ピクシブ百科事典

ポケモン御三家

ぽけもんごさんけ

各タイトルの冒険の最初に選ぶポケモン三匹のこと。
目次[非表示]

(曖昧さ回避→御三家)

概要

冒険の最初に選ぶ3匹のポケモン、及びそれの進化系列のことを指す。
ほのおタイプみずタイプくさタイプの3つのタイプがあり、どれか1つを選ばなければならないため、多くのプレイヤーをゲーム開始早々悩ませる。
選んだポケモンによっては難易度が変わる場合もあるので、慎重に選ばなければならないといえる。
頭に地方名を付けて世代を区別する。第1世代組は「カントー」、第2世代組は「ジョウト」、
第3世代組は「ホウエン」、第4世代組は「シンオウ」、第5世代組は「イッシュ」、第6世代組は「カロス」、第7世代組は「アローラ」、第8世代組は「ガラル」となる。それぞれの世代で最初の作品で舞台となる地方名である。
ちなみに御三家のオスメスの比率はいずれも7対1になっているので、メスにこだわりたい場合やタマゴ技を用いた育成などには多少の苦労がいる。
また、経験値タイプは105万である。

ちなみに、初心者にタイプ相性を三すくみで覚えて貰うというコンセプトを兼ねている為、たねポケモン時点のタイプは単体である事が多いが、最初から複合タイプを持つたねポケモンも存在し、歴代で唯一最初から複合タイプを持っている御三家はくさタイプ族である。(くさ+どくフシギダネくさ+ひこうモクローの二体)

これに限った話ではないが、あくまでもネット上でのスラングであり、御三家という呼び方を嫌う人は皆無ではないので注意。「みんな呼んでいるよ、嫌いなんておかしい」なんてゴリ押しなぞ論外である。
海外版ではStarter Pokémonという公式の呼び方がある事から国内だと「最初のポケモン」という呼び方が公式的に正しいのかもしれない。

なお、「ピカチュウバージョン」「Let's Go! ピカチュウ」のピカチュウ及び「Let's Go! イーブイ」のイーブイは「最初にもらえるポケモン」ではあるものの、御三家に含むか含まないかは人によって異なる(関連イラストを見ればわかる通り御三家に準じた扱いを受けるケースも多いが)。


各地方御三家一覧

世代くさタイプ(草御三家)ほのおタイプ(炎御三家)みずタイプ(水御三家)
カントー御三家1フシギダネヒトカゲゼニガメ
ジョウト御三家2チコリータヒノアラシワニノコ
ホウエン御三家3キモリアチャモミズゴロウ
シンオウ御三家4ナエトルヒコザルポッチャマ
イッシュ御三家5ツタージャポカブミジュマル
カロス御三家6ハリマロンフォッコケロマツ
アローラ御三家7モクローニャビーアシマリ
ガラル御三家8サルノリヒバニーメッソン

※草御三家、炎御三家、水御三家という呼称は三匹ではないので本来の意味をなしてないが、厳密にはそれぞれ御三家枠の略称として用いられている。

ちなみに現在オシャボ厳選が不可能なのは最新作であるアローラのみである。
ただしドリームボールに入った個体は非常に稀少価値が高く、ランダムで手に入るもののうちの1つだったため全て揃えようとすると相当な苦労を要する。
ちなみにドリームボールに入れられる御三家はカントー・ホウエン・シンオウの3地方9匹のみ。

アニメにおけるポケモン御三家

ポケモン御三家(アニポケ)参照

関連イラスト

オーキド「この中から一匹選ぶんじゃぞ!」
ポケットの中に冒険を


THE 御三家
オーキド「もう一匹選ぶんじゃぞ!」


受け継がれるバトン
Let's party!!


関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 御三家 鳥御三家 トカゲ御三家
ニート御三家

ポケモン御三家のみが覚えることが出来るわざ

くさのちかいほのおのちかいみずのちかい
ハードプラントブラストバーンハイドロカノン

ポケモン御三家が持つ通常特性

しんりょくもうかげきりゅう

関連記事

親記事

ポケモン一覧 ぽけもんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1403243

コメント