ピクシブ百科事典

バチンキー

ばちんきー

「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモン。ソード/シールドから登場
目次[非表示]

データ

図鑑No.No.811
分類ビートポケモン
タイプくさ
高さ0.7m
重さ14.0kg
通常特性しんりょく/グラスメイカー(隠れ特性)
タマゴグループ陸上/植物


他の言語での名称

英語Thwackey


進化

サルノリバチンキー(Lv16)→ゴリランダー(Lv35)

概要

サルノリが進化した姿。
名前の由来は太鼓を叩くバチ+モンキー(monkey)か。モチーフはチンパンジーだと推測される。

進化前に比べて体色が明るい黄緑色に近くなり、頭の葉っぱも成長している。二本に増えたスティックを連打してビートを刻む。それを活かしてか進化すると同時にダブルアタックを習得する。
ちなみにスティックは使わない時は髪留めのように交差させて頭の葉っぱに留めている。

最終進化でドラマーになる為か戦いでも激しいビートを刻むことに余念がなく、相手が気絶しても気が付かない。このビートを巧く刻めるバチンキーほど仲間から尊敬を集めるのだという。

ちなみに、ゲーム実況者・ライバロリ氏のお気に入りポケモンとしても有名である。この影響で輝石バチンキーなるものを使う人も増えたのだが、意外と高水準の耐久値であり、やどりぎのタネやちょうはつ、まもるといった豊富な補助技がある。攻撃技はグラスメイカーのおかげで先制になるグラススライダーとついでに交代できるとんぼがえりのみではあるが、それだけでも十分相手に圧をかけつつサイクルを回せるので、上手く使いこなせればなかなかバカにできない。

アニメでの活躍

新無印101話でサトシ一行が訪れた森に登場。声は真堂圭千本木彩花杉山里穂夏目妃菜永井真里子社本悠が担当。なぜかスティックを1本しか持っておらず、そのせいで他のバチンキー及び森の長であるゴリランダーと同じようにリズムを刻めずにいた。その個体を気に入ったゴウのサルノリの必死の呼びかけとサトシたちの思いつきにより「1本で2本分叩く」特訓に励んだ結果、他の個体についていけるようになる。
また、この個体を何かと気遣うメスと思われるバチンキーも登場。小さなサルノリを背負っていた。クレジットでは「妻バチンキー」と呼称されており、1本スティックの個体とはつがいである可能性がある。

関連記事

ガラル御三家 草御三家
サルノリバチンキーゴリランダー
ライバロリ

ガラル御三家・中間形態

くさタイプバチンキー
ほのおタイプラビフット
みずタイプジメレオン


草御三家・中間形態

ポケモン該当地方
フシギソウカントー御三家
ベイリーフジョウト御三家
ジュプトルホウエン御三家
ハヤシガメシンオウ御三家
ジャノビーイッシュ御三家
ハリボーグカロス御三家
フクスローアローラ御三家
バチンキーガラル御三家

関連記事

親記事

サルノリ さるのり

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バチンキー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バチンキー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2211665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました