ピクシブ百科事典

伝説ポケモン

でんせつぽけもん

伝説ポケモンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する神話や伝説に出てくるポケモンの総称。
目次[非表示]

概要

ポケモンの世界にはその世界そのものにさまざまな影響を与え、大きな力を司ってきた特別なポケモンが存在している。

人々は希少種である彼らを敬意を込めてこう呼んだ。

――伝説のポケモン、と。


言葉の通りなら神話や伝説に出てくるポケモンのみを指すことになるが、ストーリー上で1匹しか存在しないものやイベントで配布されるものも含む場合がほとんどである。
本来は「伝説ポケモン」という呼び名だが、下記に示す理由から当記事を本記事とする。

余談ではあるが、ウインディの図鑑における名称も”でんせつポケモン”である。
また、ソーナンススマブラDXにおいて、ゾロアークスマブラforにおいて伝説のポケモン扱いされている。

分類について

ゲーム上や公式での分類は伝説のポケモン幻のポケモンの2つである。
ゲーム上での扱いによって両者を区別することが多いが、立ち位置の関係上2つを完全に区別し難い事例が少なくない(ミュウミュウツー聖剣士など)ため、本記事は両者を統合した記事として建てることとする。
また、「伝説のポケモン」の内部でも区分が存在する。

伝説のポケモン

ざっくり言ってしまえば「特別な存在だが、幻のポケモンではないポケモン」という区分。
地方の言い伝えに登場し、本編ゲーム内では(※)原則1匹のみ手に入れることができる。
別の地方に行くと入手が不可能もしくは困難。
より詳しく言えば「タマゴ未発見であり、入手手段が非常に限られるポケモン」のことを指す。
この「伝説のポケモン」のうち、ストーリーに関わるか否か、種族値合計が高いか低いかで以下の2つの区分が主にファンの間で使われている。
だがこれらは公式の呼称ではなく、あくまで通称であることに注意されたい。

(※)ポケモンGOなどの外伝では「1匹のみ」の制限が撤廃されていることも。

準伝説

伝説のポケモンのうち、種族値の合計値が600以下のポケモン
ストーリーに関わることがほぼなく、出会わなくてもクリアできることが殆ど。
第5世代までは三種一組(トリオ)で出現するのが通例だった。
多くの種族で合計値が600・580・570のいずれかであり、前者は600族と区別するため準伝600族と呼ぶことも稀にある。
レジギガスアーゴヨンなどは例外。

伝説のポケモンだが、基本的にバトル施設、公式大会での使用制限がない。
ゲーム内のバトル施設では普通にトレーナーが連れていることもある。
また「主人公が入手可能なのは1匹だが、他のトレーナーも連れており複数個体の存在が確認できる(レジ系タイプ:ヌル)」「そもそも主人公も複数個体を入手できる(一部のウルトラビースト)」といった事例もあり、後述の禁止伝説ほどの希少種ではない模様。

このような扱いから「準」と呼ばれるがゲーム内での扱いはきちんと伝説のポケモンである(そもそも「準ずる」とは「同じとして扱う」である)ため言及する際は注意が必要。
ちなみに言い伝えに出てくるわけではない(どころか明らかに特定外来生物である)が、ウルトラビーストも扱い上はここに収められる。

禁止級(禁止伝説)

伝説のポケモンのうち、種族値の合計値が600を超えるポケモン。
いわゆるパケ伝(本編新作のパッケージを飾る伝説ポケモン)の全てがこの禁止級に属し、パケ伝を中心にメディアへの露出も多い。
ちなみにパケ伝(マイナーチェンジ版のものを除く)はいずれも種族値合計が670~680となっている。

第5世代以降はパケ伝あるいは彼らと縁の深いとある禁止級を捕まえないとストーリーが進まないため、さっさとクリア後のマップを解禁したいポケモン廃人達の目の上のたんこぶ的存在にもなっている。
その代わり捕獲はしやすい。

性能が高すぎるためか、基本的にバトル施設、公式大会で出場が禁止される(これが「禁止級」の由来)。
GSルールや第8世代のランクバトルのシリーズ8など、ルールや時期によっては解禁されることもある。
なお、コスモッグコスモウムは合計値600未満だが、最終進化形が共に680となるためここに分類される。
バドレックスも通常形態は600未満だが、融合形態は680となる。

幻のポケモン

特別な存在で、かつ通常プレイでは入手できないポケモン。
いわゆる隠し要素であり、人前に滅多に姿を見せない、もしくは個体数があまりに少ないため、その存在が謎に包まれて(とされて)いる。
ちなみにゲーム内にはかつてミニリュウが幻のポケモンとされていたとする図鑑説明が存在し、ここからも「幻」とは「存在そのものが不確か」という意味であることが分かる。

映画で初登場しその映画と連動して配布されることで入手、というパターンが多い。
最大の特徴として「ポケモン図鑑の完成条件に含まれない」ことがある。
持っていない人が永遠に図鑑完成にならないことを防ぐための処置と思われる。
上記2つと違い種族値のくくりは存在せず、上は720のアルセウスから下は480のフィオネ(ただしフィオネは一部から禁止級扱いされることも)までピンキリ。
ただ第5世代まで種族値が全て100(=合計種族値600)になっているポケモンが必ず1種類以上登場しており、この縛りが崩れた現在でも種族値合計が600になっているポケモンが非常に多い。

基本的にバトル施設、公式大会での使用は禁止される(バトル施設に関しては、第8世代のバトルタワーのような例外も一部である)。
性能面は一部を除き一般ポケである600族と大差ないが、期間限定でしか入手できないことから、それによる戦力差をなくすべく禁止されているものと思われる。

存在そのものが不確かであるため通常プレイでは入手できないのが通例だったが、通常プレイで入手できるセレビィデオキシスケルディオ、通常プレイでの入手は不可だが孵化量産によっていくらでも入手できるフィオネなどが登場し、その定義が揺らいでいる。
これらのポケモンはファンから禁止級扱いを受けることもある。

ポケモンGO』と『LPLE』または『ポケモンホーム』があればいくらでも手に入るメルタンメルメタルについては公式側が「幻のポケモン」として紹介している。
また、かつてはホウオウ・ルギアもこの枠に入っていた時期があった(第3世代『FRLG』~第4世代『Pt』まで。ゲーム本編での入手方法がなく外伝作品でしか手に入らなかったため)。

特別なポケモン

バトル施設や公式大会、通常のレーティング(ランク)バトルでは上記のうち「禁止級」「幻のポケモン」の2つが原則的に出場できない。
このためこれら2つを統合して「特別なポケモン」という呼称がゲーム内で使われることがある。

伝承について

伝承の真偽

伝説(幻)のポケモンは「○○の神」というような異名を持っていたり、伝承を残しているものが多いが、実はゲームにおいてはそれらが本当に事実であるという断定はなされていない。
伝承そのものも、眉唾の域を出ないような表現が数多く存在する。


ポケットモンスター 金・銀』では、史実に基づいた伝説を持つホウオウとは違い、双璧を成しているルギアにのみ「海の神」という異名が付けられている。
ただし、ストーリーで伝説の内容が語られるホウオウとは異なり、ルギアの場合は異名しか語られることはなかった。根拠は不明である。
リメイク版の『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』において、オーキド博士は「ポケモンに天変地異を引き起こす力があるのかは不明」と話している。

ポケットモンスター プラチナ』において、シロナは「大昔の人がディアルガパルキアの力を目の当たりにし、それを時空のシンボルとして語り継ぐ中で神話が生まれたのでは」と持論を展開している。

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』では、キュレムが夜になると現れ人やポケモンを食らうと伝わっており、これを信じている人も少なくない。

もっとも、グラードンカイオーガが天変地異もかくやという被害をもたらすほどの力を持つことは確かであるし、ディアルガやパルキアはゲーム中でアカギの手によって実際に新世界を創造しかけており、またアルセウスはシント遺跡でそのディアルガとパルキア、そしてギラティナを生み出すなど、神話や伝承が全て虚構だとは思えない描写は随所に存在している。
むしろ、前述したゲーム中の否定的な表現は、伝説ポケモンの異常性や神秘性を引き立たせるフレーバーと捉えることもできるだろう。

ゲームシステムにおいて

フィオネを除き、タマゴで繁殖させることは不可能。
故にほとんどの種族で(ゲーム上では)性別が存在しない。

第6世代以降、捕まえた伝説のポケモン(厳密には「タマゴ未発見」グループに属するポケモン)は個体値最高(31:V)が最低3つ入っている。
また、野生で出現する伝説ポケモンは捕獲率が非常に低く設定されている。
ストーリーに関わってくる種は捕獲率が高めになっているが、それはDPt以降の話で、それが全く考慮されていなかったルビー・サファイア、捕獲率が変更されないことが仇となっているHGSSは結構大変なことになっている。
また、捕獲時のなつき度が低いポケモンが多いのも特徴。
ラティ兄妹三湖など例外も多いが。

戦闘面でも他を圧倒する力を持ち、能力が高水準でまとまっていることが多い。
エアロブラスト」や「サイコブレイク」のような固有技を有している者も多いが、「せいなるほのお」「らいげき」のように後に別の伝説(配布限定含む)にもばらまかれた技も存在する。

ポケモンSMでは初めて進化する伝説ポケモンが登場。
また同作のGTSでは幻含めた全ての伝説ポケモンを検索から外すことができるようになっている(第6世代では準伝説は除外対象に含まれていなかった)。

ポケモンGO

野生の個体はほぼ存在せず、不定期にジムにレイドボスとして襲来してくる個体にレイドバトルで勝利した後の「ゲットチャンス」で捕獲に成功するか、フィールドリサーチを7日間こなして「大発見」の報酬として捕獲する以外の入手方法がない。
レイドボスとしては、伝説だけあって通常のレイドボスとは比較にならないほど高い戦闘力を持っているため、倒すだけでも相当な労力を必要とする。

さらに、原典同様、基礎捕獲成功率が低く(2%、一部3%や6%もいる)、さらにボールもレイドバトル参加賞で平均十個前後しかもらえないプレミアボールしか使えないため、捕獲するのも至難の業である。
尚、色違いの個体が出現した場合は捕獲率は100%となるが、その確率も約5%と低め。

リサーチの方は毎日コツコツこなしていけば何とか手に入るが、条件が厳しいものもあり安定はしない(それでもレイドバトルよりはだいぶマシだが)。
また、ミュウ、セレビィ、ジラーチの3匹については「スペシャルリサーチ」による決まったミッションをこなす必要がある。
こちらもミッションは簡単なものから厳しいものまでピンキリであり、何ヶ月も達成できないままということもしばしば。

一般のポケモンと比べると、ジムに防衛要員として設置することができないメルタンメルメタルは例外で、ジムに設置することが可能)、相棒ポケモンに設定しても20kmもの長距離を歩かないとアメが貰えない(そのため、強化やサードアタックの解放等の育成には、「ふしぎなアメ」がほぼ必須である)など、強力である分育成や使用には非常に厳しい制限が設けられている。

また、ステータス自体は確かに高いのだが、一般ポケモンと比べると、通常技・ゲージ技共に、威力が高い分、連射の利かない技を与えられることが多い傾向にあり、小回りが利きにくい種族が多く存在する。
以前はジム戦やレイドバトルしか自身の戦闘力を活かす場面がなかったため、攻撃力や優秀な技を持たない種族は伝説とは思えないほどの冷遇ぶりを受けていたが、トレーナーバトル実装後は耐久力も注目されるようになり、これらの種族の多くが救済された。

2018年9月、同ゲーム内で本編に未登場の新たな幻のポケモンが発見された。

該当ポケモンの収集について

  • 第3世代

エメラルド』と『ファイアレッド・リーフグリーン』があれば幻とルギア、ホウオウを除くすべての伝説ポケモンを揃えることができる。
ルギアは『ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』、ホウオウは『ポケモンコロシアム』をやり込んで通信で手に入れよう。

  • 第4世代
プラチナ』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』があれば、通常プレイなら幻とレジ系除くすべての伝説ポケモンを揃えられる。
レジ系を入手するにはプラチナと現在は入手困難なテンイむらのレジギガスが必須。
その代わりなのか三鳥がプラチナ・HGSS両方で入手できる。

  • 第5世代
ブラック2・ホワイト2』をもってしてもカントー・ジョウトの伝説ポケモンは手に入らない。
逆にホウエンはグラードン・カイオーガ・レックウザ以外を、シンオウはディアルガ・パルキア・ギラティナ以外を入手可能。
と書いてしまえばわかる通り、要はHGSSとプラチナを買って揃えてくれという話だったわけである(HGSSもプラチナも、第5世代のソフトと同じニンテンドーDS用なので、ハード自体は共用であり買い揃えるのにさほど苦労は要らなかった)。
なお、『ポケモンARサーチャー』経由でなら、過去作を買わずとも入手可能な種族が何種類かいた。

  • 第6世代
XY』と『オメガルビー・アルファサファイア』があれば幻を除くすべての伝説を揃えることが可能。
ただし三鳥に関しては最初に選んだ御三家に応じて一種類しか出現しないため、三種コンプするには一度リセットする必要がある。

  • 第7世代
USUM』2本で幻を除く全ての伝説ポケモンを捕獲できる。
もっとも、第7世代から全国図鑑がソフトの中から消えポケモンを預けるサービス専用のコンテンツとなったため、集める必要性は低くなったが。

  • 第8世代
剣盾冠の雪原』のダイマックスアドベンチャーでレジ系・聖剣士・タイプ:ヌル系列・ガラル伝説組(ガラル三鳥も含む)・幻を除く全ての伝説ポケモンを捕獲できる。
また、バージョン違いでも出現するソフト主催のコースにゲストで参加し居場所を登録することで、該当するバージョンを持っていなくても捕獲することが可能となっている。

伝説ポケモン一覧

太字幻のポケモンに定義される種族。

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ


ポケットモンスター 金・銀・クリスタル


ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド


ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ


ポケットモンスター ブラック・ホワイト


ポケットモンスター X・Y


ポケットモンスター サン・ムーン


ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン


ポケモンGO


ポケットモンスター ソード・シールド


「トリオ」「パケ伝」とそのマスター

前述の通り、第5世代までの準伝説は毎回三種一組(かつ1匹ずつ)で登場していたが、同時にそれら3匹を統べるものの存在が示唆されることが多かった。
ファンの間ではこの3匹を「トリオ」、3匹を統べる存在を「トリオマスター」と呼ぶ習慣があった。
第6世代からは準伝説が登場しない、登場したが4匹(4種類)であるといったケースが立て続けに生じ、トリオとトリオマスターの概念は廃れつつある。


他方、パッケージを飾るパケ伝はその商法上常に二種一組であるが、彼らについてもその行いを鎮めたり監視したりするものの存在が示唆されることがある。
上記の習慣の名残で、パケ伝を鎮め監視するこれらのポケモンもマスターと呼ばれることがある。


なお、パケ伝というよりは追加コンテンツの看板ではあるが、『冠の雪原』ではマスター(バドレックス)が先に登場し、後から存在が判明した配下の2匹(ブリザポスレイスポス)を操るという関係性が登場した。


関連イラスト

三犬
陸・海・空


大神竜バトル シンオウ銀河伝説
湖トリオ


お前の望むものは



主なポケモン用語



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
RGB GSC RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW(BW) ポケモンBW2(BW2) ポケモンXY ORAS ポケモンSM ポケモンUSUM LPLE ポケモン剣盾

ウインディ - 分類はでんせつポケモンであるが伝説のポケモンではない

古龍種 - モンスターハンターシリーズにおける似たような存在。

関連記事

親記事

ポケモン一覧 ぽけもんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伝説ポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4994712

コメント