ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第四世代
効果ポケモンに持たせると、HPが満タンのとき自分がひんしになるダメージを受けてもHPが1残る。同時にこの道具は消える
英語名Focus Sash


概要

初出は第四世代。タスキと略される。

上記の通り、HPが満タンのときに本来ならひんし状態になるダメージを受けてもHPが必ず1残るというもの。
どんなに紙耐久と呼ばれるポケモン、例えばサメハダーデオキシスアタックフォルムといったHBD種族値が低いポケモン、必ずHP1/1のヌケニンコイキングその他進化前でもこれを持たせておけば一撃で倒されることがない。
第二世代で登場した「きあいのハチマキ」と名前や効果が似ているが、あちらは残りHP関係なく一定の確率で何度でも発動するのに対し、こちらは発動した瞬間になくなってしまう。

対人戦では使用率の高い道具で、先に挙げた3匹は勿論明らかに耐久が低そうなポケモンはほぼ持っていると思っていい。
たまにガブリアスのような十分な耐久があっても4倍弱点(など)を持っているがために特定の技で一撃死しかねないポケモンにも搭載されることがある。
この道具を持たせることで、耐久が低くても最低1回、また「すばやさ」が上回っていれば最低2回の行動チャンスが保障される。
これを利用したコンボも多くあり、特にゲンガーのタスキで耐えてからの「みちづれ」コンボはあまりにも有名。
第五世代以降の「がんじょう」はこの道具の特性版のようなもの。こちらは特性が無くならないのでHPを満タンにする環境さえあれば何度でも発動させることができる。

なお、攻略中だと全くと言っていいほど役に立たない。このアイテムが手に入るような局面にもなれば、一撃で倒されるようなシチュエーションにはほとんどならないのである。何よりも、(対人戦では非常に有用なので忘れがちだが)このアイテムは消耗品である。貴重なアイテムを消耗してまで耐えるよりはげんきのかけらを使う方が良いだろう。

対策


これらは纏めて「襷潰し」と呼ばれ、がんじょうふしぎなまもりマルチスケイルばけのかわといったダメージを無効化する・軽減する特性対策にも共通する面がある。

まず、タスキやダメージ回避特性は「技のダメージにしか対応しない」という特徴があり、故にすなあらし・あられ・どく・やけど・罠のダメージを食うと為す術なく潰れる。
また、HP満タンという条件を崩せる連続技やおやこあいもその点で天敵。特にスキルリンクパルシェンの「つららばり」は、これに絡む前提条件がエラッタされた第5世代以降、「からをやぶる」を積んでいない状態でさえ威力25×5回連続×一致1.5倍で威力187の襷貫通攻撃と、ガブリアスやランドロスの襷を潰すどころか軽くいなせるため一躍メジャーとなった。からをやぶるを積むとさらに超威力の攻撃が放たれることになる。この他パルシェンは一致でこそないが「ロックブラスト」も覚えられるので、岩4倍弱点のリザードンファイアローウルガモス辺りにとっても脅威となりうる。
これの応用で、確実に1回は行動出来る先制攻撃技もタスキには効く。特に初手限定かつ覚えられるポケモンこそ少ないが、「ねこだまし」はタスキを潰しつつ相手の行動を1回封じられるため、有効な戦法の一つといえる。

総じて、「タスキをいかにして突破するか?」はポケモン対戦における大きなテーマのひとつともなっている。

パロディ

アニメ『阿波連さんははかれない』第5話「太りすぎじゃね?」(原作:コミックス第3巻収録第29話より)にてきあいのタスキのパロディとしてタヌキの人形が登場。もちろん、タスキとタヌキのシャレである。
阿波連さんの持つシロリンというモンスターがライドウくんの持つ7Vヤンキラスの確1攻撃を耐え、自分のHPと同等にする技で削ってから先制技でトドメを刺すというやたらガチな戦法に使われた(元ネタはもちろん、キモリなどが使う「がむせっか」戦法)。

同作が『ポケモンGO』のパロディ回であるにも関わらず、対戦方式が本家のそれであったり、先述のあまりにもガチすぎる展開からポケモンファンを驚かせた。

関連タグ

ポケットモンスター どうぐ がんじょう

きあいのハチマキ

関連記事

親記事

どうぐ どうぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「きあいのタスキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420629

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました