ピクシブ百科事典

アミア(ザ☆ウルトラマン)

あみあ

ザ☆ウルトラマンのサブヒロインにしてウルトラマンジョーニアスの妹。※手前の女性が人間形態としての姿でその後ろがウルトラヒューマノイドとしての姿。
目次[非表示]

CV/滝沢久美子

概要

ウルトラマンジョーニアスで、(人によっては)ムツミ隊員と並ぶザ☆ウルトラマンに登場するヒロインの1人。

ウルトラヒューマノイドの姿にはなれるが、巨大化能力は持っていない(ただし、想い人のヒカリ超一郎に再会したい一心で31話にて無断でスターシンボルを持ち出し変身し、巨大化した事もある)。

天真爛漫かつ快活な性格の持ち主で、第20話で宿敵、バデル族が生み出した精神寄生生命体に寄生された恐竜の生き残りが変異して誕生した、は虫怪獣ベドランに敗れ、瀕死の重傷を負ったジョーニアスと共に治療のためU40へとやって来た超一郎と出会って以来、好意を抱き、密かに彼に想いを寄せている。

そのため、彼に再会したい一心で無断で地球へとやって来たこともあり、その際は自身の人間態時の姿とそっくりな地球人小高京子と一体化し、彼と再会を果たしたこともある。

しかし自身の立場も弁えており、それが叶わぬ恋という事も自覚しているため、ヘラー軍団との最終決戦後、地球へと兄ジョーニアスと共に平和が訪れた地球へ訪れ、超一郎への想いを秘めたまま、その思いをムツミ隊員へと託し、(悲しみを堪えて)故郷へと帰還した(その際、少しでも長く彼と触れ合いたいがため、敢えて彼のへとぶつかっている)。

ちなみに年齢は公表されてないが、兄のジョーニアスが2万8000歳と(U40換算とはいえ)ウルトラ全体で高齢に入るため彼女もそれ相応の年齢だと推測される(『年の差兄妹』である可能性も否定は出来ないが)。いずれにせよそのヒューマノイド態や性格に反し筋肉ムキムキのタイタスさんよりかなり年上の女性というのは中々インパクトがある。
またジョーニアスの妹であることから、一部のウルトラ人からは「様」付けで呼ばれている。

ウル忍シリーズでは「お頭」ことゾフィー直属のくノ一として登場。
後にセブンと結婚し、セブンが経営する焼き鳥屋・「鳥七(とりしち)」の若女将となって寿退職、一子21(ツーワン)を授かる。

データ

  • 身長:60メートル(最大120メートル、最小ミクロまで大きさ変化可能)
  • 体重:3万t3千トン(最大8万5千トン、最小ゼロまで大きさ変化可能)
  • 飛行速度:不明


主な能力

アミアッシャー

アミア唯一の攻撃手段である破壊光線。

アミア・アイ

暗闇の中でも見通すことの出来る特殊能力。

なぜ松本零士美女に似ているのか?

アミア


ご覧の通り、彼女の人間形態は森雪メーテル等の松本零士美女そっくりである。
これは第20話「これがウルトラの星だ!!第2部」に、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』作画監督銀河鉄道999(テレビシリーズ)』の作画監修を手掛けた湖川友謙駅間我子名義で原画(事実上の作画監督)に携わったためらしい。

「ウルトラマンAge」vol.12に掲載された脚本担当の吉川惣司のインタビューによれば「(前略)これがもう松本零士さんのキャラクターそのままみたいな作画になってて(笑)。せっかく作画監修で二宮さん(二宮常雄)がいるんですから、女の子くらい描いてもらえばいいのに…。これには、激怒しました(笑)。」との事である。
因みに湖川友謙曰く「アミアをデザインしたのは自分ではなく、睡眠不足な状態で作画していたので松本風になったのでは?」との事…。


松本零士自身は、『宇宙戦艦ヤマト』のスタッフが制作して裏番組になってしまったアニメメーテルリンクの青い鳥チルチルミチルの冒険旅行キャラクター原案として参加している。

関連タグ

ウルトラシリーズ ザ☆ウルトラマン ウルトラマンジョーニアス  ヒロイン

光の国出身の女性たち関連

ウルトラの母 ウルトラウーマンベス ユリアン
 ジャンヌ アムール (『ウルトラマン妹』)
 ウルトラセイントティア (ウルトラマンデュアル)
 アウラ(漫画に登場)

ウルトラ一族以外(ウルトラマンシリーズ外伝)の女戦士

アンドロフロル

関連記事

親記事

U40 ゆーふぉーてぃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アミア(ザ☆ウルトラマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74703

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました