ピクシブ百科事典

準伝説

じゅんでんせつ

準伝説とは、伝説のポケモンの内の通称の一つである。
目次[非表示]

概要

伝説のポケモンのうち、バトル施設やレーティングバトルでの使用制限が無いポケモンのことを指す。
制限がかかっていないとはいえ、その基本の能力値はどれも高水準。
合計種族値はレジギガスタイプ:ヌルベベノムアーゴヨンを除いて570、580、600のいずれかとなっている。
なお、この言葉は作中では一切登場せず、あくまでファンが用いている通称である。
「準」伝説といっても作中ではきちんと伝説のポケモンとして扱われているので誤解のないように注意されたい。

作品上主軸となるポケモンと配下・恩人などの関連性であったり、全くの無関係である事も。
もちろん伝承・神話にも登場する為、専用グラフィックが用意されており、
殆どの伝説ポケモンと同じく捕獲するにはいくつもボールを投げる必要がある。

洞窟・廃墟などダンジョンと呼ばれる場所で待ち構えるタイプの他に、
ゲームの舞台となる地方を徘徊する(徘徊系)タイプもいる。
徘徊系の捕獲は通常より難しくなるので、工夫を凝らさないと捕まえることができない。

アニポケでも希少種とされ、メイン回が設けられることもよくあるが、普通のポケモントレーナーの手持ちポケモンとして登場する事もしばしば。

種族値が一般ポケモンである600族と同等もしくはそれ以下なのはいかがなものか・・・

XYにて個体値確定で3Vで登場するようになるという革命的な改善が施された。
BW乱数調整なしではほぼまともな厳選が不可能なことに対する批判が少々ながらも出始めたことによるものと推測される。SMにて王冠によりめざパの厳選も遥かにまともになった。

もし当時大多数の肯定派の意向であったBWの時の仕様のまま現在を迎えていたら、下記の通りの大量かつメタ性能が高いカプウルトラビースト全てが乱数なしではまともに厳選できない=まともな使用が不可能というゲームどころではないとんでもないことになっていたため、BW当時の仕様が復活することは永遠にないだろう。


一般的に準伝説のポケモンと言われているポケモン

そのポケモンが初登場した作品で分類する。

赤/緑/青/ピカチュウ

金/銀/クリスタル

ルビー/サファイア/エメラルド

ダイヤモンド/パール/プラチナ

ブラック/ホワイト/ブラック2/ホワイト2

サン/ムーン/ウルトラサン/ウルトラムーン


ポケモンXYでは今まででは初めて新規の準伝説が不在であった。そのためか、サン/ムーンの新規追加の準伝説が最多である。

三匹の準伝説

初代から第五世代までは、ラティ兄妹を除き、必ず三匹トリオで同種族値合計の準伝説が一組ずつ存在した(コピペロスランドロスのみ種族値合計が異なる)。
それぞれのトリオにはマスターのような立ち位置であるポケモンが存在する。


準伝説に関連するポケモン用語

三鳥 三犬 レジ系 三湖 聖剣士 コピペロス カプ神 ウルトラビースト

関連項目

ポケモン 伝説ポケモン 禁止級 幻のポケモン 厨ポケ

pixivに投稿された作品 pixivで「準伝説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8119

コメント