ピクシブ百科事典

ギガントピテクス

ぎがんとぴてくす

かつてアジアに棲息した、史上最大の類人猿である。
目次[非表示]

概要

身長3m。
食べ物は果実等。
生息年代は中新世後期~更新世後期。
中国インドベトナム森林に生息。

特徴

現在のゴリラのような姿をしていた考えられているが、体の大きさは2倍以上あった。近年の知見では、オランウータン似だったとも言われている。地上で生活していたと考えられている。

人間の影響で絶滅したとも、パンダとの生存競争に敗れたとも言われているが、パンダ同様、食べ物のえり好みが激しすぎて環境の変化についていけず終いだったのでは、ともされている。いずれにしろ、真実は不明。

関連タグ

哺乳類 霊長類 類人猿

オランウータン ゴリラ メガラダピス (他の大型類人猿の例)

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガントピテクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366

コメント