ピクシブ百科事典

目次[非表示]

三枝義浩によって『週刊少年マガジン』で連載されたヒグマの襲撃を描いた漫画作品は 
キムンカムイ

概要

アイヌ語を意味する言葉で、本来の意味は「山の神」である。

この神は、神々の世界であるカムイコタンでは人の姿をしているが、毛皮や肉などの山の恵みをアイヌモシリに住む人々に与えるためにヒグマという姿で降臨するといわれ崇拝されていた。

しかし、人に襲いかかって食べ、血肉の味をおぼえた熊はウェンカムイ(悪い神)といわれ、狩ったとしてもコタン(村)には持ち帰らずにバラバラにして山に放置するのだという。

若い娘が熊に殺された場合は、妻として神々の世界に連れていかれたと解釈された。

雌熊を狩ったあとに小熊がいた場合は、コタンに連れ帰って小屋の中で大切に1年間養いイヨマンテという儀式で神の世界に送り返すのだという。

創作での扱い

  • 逆転オセロニア
キムカムちゃん


関連タグ

アイヌ アイヌ語 カムイ ヒグマ
イヨマンテ/イオマンテ キムンカムイ シペ・コロ・カムイ

関連記事

親記事

ヒグマ ひぐま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キムン・カムイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント