ピクシブ百科事典

チンパンジー

ちんぱんじー

哺乳綱・霊長目ヒト科チンパンジー属の哺乳類。
目次[非表示]

概要

哺乳綱・霊長目ヒト科チンパンジー属の哺乳類。種名はギリシャ神話の牧神パーンに由来し、和名は黒猩々(くろしょうじょう)。

全身黒い毛に覆われ、突出した眉と大きな耳を持つ。雄は身長1.5m程度。霊長類の中では最も知能の高いものの一種。

アフリカの森林地帯に家族単位の群れで生活する。昼行性で、夜は木の上や藪に木の葉でベッドを作って休む。雑食性で果実、木の芽、葉、昆虫、小動物(他種のの子供も含む)などを食べる。

なお、チンパンジーのメスは、繁殖期に入ると生殖器の周りが大きく膨らむが、その期間は一年の内わずか一週間しかない為、その間の交尾の権利をめぐってオス同士でし烈な争いを繰り広げる。

チンパンジーとボノボの2種でチンパンジー属をなす。
チンパンジー属はヒトと最も近縁と考えられ、500~900万年前に分かれたとされる。ヒトの主要な風邪ウイルスであるライノウイルスはヒトとチンパンジー属にしか感染しないという特徴がある。

性質

バラエティ番組などで目に付く機会が多いからか賢くて人懐っこそうな動物に思われるが、実際には人間を襲って殺したり同じチンパンジーを襲って食う共食い)など、同じくアフリカに棲息するゴリラに比べると性質は大幅に荒い。
映画「猿の惑星」シリーズでは人間に対しチンパンジーが自らを「平和主義」と称し、ゴリラを「暴力的」と語っているが、実際には餌場にたむろしていたゴリラがチンパンジーの接近を察し立ち去るなど、同作のイメージとは真逆の行動をとっている(猿の惑星が人間社会や人種差別問題の風刺的テーマがあるので一種の皮肉かもしれない)。

特に雄は10歳を越すとそれまで人懐っこかった個体でも突如として凶暴化する可能性が高く、現地では危険な猛獣として認識されている。
近年でも志村けんとともに長年テレビに出ていた「パンくん」が、2012年9月6日ショーの公演終了直後、舞台袖にいた女性研修員に飛び掛り、噛み付いて怪我を負わせている。

理由はよくわからないが、オス、メスともに子殺しの文化を持ち、他の群れの子ザルを集団で襲ったり、同じ群れの子ザルを殺したりする。いずれの場合も殺した子サルを食べてしまう場合がある。近年の観察例では徒党を組んだオスが他の群れの大人オスを襲って殺すなどの行動も学会報告されている。

特にタンザニアのマハレ山塊国立公園にて生活するチンパンジーの群れ「Mグループ」は日本の研究者も長らく携わることで20年以上研究が行われており、ボス(アルファオス、序列1位)争いの熾烈さ(1位のオスを下位のオスが集団で殺害し新政権を樹立するなど)や集団生活の様子、中には一種の養子として他のサルの子供を育てる例、アカコロブスなど多種のサルを食べるなど、衝撃的な現象も次々と目の当りに出来た。
特にこれらの様子をバラエティ番組「どうぶつ奇想天外!」などにおいて長年に渡り報道したことで、近年のチンパンジーイメージが一般層にも知れ渡る切っ掛けになったと言える。
なお、この取材・研究開始以来アルファオスやその付近の上位オスとして君臨し続けた同グループの長老オス「カルンデ」が2015年夏を最後に死亡したと考えられているが、長年ほぼ野生化におり群れの争いで生傷も耐えなかったこのオス個体の享年は推定51歳であり、殺害などの目に合わない限りは霊長類の中でも人類に次ぐ特に長寿の種であることが分かる。

近縁であるボノボは対照的に大変穏やかな文化をもつ動物として知られる。

関連タグ

動物 哺乳類
침팬지

pixivに投稿された作品 pixivで「チンパンジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163186

コメント