初。
バディのルナアーラは「ほしぐもちゃん」ではなく信頼できるトレーナーから預かった別のコスモッグが進化した個体であると明言されている。恐らく、昼夜反転世界の日輪/月輪の湖で起こるイベントで入手できるコスモッグのことだと思われる。
ちなみに、ほしぐもちゃんは現在もそのトレーナーの元で元気にしている模様。

トレーナー技の「月の輝きを!」によって特攻・急所率をたったの1手で最大まで上げられる最強の自己バフ効果を持つ。
攻撃技はゴーストの4ゲージ技の「シャドーレイ」とフェアリーの3ゲージ技「ムーンフォース」の2つ。
アタッカーには珍しく回復手段となる「キズぐすり」も持っている。

マスターパッシブスキル「アローラの先導」を有するマスターバディーズとなっている。編成するだけで技威力増強とダメージ軽減効果が発動し、同時にアローラバディーズを編成するほど効果が大きくなる。
他には「ファントムガード」再現の「無傷時P技B技軽減5」、50%の確率で次回抜群時威力上昇状態になる「技後次回抜群威力上昇4」、バディーズ技後に技ゲージを完全回復できる「B技後技ゲージ増加6」を持ち合わせている。

バディストーンボードには「B技急所狙い」、「B技抜群時威力上昇2」、「特攻↑時B技威力上昇3」等のバディーズ技関連のパネルや、「無傷登場時回復付帯」、「HP半減時次ダメージ防御状態」等の防御系のパネルと種類は様々であり、選択次第で戦い方が大幅に変わる構成になっている。

尚、後のネクロズマイベント「光を喰らう黒の化身」ではしれっと2周年イベントの出来事が反映されており、衣装こそ元に戻っているが引き続きルナアーラがバディとなっており、エピソード内でも鍵となっている。因みにこの状態のリーリエをプレイアブルとして使うことは出来ない。

タグについて

リーリエに関して最初に作成された記事は「リーリエ(トレーナー)」だが、彼女は『SM』ではポケモントレーナーではなかった
ほしぐもちゃんはモンスターボールには入れずバッグの中に匿っていたため手持ちポケモンという扱いではなく、カントーへ旅立つ際も「(これから)トレーナーになりたい」と発言していたためである。
このことが後から判明したこともあって、タグから(トレーナー)が外され(ポケモン)に差し替えられた経緯がある。

タグの使用数は「リーリエ(ポケモン)」が圧倒的に多い。
しかしながら、作中でトレーナーとなった『USUM』の彼女を描いた作品や、『SM』のストーリー後にトレーナーとなった姿を想像した作品には「リーリエ(トレーナー)」が使用されることもある。
また、イメージチェンジ後の姿には「がんばリーリエ」のタグが併用されることがある。

関連イラスト

リーリエちゃん
リーリエ


困リーリエ



イメチェン後

がんばリーリエ
がんばリーリエの日


また、いつの日か
がんばりーりえ



関連動画



関連項目

ポケモンSM ポケモンUSUM アローラ
がんばリーリエ

ルザミーネ グラジオ モーン

SM♂主 SM♀主 ハウ(トレーナー)
ククイ博士 バーネット博士
アセロラ(ポケモン) ハプウ
エーテル兄妹 アローラ組

リーリエ(トレーナー)……表記揺れ。『SM』のその後のif作品や作中でトレーナーとなった『USUM』における彼女を描いた作品にこのタグが使用されることもある。
N……第5世代の『ポケモンBW』において物語の鍵を握る人物。リーリエ同様エンディング後にキャラロストする。ただしこちらの立ち位置はライバル。

関連記事

親記事

ポケモンSM ぽけっともんすたーさんむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リーリエ(ポケモン)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リーリエ(ポケモン)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130453461

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました