ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウルトラマンレオの後任として地球に派遣されてきた若き宇宙警備隊員

その実力は高く、作中において他のウルトラ戦士から助太刀されたことはほとんどなく(第49話でのプラズママイナズマ戦でユリアンに助けられたのが唯一の事例)、劣勢に立たされることはあったが、ウルトラ兄弟、昭和ウルトラマンでは唯一、本編で怪獣・宇宙人を相手に全勝(※)という快挙を成し遂げている。
劇中では語られていないが、80は功績次第によってウルトラ兄弟の仲間入りが認められる「ウルトラ兄弟候補生」であったという設定がある。後に『ウルトラマンメビウス』においてこの設定が確たるものとなり、上記の優れた戦績が認められたのか、晴れてウルトラ兄弟の一員となっている。

戦闘スタイルは非常にアクロバティックで強力なキック技を得意とする。
また、初代の様な投げ技も使い豪快に相手を投げ飛ばしたこともある(レッドキング三代目との戦いでは怪力自慢の相手にお株を奪うような豪快な投げ技を披露した)。

※第4話ではザンドリアス親子を相手に一応敗北しているが、これは両者を仲直りさせるための80の計らい(わざと負けた)であったため、公式では敗北としてはカウントされていない。また、劇場作品も含めると無敗ではない(大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』にてウルトラマンジャックウルトラマンエースとのタッグ戦とはいえ、ウルトラマンベリアルに敗北している。これが現状80初にして唯一の黒星となっている)。

データ

人間体:矢的猛
変身アイテム:ブライトスティック
身長:50メートル
体重:4万4千トン
年齢:8000歳
飛行速度:マッハ9
走行速度:時速1700キロメートル(マッハ1.5)
水中速度:630ノット
腕力:片手で5万トンの物を持ち上げる(両手で10万トン)。
ジャンプ力:700メートル
家族:幼い頃に両親を怪獣に殺され天涯孤独の身であり、ウルトラマンレッドに育てられた。

必殺技

サクシウム光線
腕をL字に組んで放つ80の代表的な50万度の熱エネルギーを持つ必殺光線。逆L字でも放つことができる。下記のバックルビームとどちらの方が強力なのかについては諸説ある。右拳を握り拳にして赤外線を放つパターンもある。

バックルビーム
腹部から発射される光線。サクシウム光線が通用しない、あるいは止めを刺せなかった相手に使用することが多い切り札的な必殺光線。

ウルトラレイランス
光の槍を相手に投げつける。

ムーンサルトキック
空中ジャンプし、捻りを加えてキックを喰らわせる。この他にもウルトラ400文キックなど優れたキック技を数多く持っている。

ウルトラスラッシュ
初代ウルトラマンから教わった必殺技。オリジナルとは異なり、外周に鋸状の刃が無いチャクラム型。バルタン星人六代目との戦いで使われた。

フラフープ光線
光の輪っかを作って輪投げの要領で相手に投げ、スッと消し去ってしまう。原理は不明。
使用した相手はゲラのみ。

ダイナマイトボール
体育座りの姿勢で空中回転して敵にぶつかる。

ウルトラアローショット
M87光線の構えで青い鏃光弾を放つ。強化版としてウルトラスラッガー投げ、派生型として赤い鏃光弾を投げつけるウルトラダブルアローがある。

ウルトラスパイラルビーム
両腕を合わせて放つ螺旋状の緑色光線。アブドラールスの宇宙船を撃墜した。また、カラータイマーから放つタイマーショット、タイマースパイラルも螺旋状の光線である。

ウルトラアイスポット
目からビームを放つ。破壊光線や還元光線など様々な効果を持つ。

イエローZレイ
片腕を突き出して放つ黄色の光線。特にメカ怪獣に対して特によく効く。よく似た光線であるリングリング光線とは両手を重ねて撃つ還元光線と言う違いがある。

ウルトラオーラ
体全体に力を込めて放つ光の矢。霊魂系に対して非常に有効。

ハンドアップ光線
腕をすくい上げるようにして放つ赤い光線。

ウルトラショット
ウルトラマンジャックの物と構えは同じ。

フリージィングレーザー
冷凍光線。メカ怪獣の動きを止めるほどの温度の冷気を放つ。発射時には放電が伴う。

ボディスパーク
拘束したきた敵に対し、体から高圧電流を放つ。

スパーク光線
カラータイマーから電撃光線を放ち、敵の周りを空中旋回してダメージを与える。

シューティングビーム
両腕から光波状の光線または赤いエネルギーの矢を放つ。

ウルトラウェーブ
青い光波エネルギーを放ち、見えない敵を暴き出す。

防御技
ウルトラバリヤーに相当する『リバウンド光線』、腕をクロスして敵の攻撃を防ぐ『ウルトラVバリヤー』、鏡状のバリヤーで光線を跳ね返す『ミラー戦法』、念動力で相手の攻撃を跳ね返す『ディフェンス念動』、纏わり付いた泡などを吹き飛ばす『ローリングウォッシュ』などの防御技を持つ。

ウルトラマン先生

80が教師として描かれた時期は放送期間の1/4でしかないが、『ウルトラマン超闘士激伝』『ウルトラ忍法帳』『ウルトラマングラフィティ』などといった派生作品では、80は決まって教師として描かれている。

実写作品でも近年は"先生"として描写される機会が増えている。

矢的先生ーーーっ!
『ウルトラマンメビウス』41話「思い出の先生」


メビウス』での客演の際は、「かつての教え子達の同窓会に“招待”される恩師」という役回りで登場したほか、『ウルトラマン列伝』において、基本的に誰でもタメ口を訊くウルトラマンゼロですら「80先生」という改まった呼び方をしているほどである。
また、『ウルトラマンタイガ』のボイスドラマにおいても、かつてタイガが80から勉強を教えてもらっていたことを明かしている。

80先生と愉快な生徒達


ファンアートなど二次創作の分野でも、上掲のイラストのような“先生”役での登場は数知れない。

「ウルトラマンが教師をしていた」という設定はそれだけ印象が強かったということだろう。
本編では様々な事情で長続きしなかった「ウルトラマン先生」だが、それがきっかけで、後年、他のウルトラマンにはない唯一無二のキャラクターを得たとも言える。

師匠”とはまた異なるニュアンスで、80は「僕ら(ファン)の先生」なのである。

関連タグ

ウルトラマン80 矢的猛 ウルトラ戦士 巨大ヒーロー
教師 / 先生

関連記事

親記事

ウルトラマン80 うるとらまんえいてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマン80(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8544

コメント