ピクシブ百科事典

月の輪怪獣クレッセント

つきのわかいじゅうくれっせんと

ウルトラマン80が地球上で初めて戦った、マイナスエネルギーの影響で出現した怪獣の名称。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマン80
第1話『ウルトラマン先生』登場

別名身長体重出身地
月の輪(月ノ輪)怪獣56m4万t地底

概要

月の輪怪獣 クレッセント
クレッセント


ウルトラマン80が地球上で初めて対決した、マイナスエネルギーが実体化することで誕生した凶暴な性格の地底怪獣の一種。ナレーションから察するにレオブラックスターからの侵略を退けてから実に5年ぶりに出現した怪獣でもある。

月の輪怪獣の別名通り、首元に三日月のような模様が有るという特徴を持ち、地底を70kmものスピードで掘り進むことが可能な上、地上でも素早く移動し、赤く爛々と輝く目から放射熱線「クレスト・エンド」を放つことが出来る。
また移動の際、マグニチュード8の大地震を引き起こす為、日本各地で地震や陥没が相次いでいた元凶であり、熱線を操る為、この怪獣の移動した後には何かが焼け焦げたような後が見受けられた。

そのほかマグマを常食としており、全身を60mものヒレで覆っているとされる。

クレッセント


当初は完全に実体化しておらず、その存在を示す状況証拠を残すのみに止めていた為、矢的猛=ウルトラマン80UGMのオオヤマキャップが警鐘を鳴らしていたのにも拘らずその存在が疑われていたが、着実に力を少しずつ蓄えていき、遂に矢的が教鞭を執っていた桜ヶ岡中学校付近で実体化し暴れ回った。実戦経験が乏しいばかりか平和ボケしたUGMや防衛軍を容赦なく痛めつけ、遂にはウルトラマン80と対決するに至った。

持ち前の怪力を活かして80を苦しめたが、最後はサクシウム光線を喰らいバッタリと倒れ込んで絶命した。

設定によるとマイナスエネルギーが地底3万mの地点で結集して誕生した存在とされ、皮膚はマグマでできているらしい(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)。つまり、ツキノワグマにそっくりなのは恐らく偶然だと思われる。

ウルトラマンZ

第22話に登場したナカシマ・ヨウコの履歴書に名前のみ登場。
ヨウコの乗ったセブンガーの活躍で捕獲されたと記載されている。

第24話「滅亡の遊戯」では、地球防衛軍が監視している休眠怪獣として画面上ではあるが登場。北海道・室別の第36怪獣管理区域に封印されていたがウルトロイドゼロに吸収されてしまう。
なお、デストルドスの胸部にはこのクレッセントのものと思われる三日月模様がある他、よく見ると顔もクレッセントのパーツが使われている(ただし、目はバラバのものに近くなっている)。

余談

「クレッセント」という名前は、かつて円谷皐氏がよく通っていたバーの名前が由来となっている。

また、皮膚が溶岩で出来ているという設定から察するに、マイナスエネルギーから直接実体化した怪獣というよりも、マグマを依代にして誕生した怪獣だと推測される。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ)
ツキノワグマ

関連記事

親記事

ウルトラマン80 うるとらまんえいてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「月の輪怪獣クレッセント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 840

コメント