ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演者:石田えり

解説

UGMのオペレーターを担当する20歳の女性。
北海道出身で、父は宇宙生物学の権威である城野重蔵博士(母は亡くなっている)。
主にUGM基地内でのオペレーターが役目だが、男性隊員たちに劣らない操縦技術を持っており、最前線に出動することもある。

第30話でザタン星人との会話をきっかけに同僚の矢的猛ウルトラマン80であることに気付く。

第43話で記憶を失っていたユリアンの世話をして仲良くなるが、彼女から貰ったブレスレットを着けて外出したことが原因でガラガラ星人にユリアンと誤認されて捕らえられ、救出に来た猛を庇って致命傷を負い、ユリアンに後を託して息を引き取る。

この突然のヒロイン交代劇は石田の所属事務所の都合によるものだが、当の本人はこの役に未練があり、第50話(最終回)でエミをモデルにしたアンドロイド・エミ役で再登場している。

余談

石田が降板した理由は「ウルトラシリーズに最後まで出演した女優は大成しない」というジンクスを聞いた石田が「降板させてほしい」と自ら申し出て了承されたことによるものだった。最終回の際には、「アンドロイド・エミ」として出演しているが、自身の都合で降板したにもかかわらず、ふたたび呼んでもらえたことがとても嬉しかったという(※)。 ちなみに『ウルトラマンA』の南夕子役の星光子は石田とは対照的である。

※自身の都合で降板したのに再び出演出来て嬉しいという話は今でこそ炎上しそうな案件だが、当時の特撮番組は若手人気俳優の登竜門的なものではなく、寧ろ売れない役者が出る様な番組という軽蔑的な風潮があった。これはウルトラマンに限らず、当時の仮面ライダースーパー戦隊でも同じ扱いで、演じた役のイメージから脱却出来ず苦悩した役者も多い。石田が自主的な理由で降板したのもやむを得ない話ではある。

2020年8月には、ウルトラマン80放送40周年を記念し、彼女にスポットを当てたメモリアル写真集が刊行された。

また、第43話で死亡するという衝撃な展開だが、実際には第42話終了後の次回予告で「城野エミ隊員が悲しく壮絶に死んでいった!」と、容赦なく盛大にネタバレしてしまっている。
もっとも、昭和ウルトラマンには、「全滅!ウルトラ5兄弟」、「ゾフィーが死んだ!タロウも死んだ!」、「MAC全滅!円盤は生物だった!」等、次回予告およびサブタイトルで容赦なく言ってしまうことが多い傾向があり、特に『タロウ』、『80』は、前者はサブタイトルの時点で、後者は次回予告で全て内容を言ってしまうことも多かった。

関連タグ

ウルトラマン80
悲劇のヒロイン

関連記事

親記事

ウルトラマン80 うるとらまんえいてぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「城野エミ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「城野エミ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました