2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

レックウザ

れっくうざ

レックウザとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。 
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.384
ぶんるいてんくうポケモン
タイプドラゴン / ひこう
たかさ7.0m
おもさ206.5kg
とくせいエアロック


他言語版での名称

英語Rayquaza
イタリア語Rayquaza
スペイン語Rayquaza
フランス語Rayquaza
ドイツ語Rayquaza


容姿

緑色の東洋のような外見をしているポケモン。
前足はあるが、後ろ足はなく、羽らしきものは見当たらず、とぐろを巻きながら飛んでいる。
また、全身にカイオーガグラードンのような独特の黄色い模様がある。
ドラゴンらしいオーソドックスなデザインに加えて、色違いがリザードンなどと同じ黒色なことからかなり人気の高いポケモンである。

ドット絵はとぐろを巻いているしポケダンでもとぐろを巻いたまま移動する。若干シュールな絵面だがそうなった理由は単純にまっすぐになると画面に入りきらないからだろう。レックウザに限らず体の長い蛇系のポケモン自体が何かしらのポーズで収めなくてはいけないのだが。
全身を無理に画面に収めなくて良いポケモンカードやアニメではウネリはあるがまっすぐ飛ぶ。
今でも過去の名残でレックウザはとぐろを巻いているが、3D作品になりサイズの制限も無くなったメガレックウザはとぐろを巻かなくなった。

概要

語源は恐らく、「裂空(レックウ)+斬もしくは座(ザ)」。
もしくはサンスクリット語で『宝』を意味するKozaと掛けているのかもしれない。
オゾン層の中を飛びながら空気中の塵と水分を食べて生きているという、フォルムに似つかわしくないエコでストイックな生態を持つ。伝説のポケモンと呼ばれるだけはあり、年齢は億を超えているらしい。

『エメラルド』では、パッケージを飾りストーリーの鍵となっているポケモンで、カイオーガグラードンの暴走を抑える役割を果たした。この時のムービーはGBAと侮るなかれ、一見の価値ありの名映像。ちなみに『エメラルド』この一連のイベント終了後から捕獲にチャレンジできる。Lv.70なので、成功すれば相当心強い。

同格であったカイオーガ・グラードンがORASにてそれぞれゲンシカイキと呼ばれる新たな力を手に入れた一方、レックウザはメガシンカを入手する事となった。
さらに、「メガシンカの謎に関係している」と言う新たな設定が追加された。

体内にミカド器官という内臓を持っている。
成層圏に住むレックウザは本能的に宇宙から飛来する隕石を食べ続けており、ミカド器官は体内に溜まった隕石とレックウザのエネルギーを融合させ、メガストーンと同じ力を生み出すという。
ミカド器官によって自らメガシンカしたレックウザはゲンシカイキした超古代ポケモンをも退ける力を発揮し、古代から2匹の争いを鎮めてきた。

この姿を見た古代の人々が進めた研究は、現在のメガシンカの理論に繋がる。
ちなみに、レックウザの図鑑の説明も、古代人たちの伝承を元に編集されたものらしい。流れ星の正体はレックウザと考えられていた時期もあったのだとか。

ORASでは「エピソードデルタ」のなかで強制捕獲となる。
そのため、任意だったHGSS以前とは異なり、捕獲率係数に上方修正が掛かっている(BWのレシゼク及びXYのゼルネアスイベルタルと同程度)。

オゾン層や宇宙空間に棲息して地上に降下することも珍しくないので、重力・電磁波・電気・熱・冷気などには耐性があると思われる。が、対戦では…

初の禁止級伝説の3匹目であり、オーソドックスながらもカッコいい外見から人気は高く、2016年のポケモン総選挙720では7位、更に2020年のポケモン・オブ・ザ・イヤーでは8位どちらも禁止級伝説ではトップを記録(特に後者は準伝説禁止級幻のポケモンを含めても伝説ポケモントップをマークしている)しており、未だに高い人気を誇る。

2017年に展開された『Look Upon the Stars』ではりゅう座を担当している。付近にはこぐま座役としてヒメグマ、おおぐま座役としてリングマが描かれている。

ゲーム中での性能

超古代ポケモンHABCDST
レックウザ105150901509095680
カイオーガ1001009015014090670
グラードン1001501401009090670

調停者という立ち位置故に合計種族値が2匹より10高く、グラードンと同等の「こうげき」とカイオーガと同等の「とくこう」を持つ。また素早さは2匹よりも速い。
配分的には通常のキュレムに近い。
技はりゅうせいぐんげきりんじしんオーバーヒート等の高火力技を習得出来る。積み技に恵まれない禁止級ドラゴンの中では珍しくりゅうのまいつるぎのまいを覚えることが出来る。
また、禁止伝説としては珍しく先制技であるしんそくも習得できる。その為、アタッカーとしてはとても優秀なポケモンである。
攻撃・特攻の高さから物理型・特殊型・両刀どれでもこなす事ができるが、高速アタッカーとしての宿命か、耐久面は低め(あくまでも禁止級の中での話であり、H105,BD90と最低限は確保されている)。

しかし、禁止級初のドラゴンタイプという事から、後に登場した禁止級ドラゴンと比べると力だけに特化したレックウザはあまり目立てないという難儀も抱えており、(特に豪雪が吹きかかった第5世代では)お世辞にも使用率は高いとは言えなかった。更に600族に自身と全く同じタイプであるカイリューボーマンダがおり、役割の違う前者はともかく後者の存在は特に大きく、禁止級の枠を割くのであればレックウザより速い上に他の禁止級との同時採用も出来るボーマンダで良いという状態が(メガレックウザ登場後も)永らく続いていた。
更に特性の役割対象であるカイオーガグラードンに対してもそれぞれれいとうビームストーンエッジで対処されてしまう為、2匹の調停者としての役割も果たせないというあまりにも不憫な立ち位置であった。

そして...

ORASでは前述の通りメガシンカを遂げた。

詳細はメガレックウザのページが詳しいので、該当記事を参照のこと。

第8世代

特別扱いのメガシンカとは言え、剣盾でのメガシンカは叶わず。
ただ、その一方でガリョウテンセイを自力習得し、さらに特殊ひこうの大技ぼうふうを獲得した。伝説のポケモンの中でも特に高火力のダイジェットが打てるのは大きな個性であり、ダイマックスの影響で低めの耐久もカバー出来る等、メガシンカが無くなっても健在である。
ただ、メガシンカ廃止により、メガレックウザの強みであった合計種族値780の暴力+持ち物有りの利点と、特性による天候制圧能力を失ったのはあまりにも大きく、第7世代と比べても圧倒的に使用率を落としている。特に自身より圧倒的に速く、弱点を突いてくるザシアンの存在が痛い。

関連ゲームでの登場

ポケモン不思議のダンジョン

『救助隊』シリーズにおいてラスボスを務めた。

続く『探検隊』ではラスボスではなく隠しダンジョンのボスとして登場。

『救助隊DX』では自身のステージでは風によって数ターンごとに居場所が変わってしまうためそれなりに厄介な手合いになった。
それどころかクリア後に再戦するといきなりレベル70になる上に倒したと思ったらメガシンカで完全復活&こちらの天候封殺、そしてそこから飛んでくる大技ガリョウテンセイと、ラスボスの名に相応しい凶悪な強さで救助隊を次々と薙ぎ払ってくる。

ポケモン+ノブナガの野望

前座のゼクロムを退けてラスボスであるノブナガのポケモン(色違い)として登場する。

その後、厳しい条件をクリアすることでやっと仲間にすることができるが、本作でも屈指の性能を誇っている。

  • 飛行性能を持ち、地形を無視できて移動力が高い。
  • 直接&間接・複数攻撃可能の本作でも屈指の性能を持つ「りゅうのはどう」で攻撃。
  • 当時はフェアリータイプが無いため、無効化できない。
  • 本作独自の特性は移動した分だけ威力がアップするという能力。

さらに、ノブナガのランク2のブショーパワーが「2回行動できて、ひるませる」というモノである。それの効果がレックウザに付けば、移動力も相まって縦横無尽に暴れまくる。
トドメに、背水のお札を発動させれば攻撃・防御数段階アップに移動が5、更に2回行動という、魔王どころか、どこぞの狂王のような雰囲気を味わえるだろう。

ポケモンGO

グラードン、カイオーガに続き、第3世代の伝説枠として2018年2月10日3月16日までの期間限定でレイドボスとして登場。その後「レイドウィークエンド」の対象ポケモンとして2019年3月16日~18日に復活し、2019年8月1日~9月2日にかけて、今度は色違いを引っ提げて3度目の登場を果たした。2020年8月に開催されたドラゴンウィークで4度目の復刻が行われた(色違いも再度実装)。

性能

原作同様、高い攻撃力を持つ反面、耐久性能は低めである。

習得できる技は通常技で「エアスラッシュ」と「ドラゴンテール」、ゲージ技で「つばめがえし」「げんしのちから」「げきりん」(期間限定で「ぼうふう」)。
「ドラゴンテール」「げきりん」はカイリューでお馴染みの組み合わせなので、レックウザでも当然この組み合わせが推奨される。
また、何気に鳥ポケモン以外で通常・ゲージ技の両方をひこう技で固められる数少ないポケモンの1つでもある。

レイドボス

種族値の関係からか、グラードンやカイオーガよりかはCP値が低く、耐久性も低いことから4~5人程度の少人数PTでも頑張れば倒すことはできる。
ゲージ技が「げきりん」を除けばいずれも低威力で、手持ちのポケモンをきちんと育成しておけば、グラードンやカイオーガのように一撃死の心配があまりないのも攻略しやすいポイントの1つ。
基本的には二重弱点を突けるこおりタイプのポケモンで攻めていけば事足りるのだが、ゲージ技が「げんしのちから」であった場合はこちらも効果ばつぐんを取られる可能性が高い。出撃前の推奨ポケモンからうまく技を割り出すことが重要である。この他いわタイプフェアリータイプも有利。

レックウザVSグラードン+カイオーガ

pokemon GO


2018年2月24日~3月5日まで、レックウザVSグラードン+カイオーガのレイド対決が行われた。
内容は、期間内に「レックウザ」と「グラードン+カイオーガ」のどちらの方が多く討伐されたかというもので、集計後、レックウザであれば「強風」、グラードン+カイオーガであれば「晴天」「雨天」に強化されるタイプのポケモンが卵から孵りやすくなる。

トレーナー達の奮闘の結果レックウザの勝利となった。
このため、3月6日から15日まで強風の天候時に強化されるポケモンがタマゴから孵りやすくなり、更にレイドボスにも追加された。


ポケモンレンジャーシリーズ

第一作にのみ登場。カイオーガグラードンのキャプチャ後に発生するミッションで出会う事になる。
フィオレ神殿に舞い降りた所、ゴーゴー団の残党に捕獲されそうになっていた為に激怒していた。
キャプチャ画面ではりゅうのはどうを撒き散らし、キャプチャに失敗するとぼうふうを巻き起こして妨害してくる。
彼(?)と同様に濃い存在を放っていたのがゴーゴー団の残党でゴーイングマイウェイだのゴーヤチャンプルーだのゴーから始まる言葉を出鱈目に言う事で正体を誤魔化そうとしたが、ネタ切れになるとヤケクソになって正体を表していた。(ゴールドラッシュとかゴールキーパーとか他にも一杯あったでしょうよ…と突っ込んではいけない。)


ポケモンマスターズ

2020年1月30日から行われたイベント「天空を統べる竜」にてヒガナの相棒ポケモンとして登場。
しかし、エピソードデルタ本編にてヒガナ本人の力ではメガシンカ出来なかった(主人公の持つ隕石によってメガシンカした)事もあり「ガリョウテンセイ」を覚えておらず、バディーズわざは「みんなを守る祈りのりゅうせいぐんとなっている。
そしてガリョウテンセイを覚えていないため当然メガレックウザにはならない。

スマブラシリーズ

スマブラX

アドベンチャーモード「亜空の使者」及びボスバトルでのボスとして登場。声はアニポケ版同様小西克幸氏が担当。
オゾン層に住むポケモンであるのにもかかわらず、突如として湖から現れ、たまたま出くわしたディディーコングとフォックスに襲いかかる。

戦闘でははかいこうせん(ただし、光弾となっている)、空中に舞い上がってから放つかみなり、目を光らせてファイターを爆破するこわいかお(原作では攻撃技ですらない)、画面外から突っ込んでくるそらをとぶ、地面に潜り、上下突進を繰り返すりゅうのまい(原作で(ry)で攻撃してくる。
もちろんこおり技が効く…はずもないので、はかいこうせんをリフレクト効果のある技で反射するなりして凌ぐことを推奨する(ムービーではフォックスがリフレクターを使っているのでこれが攻略のヒントになっている)。もちろん、スマッシュプレートでフィギュアに変える事もできる。

戦闘BGMはRS版のチャンピオンロードとなっており、レックウザと戦えるのはこの作品のみ。

大乱闘スマッシュブラザーズforWiiU

カロスポケモンリーグ」の「竜章の間」に低確率で出現。画面外から突進攻撃を仕掛け、当たったファイターをふっとばす。

スマブラSPECIAL

前作に引き続きステージギミックとして登場する他、スピリットとしても登場。ランクはACE。無属性で全ての相手に対応でき、ジャンプ強化持ち、更にスロット3つなど戦力としては申し分ない性能を持つ。メガレックウザは登場していない。ゲンシカイキはあるのにどうしてこうなった。
また、ボスキャラクターの中でもランクはかなり上の方。

