ピクシブ百科事典

ベベノム

べべのむ

ベベノムとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するウルトラビーストの一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.803
アローラ図鑑No.261
UBコードネームUB:STICKY
分類どくばりポケモン
タイプどく
高さ0.6m
重さ1.8kg
とくせいビーストブースト


進化

ベベノムアーゴヨン(「りゅうのはどう」を覚えている状態でレベルアップ)

概要

初登場は『ウルトラサン・ウルトラムーン』。アローラ地方を脅かす謎の存在ウルトラビーストの一種。
UB:STICKY(スティッキー)というコードネームで呼ばれている。
そして、ウツロイドと同じく第7世代で初となったどくタイプの伝説級2匹目である。

子供のエイリアンのような姿をした紫色のポケモンで、異形且つ異質な者ぞろいのUBの中では、従来のポケモンに近いかわいい姿をしている。
デザイナーのジェイムズ・ターナー氏曰く、名前の由来はBaby(赤ん坊)+Venom(毒)。


粘着性の高い毒液が詰まった大きな頭部を持ち、戦闘時はこれを頭の毒針から発射する。
その毒液をイタズラ感覚で相手にぶっかけケラケラ笑うという小悪魔的な面もあるが、感情豊かで知性が高く、長く接すると人の言葉も理解できるらしい。
危険性ばかりが取り上げられるウルトラビーストとしては、この性質は非常に珍しい。

そのため故郷の世界「ウルトラメガロポリス」では、御三家のような人間のパートナーポケモンの代表格として親しまれ、出身者のウルトラ調査隊も手持ちとして繰り出してくる。

但し実際に繰り出してくるのは2戦目からであり、ロトム図鑑にもしっかり「見つけた数」として追加されてしまう。
そもそもパッケージの時点で名前バレしており、折角のコードネームが全く機能していない。ウルトラビーストとしての特異性とは一体……。

野生においては百匹以上の群れを作り、リーダーとなる進化系のアーゴヨンの庇護の元、アーゴヨンが作ったスズメバチの巣そっくりなコロニーに集まって暮らす。

ウルトラネクロズマを撃退後、主人公を気に入ったベベノムをもらうことができる。1ソフトで入手できるのはこの1匹だけだが、受け取るのはいつでも構わない。
ブロックルーチンは適用されていないため、後に公式から配信されるまでは、一部のプレイヤーが色違い個体の厳選を繰り返していた。

アニポケのベベノム

CV:愛河里花子
サン&ムーン55話ラストで初登場。その後の「ウルトラガーディアンズ編」のキーパーソンであり、新OP「未来コネクション」はベベノムが主役の内容となっている。

61話でアローラに現れ、マッシブーンと戦っていたサトシのピカチュウが放った10まんボルトウルトラネクロズマが放つ光によく似ていた事から、彼らに強い興味を持つ。
67話ではその事を思い出しピカチュウを誘い出して仲良くなるが、探しにきたモクローにピカチュウを襲っている敵と勘違いされて攻撃を喰らいそうになり、驚いて彼を毒状態にしてしまう。

動けなくなったモクローと守ろうとするピカチュウを見て、罪悪感に駆られたベベノムはモクローを運ぶために協力。その後サトシ達とも出会い、ルザミーネによって「ベベノム」と名づけられた。

ほしぐもちゃんのように一時預かりかと思ったら、ウルトラボールに自ら入り正式にウルトラゲット。故郷へのホールが見つかるまでという約束で共に暮らすことになった。
サトシが性別不明の伝説ポケモンをゲットするのは放送21年目で初であり、どくタイプはカントー編のベトベトン以来となった(保護理由での帯同は過去にオレンジ諸島編のラプラスがいる)。


使える技は「どくどく」と劇中で習得した「みだれづき」。
とてつもなく無邪気かつやんちゃな性格でイタズラ大好き。嬉しくなると逆さに浮いてクルクルと横回転する。
言葉が通じないため嬉しいときや大好きな物には雷マーク、悲しいときには涙マークなど、頭から出る赤と青の毒液を使った絵を描き、相手に感情を伝える事が多い。

また、異質な生物である事を表現するためか、やたら声が甲高いのが特徴。ウルトラビーストであるためか、ベベノムの言葉はニャースでも翻訳不可能であった。


サトシ達の事はもう一つの家族として認識しているものの、何かしらの目的を持って異界からやってきた事を回想で匂わせていた。
そしてアローラに襲来し、激闘の果てにソルガレオを連れ去ってしまったネクロズマルナアーラと追いかけた結果、一行がたどり着いたのはべベノムの故郷であった。

その世界はウルトラネクロズマの恩恵により自然豊かな所であったが、ある時降ってきた巨大な隕石を食い止めた代償でネクロズマは光を失い、それを糧とする植物も枯れ果てた死の大地へと変わってしまう。

女王たるアーゴヨンのおかげで何とか細々と暮らせてはいたが、このままでは未来はなく、異世界に望みを託し、新たな新天地を探す必要があった。
年老いて遠征が難しくなっていた女王の代わりにそれを志願したのが、サトシ達と出会ったベベノムであり、皆に光を取り戻すべくウルトラホールの先にある世界へと一人旅立っていたのである。

ウルトラガーディアンズとアローラに住む人とポケモン達の力で力を取り戻したネクロズマであったが、同時にサトシ達とべベノムの別れを意味していた。
ホールが閉じる前にライドポケモンで異界を去ろうとした時、地上にはべベノムが心を込めて描いた大好きなサトシとピカチュウの顔と雷マークが描かれていたのだった。

好き好き大好き⚡️⚡️⚡️



関連イラスト

アローラへようこそ
ベベベベベベベベベベベベベベノム



関連タグ

ポケモンUSUM ウルトラビースト  赤ちゃん

ニドラン♂ニドラン♀……同じ分類

pixivに投稿された作品 pixivで「ベベノム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209432

コメント