ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケットモンスターに登場するデオキシスのフォルムのひとつ。
ノーマルフォルムに比べかなり刺々しい外見に変貌した。

第三世代ではソフトによって使えるフォルムが決まっており、アタックフォルムはファイアレッドでのみ使用できた。

なお、映画などでは固有技のサイコブーストなどの攻撃を放つ際にこのフォルムに変化する。
大乱闘スマッシュブラザーズX』、またその次回作で登場するのもこの姿。

ゲーム上での特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
501802018020150


元々高かった攻撃面にさらに特化し、紙だった防御面は更にその薄さを増した。近年のメガシンカ登場による種族値のハイパーインフレ状態に晒されながらも、未だに攻撃種族値全ポケモン中4位、特攻種族値全ポケモン中2位、素早さ種族値全ポケモン中5位という超高水準の地位を維持している。ちなみにメガレックウザとは攻撃系の種族値が全く同じ。
攻撃面と防御面の格差があまりに極端すぎるため、混乱して自分を攻撃するとその一撃だけで体力の大半が消し飛ぶ。下手するとそれだけで自滅する。
だが、元々高速紙耐久で極端な種族値をしたノーマルフォルムを欠点は欠点と割り切った上で長点を伸ばした姿と考えれば、無駄のない賢明な種族値配分といえるだろう。

人気があるのも、対戦で使用率が高いのも、Pixivで圧倒的にイラスト投稿が多いのもこのフォルム。
バトルで使用するならばきあいのタスキ」は確実に必須。タスキ持ちならばかぢからからのしんそくで同じしんそく持ちのアルセウスに対抗できるのは大きな魅力。
一方で紙耐久であることから「いのちのたま」を持たせて攻撃力を上げ、超速攻アタッカーとして相手に指一本触らせないまでに突破力を上げる構築も見られる。

ライバルとしてはとくこうが上回るメガミュウツーYや物理攻撃にも対応するようになったメガミュウツーXがライバルとして立ちはだかる。こちらは「きあいのタスキ」などアイテムを自由に選べメガ枠を消費しないことや、専用技「サイコブースト」が差別化ポイントと言える。
 

関連タグ

ポケモンRSE ポケモンFRLG
幻のポケモン

関連記事

親記事

デオキシス でおきしす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アタックフォルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13716

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました