ピクシブ百科事典

ガルタン大王

がるたんだいおう

ガルタン大王とは、『ウルトラマン80』に登場する宇宙人である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:2〜60m
  • 体重:120kg〜3万2千t
  • 別名:侵略星人
  • 出身地:宇宙

CV:村松康雄

概要

第43話「ウルトラの星から飛んで来た女戦士」に登場。
宇宙の征服を企む大王で、かつてウルトラの星との戦闘で息子を失ったためウルトラ族を激しく憎んでいる。
数百万人もの規模のガラガラ星人を配下にしており、宇宙征服のための前線基地を多数配置している。

武器は鋭い切れ味を誇る青竜刀爆裂青竜刀」で、これを地面に突き刺すことで地を這うエネルギー光波を放つことができるが、地面に突き刺さなくとも使用することができる。

ウルトラの星への復讐のため、手始めにウルトラの星の王女であるユリアンウルトラマン80抹殺するために地球に来訪(80としてはとんだ迷惑である)、最後は80と壮絶な大立ち回りを繰り広げたのち、ウルトラダブルアローで青竜刀を折られ、サクシウム光線で倒された。

自身が80ただ一人にも勝てないのに、ウルトラの星を侵略しようとは何とも身の程知らずな…という意見もあるが、後年になって若い頃にあのザムシャーと互角の斬り合いを演じたことがあるという設定が付け加えられ、少なくとも全盛期は宇宙でも最強クラスの剣豪であったことが判明した。
そんな彼が80に敗北してしまったのは、齢を重ねたことで既に全盛期ほどの力を発揮できなくなっていたからとか、若造相手だと油断していたからといった理由が考えられるだろうか。

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝

激伝のガルタン大王って


第2回銀河最強武闘伝で優勝候補として鳴り物入りで登場したが、闘士レッドキングに手も足も出ずやられた
その後日談のWEBコミック『ウルトラマン超闘士激伝新章』では、80にボロ負けした後に改心して激しい修業を積み、闘士ガルタンとして登場。第4回銀河格闘トーナメントにて、グレゴール人を破り2回戦に進出、ゴモラを撃破してベスト4入りした。
実家にはウルトラマンポスターフィギュアが並ぶなど、格闘技オタクと化している。

手下のガラガラ星人からは「グローザムと顔が似ている」と言われている。

なお、既にガシャポンフィギュア化している。『大怪獣ラッシュ』にすら出なかったのに…。

ウルトラ怪獣擬人化計画

擬人化ガルタン大王


2018年5月30日発売の電撃G'sマガジン7月号にてラインナップ入りされた
デザイン担当は、ブラックキングナックル星人を手がけた黒銀氏。
『80』出身のキャラクターとしては、ザンドリアス親子ノイズラーメカギラスに続いて5体目の加入となる。

外見は甲冑を身にまとった武人風の女性となっているが、その甲冑が大変過激なデザインになっており、へそと胸の周辺がガバッと大きく開いている上、特に胸はその殆どが隠しきれていないという実にけしからんことになっている
正直なところ、これで甲冑としての役割が果たせるのか、甚だ疑問が残るところである

こういうデザインのため、「大王」というより「戦姫」や「女騎士」と言った方がしっくりくる雰囲気となっている。

こんなあられもない姿にされてしまった自身の姿を本人が見たら一体どう思うことやら…。

また、爆裂青竜刀をよく見るとガラガラ星人の頭部を模したアクセサリーが付けられているというちょっと可愛いところもあり、掲載誌では「じつは部下想い!?」と言われていた。

ちなみに…

実をいうと、発表の1年ほど前にまだ開設して間もなかった擬人化計画公式サイトにうっかり掲載されてしまったことがあった。当然内容はすぐに削除されたが、それっきり長い間音沙汰がなかったことから、ファンの間ではそのままお蔵入りになってしまったのではないかと心配する声も上がっていたが、ようやく発表することと相成ったようだ。

デザインを手がけた黒銀氏も「だいぶ前に描いたやつですが」と発言していることから、デザイン自体はかなり前から既に決まっており、本当はもっと早く発表する予定だったらしいことが窺える。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 大王
ウルトラマンギンガギンガセイバーの使い方が似ていなくもない

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルタン大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5895

コメント