アニメ

映画『裂空の訪問者

CV:小西克幸
映画『裂空の訪問者デオキシス』に登場。
自身の住処であったオゾン層を横切ったデオキシスを憎み、激しくバトル。その後、なんと4年越しにデオキシスを追跡し、ハイテク都市<ラルースシティ>を大混乱に陥れる。
縄張り意識が強く一度怒らせるとなかなか手に負えない。

劇場版での活躍からか、レックウザの声はこれ以降はスマブラを含めて長らく、小西克幸氏が担当していた。(作品によってはギャラドスもといディアルガの鳴き声の流用をされる事も。)

史上最悪のトゲピー

CV:小西克幸
アニメ『ポケットモンスター』3期目『ダイヤモンド&パール』142話「史上最悪のトゲピー!」に登場。ロケットで宇宙進出しかけたサトシとロケット団を攻撃してきた

最強メガシンカ

Ⅱでは、メガシンカエネルギーを放つ伝説の巨石の復活に際し、伝説の巨石の元に飛来。その巨石と呼応してかメガレックウザメガシンカし、巨石を復活させたアラン達を攻撃、周囲を一方的に破壊するが、巨石がどこかに消失したために姿を消した。
Ⅲでは、再びホウエン沖に出現した巨石の元にメガシンカして来襲。同じように巨石の力を狙っていたゲンシグラードンゲンシカイオーガの2匹と交戦。
激戦の末、ガリョウテンセイで2匹をゲンシカイキ解除までに追い込み勝利するが、狙っていた巨石はフラダリの潜水艦に奪われてしまい、仕方なくメガシンカを解除して空へ帰っていった。
裂空の訪問者と同一個体かは不明。

映画『光輪の超魔神フーパ

色違いの黒いレックウザが登場。
ラティアスラティオスと共にサトシ達に協力。
サトシの指示に従い、サトシ達のポケモン編隊の主力として、フーパの影に操られる伝説ポケモン達を相手にメガシンカして激闘を繰り広げる。 フーパの影が狙うデセルタワーを守るため、サトシの指示で竜巻を起こしてデセルタワーを覆い、ラティアス達のサイコキネシスで竜巻を強化することで数度は伝説ポケモンの攻撃をしのぐ芸当も見せた。

余談

レックウザは2012年に行われた「歴代ゲーム ポケモン総選挙」で見事1位に輝いたことがあり、
その時にもらえるレックウザの覚えているわざは……まさかの「Vジェネレート」であった。
なんとビクティニしか覚えられなかったはずのあの強力技「Vジェネレート」を覚えたのだ。因みに相性の悪いこおりタイプや技の通りが悪いはがねタイプに対して有効なので相性は良い。その直後、今度はポケナガ発売記念で色違いのレックウザ(ノブナガの黒いレックウザ)配信まであった。

そして2015年…「次世代ワールドホビーフェア '15 Winter」においてまたもや黒いレックウザの配信が決定した。今度はカロスマーク色違いを両立するので意味はある。2015年3月には月刊コロコロコミックのタイアップでも黒いレックウザが配信された。

さらに2016年、7月の東京スカイツリータウンへのポケセンオープンでも黒いレックウザが配信された。ただしガリョウテンセイ持ちなのでORAS限定。

アニポケでは、ゲームに登場しない紫色のレックウザが登場した回が存在する。詳しくはムウマージの項目にて。

主な使用キャラクター

黒レックウザとかマジカッコイイ


伝承者ヒガナ



関連イラスト

レックウザ


legend!


オゾン層の主



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS
ポケモン一覧 ドラゴンタイプ ひこうタイプ
伝説ポケモン カイオーガ グラードン
 ドラゴン オゾン層 黒いレックウザ

383グラードン384レックウザ→385ジラーチ

同タイプ
カイリューチルタリスボーマンダ
オンバット/オンバーン

第3伝説

世代ポケモン
第3世代レックウザ(メガレックウザ)
第4世代ギラティナ(オリジンフォルム)
第5世代キュレム(ブラックキュレム/ホワイトキュレム)
第6世代ジガルデ(10%フォルムパーフェクトフォルム)
第7世代ネクロズマ(たそがれのたてがみ/あかつきのつばさウルトラネクロズマ)
第8世代ムゲンダイナ(ムゲンダイマックス)

関連記事

親記事

超古代ポケモン ちょうこだいぽけもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7023378

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました