ピクシブ百科事典

ツキノワグマ

つきのわぐま

クロクマの一種。主にアジアに見られる。
目次[非表示]

概要

、特にクロクマの一種。
大型の陸棲動物がほとんど絶滅してしまった現在の日本列島の本州以南では、シカと並んで最大級のサイズを持つ。

東アジアから西アジアにかけて(日本では本州と四国の山地。九州では絶滅)に棲息する。四国では、新たな生息地が2017年に確認された(参照)。

漢字表記は「月輪熊」。喉の辺りに三日月形の白い斑紋がある事から名付けられた。

雑食性の種類が多い熊の中でも食餌の植物への依存が高い種で、特にドングリや果実などを好んで食べる。農作物や樹皮を食害する事もあり、人を襲う事もある危険な動物である(ヒグマに比べ気が荒くないイメージがあるが、人身事故はしばしば発生しており、中には死亡事故となる場合もある。ヒグマより体が小さいため抵抗すれば致命傷になりづらいだけである)。

肉や毛皮、内臓(胆嚢が「熊の胆」と呼ばれる漢方薬の材料になる)目当ての狩猟で、世界的に数が減っている。日本では、地域によっては(特に四国)絶滅の危機にあるにも関わらず、元から生息密度が低いせいで厳密な頭数がよく分かっておらず、人間の生活圏への出没も近年増えており、駆除(生死を問わず)を行う上での問題となっている。

2016年、秋田県においてヒトへの食害事件が発生している(十和利山熊襲撃事件)。

ツキノワグマの能力

走った時の速度は時速40キロメートル。短時間なら時速50キロメートル出せる。犬並みの嗅覚を持ち、熊らしく木登りが得意。泳ぎも上手い。
厚い皮下脂肪を持ち、有刺鉄線付きの柵を乗り越えてきてしまう。ジャンプ力はないが、爪さえ立てられるなら垂直な壁ですらよじ登ってしまう(参考)。
熊の中では中型のサイズであり、二オンオオカミ絶滅後の日本において、北海道と九州を除く地域の生態系の頂点に位置する。

秋田県のご当地ヒーロー「超神ネイガー」はtwitterで、知り合いが遭遇したツキノワグマによる被害について言及している(ツイート)。
リンゴ農家である知人は、クマが農園に来たことを糞や爪痕で知るが、農園の木の一本を見て戦慄する。
その木にぶら下がるリンゴの片面だけが綺麗に切飛ばされていた。しかも枝に繋がった方は無事なままで。
鋭い爪だけでなく、細い枝先についた果実を落とすことなく切り裂く、前肢の振りの速さと強さ、それをツキノワグマが備えていることの実例である。
超神ネイガーはこのツイートの末尾で「クマは、ウルヴァリンの爪を持ったハルクだと思えばいい。勝てるわけがない。」と書いている。

関連イラスト

無題
くま



関連タグ

動物  三日月
リングマ 月ノ輪紅真深
クレッセント・グリズリー リングベア
ニホンツキノワグマ(けものフレンズ)

外部リンク

ツキノワグマの生態と人身被害防止

pixivに投稿された作品 pixivで「ツキノワグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79493

コメント