ピクシブ百科事典

目次[非表示]

漫画『ONEPIECE』の登場人物についてはヒグマ(ONEPIECE)の項目へ。

概要

漢字表記は「」。

頭胴長1.8~2.8m、体重500~700㎏に達する。体は褐色・赤褐色からほとんど黒色まで変化に富み、「ブラウンベアー」とも呼ばれる。また、特に北米部に住む灰色がかった毛色のヒグマを指して「グリズリー」と呼ぶ。

ヨーロッパからシベリア・アラスカまで広く分布し、日本には北海道に最小亜種であるエゾヒグマがいる。食性は、動物質から植物質まで様々な餌を食べる雑食性。昆虫や腐敗した死肉もよく食べる。ずんぐりとした体型のため長距離走は苦手で、シカやトナカイを待ち伏せて襲ったり、川をさかのぼるサケ・マスを捕食したり、オオカミから獲物を横取りしたり...といった狩りを行う。稀には共食いをすることもある。

シベリアでは、シベリアンタイガー(ベアーと体長は同じくらいだが、体重は半分程度軽い)が天敵とされる。が、シベリアンタイガーの獲物を横取りしたり、襲ってくるタイガーを返り討ちにする例もある。
中国奥地に住むチベットヒグマはその走り方から「ウマグマ」とも呼ばれる。

基本的にヒグマは森林や高山、砂漠、海岸等、食べ物を得られる場所ならどんな環境にでも棲むが、海外のヒグマは都市部周辺に出没することはなく、人里離れたところに生きている。が、最近では北欧の一部などヒグマやオオカミが人馴れしてきた地域もあり、至近距離で共存している地域もある。広大な縄張りを持ち、単独生活を行う。
野生下では単独行動が基本であるが、「クマ牧場」のような環境で集団飼育した場合はボスが出来て他のクマをまとめ上げることがある。

主な亜種

現存亜種

絶滅亜種

  • カムチャッカオオヒグマ
  • カリフォルニアハイイログマ
  • アトラスヒグマ


関連イラスト

上野zoo/エゾヒグマ兄弟



関連タグ

 エゾヒグマ 灰色熊グリズリー) 
ウマグマチベットヒグマ) 夕張メロン熊メロン熊
ヴォイテク(実在したポーランド軍の兵士のヒグマ)
ヒグマの大将(ぼのぼの) ヒグマ(けものフレンズ)

関連記事

親記事

クマ属 くまぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1022859

コメント