ピクシブ百科事典

ユリアン(ウルトラマン80)

ゆりあん

ここではウルトラマンシリーズに登場するユリアンについて解説する。
目次[非表示]

概要

ウルトラマン80幼馴染でもあるウルトラの国王女様

ガルタン大王に自身の命も狙われる中、彼が80の命をも狙っていることを伝えるために地球へと(王女様だからなのか、ウルトラ一族にしては珍しく宇宙船に乗って)やって来た。

地球上では星涼子という名の女性の姿で活動している。

地球へやってきた際にガルタン大王配下のガラガラ星人に襲撃されたため、不時着のショックで一時的に記憶を失ってしまい、UGMに保護された。その際友達となった城野エミ隊員に対して、友情の証として元の姿に戻るのに必要な変身アイテムであり、ウルトラの国の王女の証でもある『ブライトブレスレット』を贈るが、これが悲劇を引き起こしてしまう。
「ブライトブレスレット」を身に着けていたエミ隊員が王女と間違われて捕まってしまい、80を庇って敵の凶弾に倒れてしまったのだ。この惨事に心を痛めた王女はエミ隊員の遺志を受け継ぎ、UGM隊員の一人として80と共に地球を守っていく決意を固めたのだった。

性格

アンドロ一族の王族の末裔でもあるアンドロフロルと同じくウルトラの国の王族出身者だけあり、少し世間知らずな所があり、性格も結構お転婆。

そんなじゃじゃ馬っぷりはウルトラの国でも広く知れ渡っている事のようで、後にメビウスウルトラの母の下、銀十字軍隊員として活躍している彼女に会った際、(内心)驚きを隠せなかったほど。

また、80と違って地球での暮らしに完全に馴染んでいないため、安易に特殊能力を使ってしまい、地球人と同じ立場で過ごすことを心情としている80に窘められる事が多々ある(あくまでホイホイと気安く使うなという意味であって、絶対に使うなという意味ではない)。

そのうえ、80に恋心を抱いているため80=矢的猛が自分以外の女性と親しそうにしていると焼きもちを焼くこともしばしば。

反面、彼の言い付けには素直に従うため、物語の終盤頃には以前よりもしおらしいものになっていった。短い間ではあったが、地球での暮らしは彼女に色々なものを学ぶ機会を与えてくれる良い切っ掛けとなったようで、精神的に成長した彼女は80と共に地球へと帰還した後、ウルトラの母のもとで銀十字軍の一隊員として活躍している。
もちろん、女王としての公務も並行して熟しており、『大いなる陰謀』では王立惑星カノンに足を運んで現地の女王と会談する様子も見せている。

胸にカラータイマーは見当たらないが、第43話のサブタイトルや第49話でのセリフなどでは、ウルトラの戦士でもあると言われている。プラズマ・マイナズマとの戦いに際しては80から「もし自分が戦いに負けた時は代わりに地球を守れ」と後を託されていた。

実際、その戦闘力は非常に高く、大魔王ジャッカル(2代目)ウルトラマンベリアルなどにウルトラの国が襲撃された際、宇宙恐魔人ゼット率いるゼットン軍団に襲撃された際などには巨悪に勇敢に立ち向かっていく姿を見せており、歴戦の戦士そっちのけでいざとなったらやる時はやる姫騎士様?でもあったりする。
流石はウルトラの国、王女様も結構ヤル~ッ‼(褒め言葉)。

容姿

容姿のモチーフは弥勒菩薩とされており、いかにもウルトラの国の王女様と思わせるような女性らしい穏やかな顔をしている。後頭部はポニーテールのようになっていて、全身にアクセサリーをモチーフにしたようなデザインのパーツが多い。

データ

  • 身長:47メートル
  • 体重:3万6千トン
  • 年齢:7800歳
  • 飛行速度:マッハ7.7
  • 走行速度:マッハ1
  • 水中速度:480ノット
  • 腕力:片手で3万トンの物を持ち上げる。
  • 活動時間:不明


主な必殺技

ダブルパワー
80と空中でボディを重ね合わせ、凄まじいスピードで回転しながら体当たりする技。強敵プラズマ、マイナズマ(合体形態)を粉砕した。
なお、80以外とでも使うことが出来るようでOVA『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』の後日談である「ジャッカル軍団大逆襲」にてメビウスと共にこの技を披露したことが有る。

メディカルガン
光線銃型のアイテムで星涼子としての姿の時に携帯している。
銃口から光波を放ち対象を治療するが、地球人としての生活に支障が出てしまう為、矢的猛からは使用を控えるように忠告された。

プリンセスレイ
星涼子としての姿の際、指から発射した赤外線を含んだ光線。第47話で使用した。

ユリアンチョップ・ユリアンキック・ユリアン投げ
彼女が得意とする格闘術。ウルトラマン80を絶体絶命のピンチに追い込むプラズマ、マイナズマが相手でも素手で立ち向かう。

必殺光線(名称不明)
ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の未公開シーンにて、ウルトラ戦士たちと共に使った、いわゆるスペシウム光線的な必殺光線。両腕をL字に組んで光線を放ち、ダークロプス軍団を砕いた。未公開シーン内での使用というのが惜しまれる。
その後、『ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』にて使用、グリージョのグリージョショットと同時に放ち、ゼットンを撃破した。今回は溜めポーズも披露し、80のサクシウム光線の様に「左手を斜め上に、右手を横に真っ直ぐ伸ばす」構えを見せた。
80は構えと同時に閃光と独特な効果音が鳴り響くが、こちらは構えと同時に両手に光のエネルギーを集めるという違いがある。

スペシウム光線
『新世紀ウルトラマン伝説』にて、歴代のウルトラ戦士達と一緒に暗黒妖鬼 天空魔に向かって発射した。

ウルティメイトブレード
本来はウルトラの父の武器だが、「ジャッカル軍団大逆襲」にて光の国防衛のため使用。

主な客演

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

光の国においてウルトラ戦士たちと共にベリアルを迎え撃ったが、光の国の凍結に巻き込まれてしまった。

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国

声は『80』同様萩原佐代子が演じた。アナザースペースに向かうゼロを見送り、その後アナザースペースから送り込まれたダークロプス軍団と戦闘した。

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

相方の80と共に久しぶりに登場。

「第1章」では王族としての公務のため惑星カノンを訪れていたためか、新しくウルトラ六兄弟及びウルトラの母が身に着けている様なマントを羽織っている。惑星カノンでソラと共にルーゴサイトに襲われるが80の救援を受け、ルーゴサイトが逃亡すると宇宙警備隊へ報告に戻った。

「第3章」では宇宙船に搭乗して会議の開かれる惑星カノンへと向かっていたところを宇宙恐魔人ゼットの襲撃を受け、惑星エビルに墜落。護衛隊が全滅し80に助けられて辛くも脱出するが、ゼット率いるゼットン軍団の襲撃を受け、必死に抵抗するも捕らえられ、連れ去られそうになってしまう。
その後、ウルトラサインによる救難信号を受けて駆け付けたウルトラ戦士たちによって間一髪のところで救われ、平成唯一のウルトラウーマンであるウルトラウーマングリージョと共闘する。グリージョと共に光線技を放ってゼットンを撃破したものの、一瞬の隙を突かれて今度はアブソリュートタルタロスに連れ去られそうになる。しかし、これもウルティメイトシャイニングゼロに阻止されたことで難を逃れる。

しかしゼロのスタミナ切れにより敗北し遂に拉致され、そのまま人質としてナラクの牢獄へと連れて行かれてしまった。
しかし、そこで鎖で繋がれて拘束されている先客と思しき謎の人物と出会う事になる。逆光で目付きと額のビームランプしか容姿が判別出来ないその人物は、セブン達の様なレッド族を彷彿とさせる顔立ちをしているが…?


今作では戸松遥が演じる事となった。『ウルトラマンタイガ』の後期EDを担当したスフィアのメンバーであるが、本格的にウルトラシリーズに出演するのは初めてとなる。

ウルトラマン超闘士激伝

希少な女性キャラとして登場。幼馴染の80と仲睦まじい関係になっている。

小ネタ

エイプリルフール企画である円谷ッターでは腐女子キャラになっていたが、ウルトラマン80本編においては、このような描写は一切ない。いわゆるキャラ崩壊。この四月一日限定の嘘ネタを常時適用される公式設定だと誤解して、場を弁えずに振り回すと、不快感を覚えるファンもいるので注意。

なお、ウルトラシリーズに登場するユリアンが女性故に勘違いされやすいが、実際の人名に使われるユリアンとは英語表記でJulian(ジュリアン)つまり男性名であるので注意されたし(これはゾフィーも同様)。『百合杏』と表記すれば女性名じゃないか!というのは禁句である。この点に配慮されたのか、ウルトラシリーズのユリアンを英語表記する場合、スペルは公式設定でYullianとなっている。

人間態の星涼子を演じていた頃の萩原佐代子は放送当時高校三年生で、ウルトラ戦士に変身する女子高生の先駆けだったとも言える(『大いなる陰謀』でグリージョとタッグを組んだのも、ウルトラウーマン同士という繋がり以外にも、変身者が女子高生であったという繋がりもあったのかもしれない)。その後は科学戦隊ダイナマンダイナピンクに変身する立花レイを演じ、更に超新星フラッシュマンでは悪の女幹部レー・ネフェルとして出演した特撮界のレジェンド女優である。

一方『80』の撮影当時、変身後のユリアンを演じたのは清田真妃という女性。大野剣友会に所属するスーツアクトレスで、ユリアンの他には秘密戦隊ゴレンジャーモモレンジャー仮面ライダーストロンガー電波人間タックルなどを担当し、三大特撮ヒーローすべてで特撮ヒロインを演じていた。

7800歳という年齢はウルトラマン80の放送後に新たに設定されたもの。そのため80がウルトラの星を出た時、ユリアンはまだ小さな女の子だったというセリフと現在の設定に矛盾が生じたりする(もっとも、ウルトラシリーズではこの手の設定の矛盾はよくあることだが)。

『大いなる陰謀』でユリアンを担当した戸松遥女史と言えば、ソードアート・オンラインアスナ役として有名だが、今回の事態でアスナとは敵に捕らわれたまま次章へ続くという共通点ができてしまった。
尚、ユリアンを拉致したタルタロスの中の人である諏訪部順一氏もベルクーリ・シンセシス・ワン役で出演している。

関連タグ

ウルトラシリーズ ウルトラマン80 ウルトラの星 星涼子 ウルトラウーマン

光の国出身の女性たち関連

ウルトラの母 ウルトラウーマンベス ジャンヌ アムール ウルトラセイントティア アウラ ソラ

U40出身者

アミア

ウルトラ一族以外(ウルトラマンシリーズ外伝)の女戦士

アンドロフロル ウルトラマンF カミーラ ウルトラウーマングリージョ

関連記事

親記事

ウルトラマン80 うるとらまんえいてぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリアン(ウルトラマン80)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 826652

コメント