2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジメレオン

じめれおん

ジメレオンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.817
分類みずとかげポケモン
タイプみず
高さ0.7m
重さ11.5kg
とくせいげきりゅう/スナイパー(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう・すいちゅう1


進化

💧Water starters...!!!💧


メッソンジメレオン(Lv16)→インテレオン(Lv35)

概要

メッソンの進化系。

泣き虫で内気なメッソンをそのまま成長させたかのような、根暗なメカクレ男子的な容姿を持つ。
(いつも暗い顔ではなく、美味しいカレーを食べさせたりするとちゃんと喜んでくれるが、その動作もどことなくギーク系男子を彷彿とさせるものである)

かったるそうな顔をした見た目通り、普段は怠慢で面倒くさがりだが、知能が高く警戒心が強い性格。
野生の個体が住処とする洞窟や木の洞の周囲には、水技を使った罠が多数仕掛けられている。

バトルにおいても地の利を生かした遊撃戦、メッソン時代よりある透明化能力、手のひらで作り出す水玉爆弾、早撃ちの如く高速で伸び縮みする舌など、多彩な技を駆使した頭脳プレーを得意とし、進化先の凄腕のスパイの片鱗をこれでもかとばかり見せつける。

また公式絵や戦闘時は後ろ足で立ち、そのまま2足歩行することも可能だが、ポケモンキャンプの時は4足歩行でゆっくり移動する姿を見ることが出来る。オンオフで切り替えているのだろう。

使用トレーナー

ゲーム版

※1 最初にメッソンを選んで進化させた場合
※2 主人公がサルノリを選んだ場合

アニメ版

漫画版

アニメ版

ゴウのジメレオン

ジメレオンとエースバーン


CV:千本木彩花(キクナと兼任)
新無印62話にてメッソンが特訓中、ジメレオンに進化した。
サトシゴウはテレビ局のインタビューを受けていたので進化する瞬間を直接見ておらず、ゴウのスマホロトムの通知を介して進化したのを初めて知った。

進化した直後は憧れのインテレオンになれたと思いこんでいたのもありメッソン時代の明るさが残っていたが、水面に映る自身の姿が理想とはかけ離れていたが為に、ショックを受けると同時に無気力な性格になってしまった。
そのままサクラギパークの小さな洞穴に引きこもり、ゴウやエースバーンの呼びかけにも応じなくなるどころか、姿を消してどこかへと立ち去ってしまう。

最初は何故距離を置こうとするのか分からなかったゴウだが、周囲と馴染めなかった幼少時代の自分を思い出した事でジメレオンの心象をようやく理解するに至り、互いに少しだけ打ち解ける事ができた。

じめじめジメレオン



その後は洞穴の中に再び引きこもるが、ゴウとの関係は付かず離れずの絶妙な距離感を保つという形に落ち着いており、暫くフェードアウトしていた(一応、巣穴の様子が映る回もあるにはあった)が、78話で久々に登場し活躍。夜中に飲食を取り、進化前と同様に人知れず技の特訓も行っている描写が新たに描かれた。

また、同話では夜中にサクラギ研究所のデータを盗みに来たヤバシとカクレオン相手と互角に戦う中で、ついにインテレオンに最終進化を果たした。進化回以来、巣穴から出た描写があるのはこの回のみであるため、ジメレオンとしては唯一の活躍回となった。

ガラル御三家は第二形態で反抗期じみた性格になる共通点を持つが、かつてのラビフットや後続になりうるバチンキーとも、その性質は異なると言えよう。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • マナブのナミダくん

マグノリア博士達と一緒に旅立ち、マナブに懐いて手持ちになったメッソンが創人達の練習相手をした事が経験になり、アラベスタウンでジメレオンに進化。
手のひらの水分を丸めて作った水の玉を設置して、触れると弾ける機雷のように扱えるようになり、さらに水の玉に涙を混ぜた催涙水爆弾を作ってより多くの者の目を眩ませられるようになる。

関連タグ

ガラル御三家 水御三家

ガラル御三家・中間形態

くさタイプバチンキー
ほのおタイプラビフット
みずタイプジメレオン


水御三家・中間形態

ポケモン該当地方
カメールカントー御三家
アリゲイツジョウト御三家
ヌマクローホウエン御三家
ポッタイシシンオウ御三家
フタチマルイッシュ御三家(ヒスイ御三家)
ゲコガシラカロス御三家
オシャマリアローラ御三家
ジメレオンガラル御三家

関連記事

親記事

メッソン めっそん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジメレオン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジメレオン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5454053

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました