ピクシブ百科事典

トルネロス

とるねろす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.641
英語名 Tornadus
ぶんるい せんぷうポケモン
タイプ ひこう
たかさ 1.5m(れいじゅうフォルム:1.4m)
おもさ 63.0kg
とくせい いたずらごころ / まけんき(夢特性) /さいせいりょく(霊獣フォルム)


※いたずらごころ:変化技を先制で出すことができる
※まけんき:能力を下げられると「こうげき」が2段階上がる
※さいせいりょく:ひっこめると自分のHPを1/3回復させる。

容姿

風神のおっちゃん


所謂風神の姿をしたポケモン。体色は緑色をしており、
を生やしている。頭部には角が2本生えている。
白い雲の上に上半身のみが出ている。また別の部分から紫色をした尻尾が出ている。
それ以外は、ボルトロスランドロスとほぼ同じ姿形をしており、
三体合わせてコピペロスと揶揄されている。

疾风之鸟!


BW2でのれいじゅうフォルムは鳥(朱雀?)型。
コピペ脱出は達成したものの、顔はおっさんのまんまである。ある意味すごいインパクト

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「トルネ(トルネード<tornado>:竜巻の意味)+ロス(アイオロス:ギリシア神話に登場するアネモイ(風の神)たちの主)」
『ブラック』のみ登場するポケモン。『ホワイト』のみに登場するボルトロスと対となるポケモン。

雲のようなエネルギー体に下半身が包まれている。時速300キロで を飛び、
トルネロスの尻尾から噴き出したエネルギーが大を起こし、民家を吹き飛ばすパワーを持っている。

以上のように時速300キロで空を飛ぶとポケモン図鑑には書いてあるが、
それすらも超えるマッハ2(時速2448km)で飛ぶ鳥ポケモンもいることは忘れてはいけない。
だが種族値的にはトルネロスの方が速い。ポケモン図鑑では良くある事なので気にする事はない。

最早恒例となった今作における徘徊型ポケモンである。
そしてシリーズ初の純粋ひこうタイプでもある

設定としては、特性である「いたずらごころ」が示すように、悪戯好きで民家を吹き飛ばしたりする。
その為、上位ポケモンであるランドロスの怒りを買い制裁を受けたことになっている。

旋風のトルネロス!


確かにこれではお叱りも受けるだろう。

ちなみに『ホワイト』では全くに目にすることが出来ないので、GTSでの入手が不可能であり、入手難易度が高いポケモンである。

ゲーム上の特徴

デザイン自体は好みが分かれるが、伝説ポケモンらしく性能自体は紛れもなく高性能。

ステータス的には、特に攻撃115、特攻125、素早さ111とかなり高い。
というよりボルトロスと全く同じ種族値である。
霊獣フォルムは攻撃と特攻が15ずつ下がり、素早さと防御、特防に10ずつ加わった。
上昇した素早さは121ととても速く、対戦で使われる中ではかなりの高速ポケモンとなっている。

唯一の飛行単であり、タイプ的にも抵抗弱点が少ない為「劣化ボルトロス」になりかねない部分が指摘されていたが、それも昔のお話。
まともな飛行技を使えないボルトロスと比べると、「ぼうふう」「アクロバット」などの高威力の飛行技や、特性「いたずらごころ」からの「おいかぜ」が扱えるのが魅力。
BW2以降は炎技の「ねっぷう」を入手し、ますます別ポケの道を進んでいる。
さらにメガレックウザの登場により弱点すらなくなってしまった。

種族値的には特攻のほうが高いが、化身フォルムでは高威力で命中安定な物理型メインで使用される事が多い。
化身フォルムのジュエル+アクロバットで丁度1素早さが勝っているラティオスを確1という露骨な種族値調整が見え隠れするポケモン。
消費後で対面してしまった場合は「とんぼがえり」が使いやすく、霊獣フォルムの物理型ではこちらから入る事になる。特性の「さいせいりょく」とも相性が良い。
特殊のほうも雨下必中の一致「ぼうふう」が強く、化身フォルムならファイヤーと並んで最強の一致「ぼうふう」使いになる。

トリプルバトルでは、この高威力で遠隔属性のある飛行タイプの技をタイプ一致で使える。
高い素早さからかなりのポケモンを縛る事が出来る。

難点としては、徘徊系の宿命としてとにかくその捕獲方法から厳選が難しい点に尽きる。
しかしボルトロスと違ってめざパが殆ど必要ないので、そちらと比べればまだ可能な範囲といった所である。

第6世代のオメガルビーでは固定シンボルで出現するため、厳選のハードルがかなり低くなった。条件はポワルンが手持ちにいること。ポワルンはストーリー中でもらえるためおおぞらをとぶができるようなればすぐに捕獲することができる。

ちなみに仕様上、ひこうタイプの中では珍しくはねやすめを習得することができない(使うとタイプが存在しなくなってしまうため)。
なお、改造などで無理矢理使わせるとノーマルタイプと同じ相性になる模様。

関連イラスト

とるねじい
3匹のおじさん



関連タグ

ポケモン一覧 ひこうタイプ 伝説ポケモン
ポケモン ポケモンBW 完全に一致

pixivに投稿された作品 pixivで「トルネロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283894

コメント