ピクシブ百科事典

ガラル御三家

がらるごさんけ

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおける、第8世代の御三家のこと。
目次[非表示]

ガラル御三家一覧

※山括弧〈〉内はキョダイマックス

くさタイプ

ゴリランダーファミリー


サルノリバチンキーゴリランダーキョダイゴリランダー

ほのおタイプ

剣盾炎御三家


ヒバニーラビフットエースバーンキョダイエースバーン

みずタイプ

みずとかげとエージェント


メッソンジメレオンインテレオンキョダイインテレオン

概要

第8世代における御三家
名前の由来は舞台となるガラル地方から。
ジョウト御三家以来実に20年ぶりに、3種類とも最終進化まで単タイプのまま。
単タイプの御三家の最終進化形自体もイッシュ御三家ジャローダダイケンキ以来の登場となる。
御三家の最終進化の名前が3種類とも6文字なのはシリーズ初である。

ガラル地方のチャンピオンであるダンデからいずれか1匹を託されることになり、プレイヤーが最初にもらったポケモンよってライバルとチャンピオンの手持ちが変化する……といったシリーズお馴染みの流れは継承されている。

草のゴリランダーがドラマー(バンド)、炎のエースバーンがサッカー選手、水のインテレオンがスパイをモチーフにしていることが図鑑説明で明示されている。
これらはガラル地方のモチーフとなっているイギリスと密接に関係する職業である。

ゲームでの性能

たねポケモン

HABCDS合計
サルノリ506550404065310
ヒバニー507140404069310
メッソン504040704070310

1進化
HABCDS合計
バチンキー708570556080420
ラビフット658660556094420
ジメレオン656055955590420

2進化
HABCDS合計
ゴリランダー10012590607085530
エースバーン80116756575119530
インテレオン70856512565120530

ガラル御三家はイッシュ・アローラ両御三家と同じく種族値合計が統一されており、前世代のアローラ御三家同様、3種類とも専用技を持つ。
性能面では、ゴリランダーとエースバーンが物理特化、インテレオンが特殊特化とわかりやすい性能だが、全員が二足歩行なので技面では比較的器用な印象。
隠れ特性はDLC『鎧の孤島』配信直前で解禁され、鎧の孤島ではキョダイマックスも解禁、それぞれのタイプのキョダイマックス技は威力160で相手の特性を貫通するという強烈な性能になっている。

なお、ガラル御三家は前作のアローラ御三家と同様、野生での個体が存在しない。
モンスターボール以外のボールに入っている個体は間違いなく改造(もしくは改造産の親から孵化した個体)なので注意すること。

ゴリランダーについて

サルノリの最終進化形ゴリランダーは「HP」と「こうげき」がガラル御三家中最も高く逆に「とくこう」は御三家の中で最も低い
HPは御三家の中でラグラージと同じ2位タイ、攻撃は御三家の中でトップの種族値を持っているが、特攻は御三家の中でワースト1の数値で完全に物理特化となっている。
専用技の「ドラムアタック」は相手の素早さを必ず下げる追加効果を持ち、最大火力こそ「グラススライダー」に劣るが有用性の高い技である。
くさタイプ故の弱点の多さと一致技の通り辛さは気になるが、欠点をテクニックで補えるほど高いポテンシャルを持っているとも言える。
隠れ特性はあのカプ・ブルルと同じ「グラスメイカー」で、前述のグラススライダーとキョダイマックス技とのシナジーは抜群。
これによりランクバトルのダブル使用率が1位となり、ガオガエンに次いで2例目となった。

エースバーンについて

ヒバニーの最終進化形エースバーンは「こうげき」と「すばやさ」が高く、高速物理型ながら耐久もそこそこある。
攻撃はガオガエンと僅差ながらも炎御三家の中で3位(御三家全体だと4位)と高く、素早さは炎御三家中トップ(御三家全体だと3位)となっている。
逆に特攻は炎御三家の中でワースト1(御三家全体だとワースト2)とかなり低い。
専用技の「かえんボール」は命中率の低さが気になるが、同威力のフレアドライブと違って非接触かつ反動ダメージがないのでメリットの方が大きい。
もう一つの専用技である「コートチェンジ」はお互いの場の効果を入れ替えるという、きりばらいと似たような効果を持つ。
隠れ特性は「リベロ」で、なんとあのゲッコウガへんげんじざいと同じ効果を持った専用特性である
へんげんじざいの強さはゲッコウガで十分証明されているが、タイプ一致でダイマックス技を放てるという強みもあり、御三家としては初めてランク(レーティング)バトルのシングル使用率1位の座に君臨している
第1世代のケンタロス、第6世代のメガガルーラに並ぶ対戦環境の頂点に君臨した厨ポケの1体となり、通常のバトルでは初となるランクバトルシリーズ6の禁止ポケモンのルールが追加で設けられた原因の一つにもなった。
かつてのファイアローミミッキュと同じかそれ以上のバランスブレイカーだが、へんげんじざい(リベロ)自体が上級者向けなので、使うトレーナー(プレイヤー)の技量に左右される特性とも言えよう。

インテレオンについて

メッソンの最終進化形インテレオンは「とくこう」と「すばやさ」がガラル御三家中最も高いが、逆に「ぼうぎょ」と「とくぼう」はガラル御三家の中で最も低い
特攻もアシレーヌと僅差ながら全御三家中2位、素早さもジュカインと並ぶ全御三家中2位タイと高水準だが、防御・特防はエンブオーと並び全御三家中ワースト1タイの種族値となっている。
低い耐久もダイマックスで補えるので「げきりゅう」の発動もさせやすく、前作のげきりゅうゲッコウガを超える火力も叩き出せる。
専用技の「ねらいうち」は急所に当たりやすいだけでなく、よびみずこのゆびとまれなどの誘導効果を無効にできるのが強み。
隠れ特性は「スナイパー」でインテレオンのイメージに合っている特性だが、他2匹の隠れ特性に比べると見劣り気味なのが難儀。
他のみず単タイプの御三家と比べるとそれほど不遇でもないのが救いか。

各シナリオでの評価

ソード・シールド

今作は最初のジムが普段より遅く、最初の3つがくさ・みず・ほのおなので必然的に補完が求められ、そのためのポケモンが序盤から多く出るのでどれを選んでも難易度に差が出にくい。
リザードンをエースとするダンデの存在から「結局メッソンが有利では?」
…と考える人もいるかもしれないが、ダンデはその辺りの対策もしっかりしているためそれほど変わりはない。

ゲスト出演

正式な参戦ではないが、期間限定の追加コンテンツとしてスピリッツボードに登場。個々のスピリットではなく、3匹まとめて一つのスピリットとなり、階級は「ACE」。
戦場化したオネットで、リップステッキを持つディディーコングうさぎずきんを被ったガオガエンゼニガメが、時間経過で順番に登場する。
モタモタしてると3体同時に相手しなくてはならないので、持込アイテム(50%ダメージ、護衛弱体化など)で、数を減らしていくのが最適と思われる。

関連イラスト

► ► ► ►
もし進化したら


ガラル御三家最終
キョダイ御三家



地方別御三家タグ


関連タグ

ポケモン剣盾 ガラル
マサル ユウリ ホップ ダンデ

関連記事

親記事

ポケモン御三家 ぽけもんごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラル御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5052293

コメント