ピクシブ百科事典

星涼子

ほしりょうこ

星涼子とはウルトラマン80に登場するウルトラの国の王女、ユリアンの地球上での仮の姿。星沢子とは無関係。※メインイラストの左側の人物

演:萩原佐代子

概要

ウルトラの国王女ユリアン地球上での姿。第43から初登場。

名前ガルタン大王の凶行を80に伝えようとして地球にやって来た際、搭乗していた宇宙船が大王配下のガラガラ星人達の襲撃を受け墜落した時のショックで一時的に記憶を失っていた時に、オオヤマキャップに仮の名前として名付けられたものである。

自分の身代わりとなって命を落としたエミ隊員の頼み(遺言)に従い、44話より80=矢的猛と共に地球を守るために、自らの意思でUGMに参加することになった。

なお、劇中一切説明はないものの、彼女だけ制服のデザインなどが違っているのは、入隊の経緯から推察するに準隊員であるためだと推測されるが詳細は不明である。

一応、UGMのエミ隊員の後任を務めるヒロイン的ポジションなのだが、物語が終盤近くであったこともあり、今一影が薄い様な気がしないでもない…。

性格は王女様だけに、世間知らずのお嬢様を絵にかいたようなお転婆
行動力があり過ぎて突っ走ってしまい、失敗したこともしばしばある(グロブスク時)。
初期の頃は地球人としての生活に慣れていなかったため、人目を気にせずに安易にテレパシーなどの特殊能力を使ってしまい、出来るだけ地球人と同じ立場で過ごす姿勢を重んじる彼に注意される事もしばしばあった。

また、猛こと80に心を抱いているようで、彼が自分以外の女性と親しげに会話しているのを見て焼きもちを抱くこともあった。凄いぞセンセイ、逆玉だ。

そんな彼女も少しずつ地球の生活に慣れて、性格も80の言い付けを護ってしおらしくなり、他の歴代ウルトラ戦士同様、地球やそこに住んでいる地球人たちの事を心から好意を抱くようになって行く。

そしてプラズママイナズマに苦戦する80を助けるため、80からの言い付けに背き、変身して彼を助けた際に80から咎められた時は「私も地球人に生まれたかった」とを流していた。

怪獣頻出期最後の怪獣マーゴドンがUGMだけの力で撃破されたのを80と共に見届けた後、地球から80と共にウルトラの国へと帰還した彼女は、自らの意思で銀十字軍に志願してウルトラの母の元で働き活躍するほど精神的に成長したという。
後にウルトラマンベリアル襲撃時には自ら戦陣を切って戦っている。

ちなみに、身体能力や柔軟性はオリンピックに出場すれば間違いなく優勝だと言わしめるほどに高く、特に水泳新体操が得意らしい。

関連項目

ユリアン ウルトラマン80

他の女性ウルトラ戦士の人間態
緑のおばさん(ウルトラウーマンマリー(ウルトラの母)) 小高京子(アミア) ベス・オブライエン(ウルトラウーマンベス) 月島あかり(ジャンヌ) 如月ユキ(アムール)

ネクサスジャスティスは本人の性別が不明だし、セブン21は明らかに本人の性別が男性、フロルはアンドロ族なので除外しました。

pixivに投稿された作品 pixivで「星涼子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2592

コメント