ピクシブ百科事典

合体怪獣プラズマ

がったいかいじゅうぷらずま

本稿ではウルトラマン80に登場する怪獣について解説する。
目次[非表示]

データ

登場作品『ウルトラマン80
第49話「80最大のピンチ! 変身! 女ウルトラマン」登場

別名合体怪獣
身長58m
体重4万t
出身地奥多摩・仁王山

概要

 奥多摩の仁王山の地底深くに潜伏し、分であるマイナズマと共に深夜12時にから1520kHzの怪電波を発信して連絡を取り合い、都心へと進出しようと企んでいた地底怪獣の一種。

 流石に言葉を発することは出来ないが、高い知性を持っており、怪電波を東京の14か所の地点からマイナズマと協力して発信することで、自分たちを含めて仲間が14体いるかのように装ってUGMを攪乱させ、調査しようとした彼らを怪気流や崖崩れを起こして妨害する一方、UGMの威嚇攻撃を受けてもじっと地底に潜んでやり過ごし、自分の位置を知らせないようにするなどの行動を見せている。

 に一本の三つ口を持っており、肉食の獰猛な性質で、なら30あるいは50頭もペロリと平らげてしまうとされている。

 の2本の角からの色光線が主な戦力であるが、額の角から発射される色をした『プラス電撃光線』によりマイナズマと合体することで何倍もの力を引き出すことが出来る能力を持ち、その力はウルトラマン80の「サクシウム光線」を難なく弾き返し、番組後半戦はほとんど無傷の完勝状態だった80を久々に危機的状況に追い詰め、敗北寸前まで追い込んだ程である。
 次の最終回を飾ったマーゴドンの事も考えると、事実上『80』の真のラスボスといっても過言でもないのかもしれない…。

 劇中、UGMの威嚇射撃をやり過ごした後、ツトム少年が深夜の怪電波を興味本位で調べていた際、彼の持っていたラジオから発信される電波に反応して現れ、マイナズマを呼び寄せ、暴れていた所へやって来た80と交戦。合体して80を徹底的に痛めつけた後に分離し、マイナズマとのタッグ攻撃で80を敗北寸前まで追い詰めるが、彼を助ける為にユリアンが参戦して来た事で形勢は逆転!!
 再び合体して2人に迫るが、最後は80とユリアンの合体技『ダブルパワー』でマイナズマ諸共粉砕された。

合体形態


 合体怪獣プラズマが弟分であるマイナズマと合体した姿…っていうかただ背中合わせに組み合っている、くっついているだけの姿なのだが、こうなると互いの持っている+エネルギーと-エネルギーが合わさる事により大幅に強化され、攻撃、防御力共に大幅にパワーアップ!!
 更には互いの弱点が補う事により死角も無くなり、無類の力を発揮できるようになるようだ。

 この形態になる事で放つ事ができる破壊光線『シンセサイズレーザー』は、一撃で80に大ダメージを与えたほどの威力を持っている。

 ちなみにこの形態、奥の手であるらしく、自分たち2体掛かりでも勝てないような強敵が現れたた時にしか使用しない。

関連項目

ウルトラマン80 マイナズマ ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「合体怪獣プラズマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2228

コメント