ピクシブ百科事典

はなふぶき

はなふぶき

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技の一種
目次[非表示]

データ

初出第6世代
タイプくさ
分類物理
威力90
命中率100
PP15
範囲自身以外
直接攻撃×
効果特になし


概要

第6世代初登場の技。
威力・命中・PP全てにおいて安定したくさタイプの物理技。
但しダブル以上では味方を巻き込んでしまう。
早い話が草物理版なみのりと言える技。

習得者は吹雪だけあって花を持った草ポケモン及びフラベベ系統。
…なのだが、この花を持ったポケモンと言うのがこの技最大の鬼門である。
と言うのも、花を持ったポケモンは軒並み特殊寄りの能力の持ち主の為、折角の高威力が活かしきれないのである。攻撃が低い上にタイプ不一致のフラージェスに至っては論外である。

それでも、つるぎのまいを持つメガニウムや、第7世代では待望の攻撃よりの能力を持ったラランテスが登場した。

とは言っても曲がりなりにも威力90。
幸い特殊寄りと言えども、物理が全く活かせないポケモンばかりでは無いため、物理型として育成するなら十分採用候補になりえる。デメリットが無いのも利点といえるだろう。
ダブル以上で味方を巻き込むデメリットは特性「テレパシー」や「そうしょく」持ちを相方にしてうまく打ち消すようにしよう。特に後者は、敵を攻撃しつつ味方の攻撃力をアップさせられる。

ちなみにフラージェスは論外と書いたがこれは攻撃手段としてであり、
ダブルバトルで相手のきあいのタスキがんじょうを無力化した上で味方のじゃくてんほけんを発動させ、特性きょうせいを能動的に発動させるという使い方ができる。

関連タグ

ポケモン技一覧 はなびらのまい

pixivに投稿された作品 pixivで「はなふぶき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 685

コメント